All Articles Adobe
Premiere Proでマルチフォーマットのエクスポートキューの作成
David Smith on Sat, February 4th 0 comments
There are many video playback devices, from iPhones to TiVo boxes, and each require video in different formats. David Smith demonstrates how to easily batch export from Premiere for multiple formats.

Adobe Premiere Proでは、1回のアクションで、スマートフォン、ウェブ、タブレットデバイス、TiVoのボックスのコピーを生成することがはるかに容易になり、編集の複数のバージョンをエクスポートするバッチの鮮やかなワークフローを持って、あなたはそれを名前を付けます。

この記事では、バックアップおよび1バッチワークフローでFlashのWeb配信用のシーケンスをエクスポートする方法を模索するつもりです。


ステップ1 - エクスポート·パラメータを設定します。

開いているシーケンスを使用すると、あなたはそれが配列の先頭にスナップが表示されるまでハンドルをドラッグしてエクスポートしたい部分配列の先頭にワークエリアの開始点を設定します。

ヒント:サンプルは、シーケンスの優れた断面図であるので、可能であれば、メディアタイプとさまざまなレベルを持つセクションを使用します。

workspace handle


その後、約20-30秒後にシーケンスでは、ワークスペースのエンドポイントと同じ操作を行います。

range set


ステップ2 - エクスポートメディア

エクスポートウィンドウを開き、タイムラインのプレスコマンド+ Mで選択された配列を有する。

export menu


ステップ3 - ソースの設定

エクスポートウィンドウの左側にソースと出力のオプションがあります。

source window


ソースウィンドウでだけ作業領域がエクスポートされるように、 作業領域には、Rangeドロップダウンメニューを設定します。

ヒント: "カスタム"に範囲を設定すると、IとOはさらなる映像の範囲をポイントとアウトを設定したり変更したりすることができます。便利には、最初にエクスポート設定をテストしている場合。

range selector


ヒント:トリミングツールと作物のビデオ出力されているを使用すれば、さらに物事を簡素化することができます。これは、さらに高速の輸出を確保するとは、例えばWeb用の圧縮グラフィック、上の小さなテキストとしてビデオクリップの詳細に焦点を当てることができます。

crop tool


ステップ4 - バックアップのためのセットのフォーマット

今すぐエクスポート用のフォーマットを選択してエクスポートの設定に戻ります。完全な品質をエクスポートするための基準を選択してから始めます。念のために恐ろしい何かがあなたのプロジェクトに何が起こる、これは素晴らしいバックアップの場合optionjustです。

選択した現在のシーケンスにマッチした圧縮ファイルを確実にするために

format menu


ファイルに名前を付ける

output name


設定されているものの概要を得るために要約を使用しています。

Summary?


選択

Best Quality


[エクスポート]をクリックすると、今このビデオをエクスポートするプロセスを開始します。代わりに、 キュー]をクリックします

Add to Queue


Media Encoderは、そのバッチ·ウィンドウにリストされているあなたのビデオで開きます。

Proと同じ作業領域を使用して、次に、手順5に進みます手順1〜3を繰り返しプルミエールに戻ります。


ステップ5 - Flashの設定

[OK]をので、輸出については、次の形式はFlash Videoです。私は、後日のFlash CS5を使用します。FLAプロジェクトにこのビデオ映像を追加する予定です。

Media Encoder


ドロップダウンメニューからFlashに書式を設定します。

format menu

それはアルファを組み込むことができるように合成に使用する大きい古いFLV:フラッシュは、2つの圧縮規格を持っています。と優れたストリーミングなどのメタデータの処理に優れているために使用する新しいH.264形式ですF4V。このクリップのF4Vを選択します。 F4Vは、Flash Playerの最新バージョンを必要とすることに注意してください。ウェブ、640x480のF4Vを選択してください。

Presets


ファイルに名前を付ける

output name


この1つのビデオとオーディオをエクスポートするかを選択します。

export what?


Flashのキューポイントは、DVD上でチャプターマーカーと同様に機能します。 Flashファイルのナビゲーションを設定するには、再生やキューポイントを追加する ""ビデオプレビュー]ウィンドウで、目的のポイントに再生ヘッドをドラッグして選択します。

Add queue points


キューポイントの名前

name cue point


ぼかし(ガウス)フィルタは、順番に圧縮のための滑らかな画像を作成するビデオにノイズが発生し、均等に最適な方法です。我々は大幅に2-3のぼかし値を追加し、このイメージの品質を圧縮しているとして十分でなければなりません。右ここを維持するために、出力のプレビューウィンドウを使用しています。

Filters


キューにこの設定を追加します。

Add to Queue




ステップ6 - バッチエクスポート

media encoder

Device Centralでは、両方のエクスポート設定が表示されます。バッチリストをレンダリングと書き出しを開始するキューの開始]をクリックします 。あなたの進歩は、メディアエンコーダウィンドウの下部にある黄色のバーによって追跡されます。

gold bar


一度、完成エクスポートビデオの両方のデスクトップを確認し、それらを再生します。

あなたは結果に満足している場合は、戻って完全なシーケンスと一致し、すべてのメディアをエクスポートする作業領域をリセットします。このように多くの時間が間違った設定を回避することによって保存することができます。いくつかの他の設定を試してみてください


Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: