All Articles Mixing & Mastering
ときマスタリングにはサンプル点間メーターが必要な理由
Victor Mason on Sun, July 17th | 3 comments
Whether you're mastering yourself at home or sending out to a studio, understanding what intersample Peaks are and how to avoid them is essential. Victor Mason talks intersample, DAC and distortion.

ミックスが行われるが、デジタルのバグは、リスナーに解き放たれるのを待って休眠産むれている。あなたがそれらをチェックするために必要な手順を実行していない限り、オッズは、あなたがそれらを持っていることをあなたに不利であり、多分、それを知らない。一人ではないyoureの、商業的なミックスの大部分は、それらを積んでいます。このバグは何ですか?そのは、 サンプル間のピークと呼ばれほとんどのミックスで存在する、まだ彼らは慢性的に多くのエンジニアには見落とされている。私に説明してみましょう。


ミキサーでレベルを設定する

私達の指先ですべての種類の偉大なツールを使用して、我々のDAW上でミックスをセットアップするときに、選択可能な大規模な選択をしている。我々は、すべてのミックスにスペースを競合するとはっきり聞こえるように、私たちのトラック内の定義を強化し、作成するためにかなり頻繁にこれらを使用してください。この努力を支援するために、良い経験則として、チャンネルストリップのレベルは最大で-12〜- 6dBの間に、できる限り低く維持する必要があります。これは、マスタリングエンジニアのためのミックス中で動作するように余裕を残し、またはホードはマスタリングの段階に到着したときに自分で予備成形する。マスタリングは、ミックスが完了する最終段階であるあなたの特定の市場向けに商用品質のミックスを与えるために研磨または治療を取得する、押すそれをテレビ、映画、ラジオやCDである。彼らはあまりにも独自の課題を持っているのでさえMP3アップロードは、のいずれかを考慮する必要があります彼らは非常に頻繁にホットをバウンスされており、ホットウェブから再生されます。

間違いなく、ちょうどあなたが(デシベルフルスケール)、0 dBFSを超えていないか確認するために、出力の非常に最後の段階でリミッターやコンプレッサーでファイナルミックスを保護するYoureの。デジタルドメインでは、入出力両方を超えると非常に厄介な歪みにつながることができますし、すべてのコストで回避する必要があります。入出力両方の下にyoureの確保するために、それはあなたが実際にはさらにそれをバックアップすることをお勧めします。多くのエンジニアはバウンスで入出力両方に-1です。しかし、これは潜在的にトラブルにつながることができます。

ピークメーターが死んで、例えば、0 dBFSを選択された設定のホードにロックされてyoureのことを語っていると言ってみましょう。理論的にはこれは、恐怖に何もないことを意味します。問題は、あなたの測光システムは、最大のデジタルdBをヒットしていることを意味三つのセットのデジタル超過を、読むように設計されています。今すぐあなたのメーターが点灯し、あなたが知っているが0dBにスポットをYoureのといわば縁にそれを埋めている。

問題:お​​使いのDAWがあなたのデジタル出力を選択の再生媒体を介して、ユーザの最後にアナログに変換されるときに発生するサンプル間の米ドル建てのために考慮されません。この変換が呼び出されます

ですから、これを修正方法を教えてください。よく、まず、あなたがそれらのサンプル間のピークを持っているかどうかを知る必要があります。お使いのDAWのメーターはピークデジタル状態のことを言っているが、曲が再生されるリスナーの終わり、に存在しているアナログの状態をユーザーに伝えることはできません。幸いにも、解決策があります。


ソリューション

解決策は最終的なミックスダウンの段階で、リアルタイムでこの変換を確認することです。これを知っているサンプル間のメーターを必要。この目的のために使用できるのハードウェアやソフトウェアのメーターがありますが、私はあなたによって作られた非常に良いものを表示するつもりですX - ISMと呼ばれるソリッドステートロジックを 。そのFREE:これは、プラグインのすべてのメーターと最高です!


ISM(サンプル間のメーター)を使用してテスト結果

ここで完全に正常であり、すべてのアカウントで完璧とみなされる0 dBFSの出力の両方のいくつかのスクリーンショットです。あなたにもそれ用のサウンドデモを聞くことができます。

Output set to 0 dBfs

出力は0 dBFSに設定する。

[オーディオのid ="7687"]


DAWのメーターだけでなく、マスタリングソフトウェア自体に組み込まれているメーターは、トラブルの兆候を示さないことに注意してください。サンプル間のピークメーターを見たときに異なる結果がもちろんある:このケースでは、ちょうどアナログのピークが十分には復興でアナログ最大値を超えて行くことを示すために、ライトアップ。これを防ぐために、サンプル間のピークが発生しなくなるとされるまでは0.1の間隔で出力を減らす必要がありますし、ログインキックは超過ライトはありません

この次の画面ショットでは、結果が0 dBFSの出力で発生したintersamplingピークを防止するためにちょうど十分なバックオフのであることを証明-0.7 dBFSの出力だった。

Output set to -0.7 dBfs

出力は-0.7 dBFSに設定する。

[オーディオのid ="7690"]


そう、あなたがそうであるように、リスナーが正確に聞くことを保証できない間、あなたは確かに彼らは潜在的な歪みの悪夢の原因となるサンプル間ピークを持っていないことを知っていることができる。


余分なアドバイス

結論では、取るに最適なコースが最も騒々しい数字ではなく、再生中にサンプル間ピークの問題を起こさない最高出力レベルで行っていない注意して使用することです。ミックスは、同じように良いと大声になるし、再生システムに起因する歪みの犠牲になっている模様。これは、商業的利用のためのミックスを送信する場合は必要不可欠です。

注意の単語:それまでただのリスナーの末尾に使用されているDACのコンバータのようなあなたのオーディオを変換するため、SSL X - ISMのメーターは非常にCPU集中型です。これはアナログ信号の出力平滑化、したがって、結果として得られるオーディオをプロットするために使用される補間を計算する必要があります。私は、このメーターは、最終的なマスタリングの段階で使用される助言するとあなたが他のCPUに飢えたプラグインを無効にしている場合にのみ来るようにシステムを過負荷にしないように。

SSLメートル自体も、いくつかの非常に良い利点はさておき、DACのシミュレーションとISPの(サンプル間のピーク測定値)を形成することを提供しています。デジタルクリップメーターとビットメーターも用意されている。ビットメーターは、それはまた、実際にオーディオの処理に使われるビット数のような有用な指標を提供するという点で興味深いものです。それは、浮動小数点デジタルオーディオを(それ故に用語24 - および32ビットの浮動小数点)を服用することで動作し、固定24ビットシステムに変換します。これにより、使用されるとどのようなコンバータは、デジタル信号をアナログに変換されると他方の端に表示されるビット数の表現を示しています。あなたが24ビット得ることになっているが、それが表示表示されていない場合は、youllのあなたが意図したとおりに設定がおそらくないことを知っている。

あなたがすることができますここで無料のSSL X - ISMのメーターをダウンロードし、とLogicでマスタリングについて詳しく学ぶSteveHsロジックのマスタリングツールを


Comments (3)

You must be logged in to comment. Login Now

  • GaryHiebner
    Thanks Victor for the very helpful mastering tip.
    • 7 years ago
    • By: GaryHiebner
    Reply
  • Hamish H
    Thanks very much Victor! An extremely useful article. Just a question: "Even MP3 uploads need consideration since they too have their own challenges, one of which is they very often bounce out hot and are played back off the web hot." Can you just clarify what you mean by 'hot'? Thanks boss!
    • 7 years ago
    • By: Hamish H
    Reply
  • Rohogay
    Thanks much guys, Hamish, the term Hot is always at or over 0 db in my book. Higher output then it started. MP3s go up say at -.1 but come down +.4
    • 7 years ago
    • By: Rohogay
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: