All Articles Synths & Sound Design
Logic Proの中のロボット、機械のようなサウンドエフェクトを作成する
Mo Volans on Tue, October 18th 2 comments
Sound design is one of the most fun pursuits on the planet. And with Logic Pro it's possible to create some truly unheard-of sound effects. Mo stretches, crushes, modulates, and filters his voice

私はサウンドデザインのビットを愛し、あなたもすべき...なぜ?その楽しさとは完全にオリジナルとしばしば予想外の何かを作成することになります可能性があるため。このチュートリアルでも私はいくつかの生の音声を取ったとロボットの効果音にそれを変換のセッションを見てみましょう。

私が使用していますLogic Proの9ここだけのテクニックが記述イムあなたがあまりにも多くの選択肢の別のDAW上で同様のセッションを再作成問題のしてはならないので、自然の中ではかなり一般的なものです。


ステップ1 - Rawオーディオ

それはデザインを鳴らすことになるとは、文字通りあなたの最終製品を作成するために、任意の音源を使用することができます。このような作業の美しさは、絶対的な自由を持っていることです:すべてのサウンドは、まったく新しいものに変換することができます。

ロボティック効果を生み出すために私の声のシンプルな録音を使用するつもりイムは、この理論を証明するために。あなたはその生の未処理の形式で、下記の録音を聞くことができます。これは、AKG C4500Bコンデンサーマイクを使用して記録して適用される一切の処理を持っていなかった。

The recorded vocal ready to be edited and processed

録音されたボーカル編集、処理の準備ができて。


記録された話し言葉の音声は、病気を使用する:

[オーディオのid ="8946"]


ステップ

次に私はオーディオのどの部分を選択しスタートしなければならなかった最大のエフェクトパッチの別個の要素として使用されるようになった。私はスイープと洗浄(または少なくともマシンのような)いくつかのロボットを作成したいことを決めた。

スイープのために私はボーカル録音の中で最も細長い部分の2つを選んだ。私が選んだ言葉

Some parts are selected and trimmed

いくつかの部分を選択し、トリミングされています。


私は余分な材料を必要な場合には私もフレーズロボットサウンド効果を切り取る。選択された部分は、別々のトラックに置かれ、基本的なフェードは、任意のポップノイズやクリックノイズを取り除くために導入されました。

Some basic fades were used to clean up the selection

いくつかの基本的なフェードが選択をクリーンアップするために使用された。


選択された部品は、再生:

[オーディオのid ="8942"]


ステップ

この時点で私が最初に動作するようにしたいオーディオの部分を選択。私は単語単語で行きました!私はそれが私が考えていたロボット洗浄やドローンのために働くだろうと感じた。選択したら、私はのオフ動作するように追加のトラックを作成。

私はここでやってみたかった最初にはるかに長い時間、ボーカルクリップを長くすることだ。これを行うには、私はタイムストレッチの重い線量を使用する必要がありました。私はあなたが直接オーディオをストレッチすることができますラインのストレッチモードでは、ロジックを使用

あなたはそれが、 オプションをヒットし、必要な長さにそれをドラッグに関する再サイズであるかのように単純にオーディオリージョンの端をつかむ。ストレッチの時間は、開始されます!ロジックだけ一度にこれまでのオーディオをストレッチするのが好きなので、このケースで私は2回それをやった。また、ストレッチこの二重は私が好む音、に特定の穀物を追加します。

The time stretching seemed to damage the audio image

ストレッチの時間は、オーディオイメージを損なうように見えた。


かつて私は、開始および終了するためにいくつかの小さなトリムとフェードを実行するように、オーディオのいくつかのポップノイズやクリックノイズがあった伸びた。延伸試料は良いとの不要な異常の隣できれいだった。

Bounce in place was used to make a fresh audio file

代わりに、バウンスは新鮮なオーディオファイルを作るために使用された。


気づくために一つのことは、そのロジックは、オーディオファイルの波形の概要を台無しに管理されていました。この問題を解決するには、私は単に場所でオーディオリージョンをバウンスし、新しいトラックにインポート。ソート。

The new stretched file is in place

新しいストレッチファイルが配置されています。

[オーディオのid ="8943"]


ステップ

音は、すでに私は全部を提携する一部の処理を追加したいアップかなりロボットやSFが次の音を始めている。ここで私の目的は、より多くのロボット、全部がおしゃれ確認、およびいくつかのスペースを追加することでした。

このことを念頭に置いて私はいくつかのローエンドを削除するロジックのオートフィルタを追加しました。私も共鳴し、このプラグインと同様で、入力歪みのタッチを追加しました。私はその後、 クラッシャーに移動しました

処理の次の波は、ロボットのテーマを開発するために、リングモジュレーターの高域をブーストするエンハンサーが含まれており、最終的にいくつかのことといえば、ナレーションがなかったし、サンプルの全体の音量をブーストすることを保証するために制限されます。

The entire group of effects that were used

使用された効果の全体のグループ。


代わりにこれらの影響で我々だけで約終了したが、私は自然に少しより広く、よりダイナミックなサウンドエフェクトを作るためにいくつかの余分なタッチを追加したいと思います。

[オーディオのid ="8944"]


ステップ

私の最終的な目的は、様々なオートパン効果を追加することでした。今すぐプラグインをパンオートに何ら問題はないんだけど、手動で地雷をプログラムすることを好む。そのではない、非常に時間のかかるタスクとプラグインを使用するよりもあなたには無限より詳細に制御できます。

私はパンのデータにいくつか遅い代わりのスイープを追加し、サンプルの終わりに向かって私は周波数を増加することから始めます。サンプルが進行して出力するダイナミックな感触を追加するので、これは効果がより強くなる。

The automation used to create the auto pan effect

オートメーションは、オートパンエフェクトを作成するために使用。


[オーディオのid ="8945"]


そこにそれがある。わずかの動きで、私はロボット、機械のような洗浄に一つの単語を変換。この効果は、音楽のちょうど約あらゆるスタイルで使用することができると、電子のトラックで、特に自宅でとなります。今すぐ何かを記録し、あなた自身のを試してみてください!


より多くのロジックのヒントを知りたいですか?チェックアウトここリローデッドチュートリアル:論理TNT3を

Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • Dekuruy
    Hey Mo, Thanks! This article is reminiscent of Rounik's Halloween Sound Design two-part series of articles: http://www.macprovideo.com/hub/logic-pro/halloween-sound-design-creating-eerie-vocal-effects-logic Some of the techniques you describe are similar to Rounik's, yet you employ others as well, giving readers of both articles several way to manipulate the sound. My students love stuff like this, and it's a great way for me to introduce them to various techniques in Logic. Many Thanks, Adam
    • 7 years ago
    • By: Dekuruy
    Reply
  • GaryHiebner
    Great one Mo! Reminds me of Wall-E! Next you can do a tut on creating Eva's voice.
    • 7 years ago
    • By: GaryHiebner
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: