All Articles Synths & Sound Design
ハロウィンのサウンドデザインパート2:ロジックの作成モンスターFX
Rounik Sethi on Fri, October 29th 4 comments
I have a confession to make... I'm addicted to creating weird (and sometimes wonderful) sound effects in Logic. There's something undeniably satisfying about stretching, flexing, effecting, warping, a

私は作るために告白している...私は、ロジックの奇妙な(そして時には素晴らしい)効果音の作成にハマってしまった。 、ストレッチ屈曲、差押、反り、そしてそれは全く別のものに変換されるまで、一般的に1つのサウンドを操作することについての紛れもなく満足できる何かがある!チェックアウトパート1私の言いたいことを表示するには、このハロウィーンのサウンドデザインのシリーズのを。この機能を備えたチュートリアルでは、腸内の様々な苦痛を伴うとこの世の怪物うなり声に私の(またはあなたの)音声のシンプルなサンプルを変換するつもりです。怖いの種類は、麻痺やスポットに根ざしておくことグーグー鳴る....あなたがホラー映画のジャンル(私はソファの後ろに隠れることを好む)のファンでない、またはすべての神聖イブにトリックまたはTreatersをおびえさせるには喜びをしていなくても、デザインの音とフォーリーするには、以下のテクニックを適用することができます映画、テレビ、アニメーション、ビデオゲームのため。だからあなたのポータブルレコーダーをつかむ、または(右だと! - Cubaseの、ライブおよびPro Toolsのユーザーが最も歓迎現在地)DAWを起動し、いくつかものすごい怖い音を作成する準備をする。

これはあなたが必要とするものです。

  • a voice (one that can growl is ideal)
  • a microphone or portable recorder
  • some time in Logic (or any DAW)
  • Michael Norris' Sound Magic Spectral plugins (optional - but free to download!)
  • a Monster mask (optional to set the mood)

ステップ1 - の中でモンスターを放し

I recorded a few takes of myself imitating a growl. Interestingly, the more authentic-sounding ones didn't always produce the best end results. So experiment and have some fun recording a few sample growls, moans, breathy snarls, etc. I used my trusty Sony PCM-D50 to record these samples. Although I still find it an indispensable part of my portable recording setup, I don't recommend recording growls or snarls in a public place...

ステップ2 - ロジックへのインポート

さてさて、あなたが怖いから私の遠くを聞く前には、目的は、作成したい音の種類のエッセンスをキャプチャしようとすることを心に留めておいて、以下にグーグー鳴る。ややハスキーな声の音楽の録音に進行してうなり声と - 私のケースでは、私は動物のスタイルのために行っていた。ボーカルのうなり声、一度記録した、新たなロジックのプロジェクトにオーディオファイルをインポートし、オーディオトラックにファイルを置きます。

If you've recorded multiple samples, use the marquee tool or scissors to split the region into multiple parts like in the image below. I like to get rid of as much silence as possible. You can use the Strip Silence functions in Logic to remove any unwanted silence. You may also wish to remove any unwanted background noise from the audio files in Sound Track Pro or any Audio Editor with noise reduction features, e.g. Audacity.

Take a listen to the three sounds my voice made unprocessed:


I decided to choose the first sound to process as it has more of a growl and less of a breathy feel.

ステップ3 - 博士Jekylミートハイド氏

私のちっぽけなうなり声のピッチを下げると、私が利用したい最初のアクションです。我々はパート1で行ったように、今我々は、LogicのピッチシフターIIプラグインを使用することもできますピッチシフターIIの各インスタンスは、-12セミトーンの最大値を適用することができます。ここではそれが鳴るもののようです。

[オーディオのid ="322"]

小さなジャングルの動物としては悪くないかもしれない...しかし、我々はこれよりも凶暴と別世界何かを作成するつもりです。

動的にピッチで再生する別の方法は、Logicのサンプラー、EXS24にオーディオファイルをロードすることです。ロジック9では、この迅速なプロセスを作るためにサンプラーインストゥルメントの機能に変換を使用することできます。 (以前のロジックのバージョンでは、スクラッチからEXS24サンプラーインストゥルメントを行うために必要)。

ある地域を選択して、 オーディオを選択

In the dialogue window set Create Zones from Regions. Give it a name of your choice.

ステップ4 - 私はあなたが去年の夏ノウホワット(ロジックで)

新しいEXS24のトラック(これはまだちっぽけなうなり声はそれで再生する必要があります)とEXS24を開くにはチャンネルストリップのI / OセクションにEXS24をダブルクリックして選択します。今すぐインストゥルメントエディタを開くには右上の[ 編集]ボタンクリックします。

The audio file is only mapped to one key. In my case to C1. Position your mouse cursor over the left edge of the zone in the Zones area above the keyboard display and drag to the left to increase the key range, until it starts on the C -2 key. Also make sure that the Pitch Checkbox is enabled for the zone.

お使いのMIDIコントローラーまたは別のピッチであなたのうなり声のサンプルをトリガーするためにはCaps Lockのキーボードをプレイ。例えば、私は私の元のサンプルで約18セミトーンダウンしてきました。あなたのために働くピッチを見つける。あなたは、EXS24エディタウィンドウを閉じて、Logicのアレンジ領域の相対的な安全性に戻ることができます。

ステップ5 - ピアノロールで大胆に

あなたは簡単にこの時点で怖がっているなら、私は上の光を残してお勧めします。あなたの大切な人、同居人や近所の人が落ち着き側にもある場合は、あなたのヘッドフォンを接続して続行する良い機会だ...

ピアノロールを開き、お好みの心の震えピッチにその元のC1の音程からノートイベントを下に移動。キーボードを使って音符を" 微調整 "する簡単な方法は、 キーコマンドウィンドウで設定できるイベントトランス1/-1または12/-12を使用することです。

我々はいくつかのエフェクトを追加する前には、ノートイベントの長さは、サンプルの長さを一致させることが重要です。 (我々は、サンプルを設定することもできますステップ4のEXSインストゥルメントエディタでの1ショット 、しかし私は効果音のエンドポイントを完全に制御することを好む。)我々はEXS24を使用して、より低いピッチでうなり声をトリガしているのでサンプルの長さが変更されました。サンプル期間を一致させるためにノートを拡張します。

ステップ6 - オーディオにGrowlのをレンダリング

オーディオに私たちの楽器をバウンスしてから、いくつかの極端なフレックスの時間我々が望むのセクションに編集を適用してみましょう。 地域を選択してください

あなたは、オーディオリージョンの始めと終わりに長いギャップがあるかもしれないこと、その結果バウンスしたファイルからわかります。これにより、不要な無音のオーディオファイルをトリミングするには絶好のタイミングです。

あなたがこれまでのうなり声に耳を傾けるがかかることやっている一方で。

[オーディオのid ="329"]

ステップ7 - なきごえをストレッチ

うなり声の末尾に"ゴボゴボ"/粗い音が非常に威圧的なサウンドを作成するために伸ばしていると何ができる他に適当な言葉が見つからないので。 Logic 9の Flex のツールを使用すると、これを行うための素晴らしい方法です。

[表示]を選択してフレックスをオンにする

Then choose a Flex mode from the Track Header's Flex menu. You can experiment with a mode, but generally I find Monophonic works really well.

私は微妙に音のしわがれたうなり声と粒状性を強調するためにエンドを延長することを目指しています。地域の上半分をクリックして"粗いうなり声の先頭にフレックスのマーカーを作成します。すぎてうなり声。の最後にフレックスマーカーを作成するには今すぐ右に最後のフレックスのマーカーをドラッグします。あなたが幸せになるまでそれをプレビューする結果と。

ではなく、フレックスのアルゴリズムとどの程度増減するとどこからフレックスに約あまりにも規範となる、それはあなたのうなり声の音に最適なものを見つけるためにフレックスモードでプレイの方が重要です。 [編集]を使用することに注意してください

ステップ8 - 影響を受けるフィーリング

に余分な存在感を追加し、この怪物のうなり声の不安要因を増やすと効果のプラグインを追加する方法で提供されます。あなたが使用を選択したエフェクトとその設定は非常に作業しているし、作成することを目指しているものをサンプルに応じてになります。フィルタと変調と微妙に使用されるリバーブベースのプラグインは、洞窟の大怒って熊のような印象を与えることができる。以下微妙に使用されて、視聴者はよくこの惑星や中東地球から脱出したクリーチャーを超えてからモンスターを心に描くかもしれません。

ここに私が取ったルートは次のとおりです。

Compressor: To even out the levels and bring the quieter sections to the foreground too.


Listen to the growl post-compression:

[オーディオのid ="334"]

コーラス:私はより多くの深さを追加するには、コーラスを使用するとより大きな音の印象を与えるために。また、私の考えで劇的な効果のためのより効果的であるアンサンブルのプラグインの効果を、探検することもできます。

サウンドポストコーラス(私はこの時点以降、微妙な違いを聞くためにヘッドホンを使用することをお勧めしたい)聴いてみてほしい。

[オーディオのid ="336"]

リバーブ:私は空間デザイナーにこだわる人だが、この場合、私はより金属的な響きのリバーブが欲しかった。私はバスにオーディオチャンネルストリップから送信作成され、バス上Enverbを置き、それもそう金属いたAuxチャンネルストリップでプラチナの動詞を使用する代わりに選んだ..

ここでは私達のうなる音が今好きなんです。

[オーディオのid ="338"]

この時点であなたのサウンドに満足している場合今、そしてそれは素晴らしいことです。あなたがここに停止することもできます...君が怪物の音にさらにscarinessを追加する方法を模索したい場合は、続きを読んで...

ステップ9 - 次のレベルへの効果を取る

ちょうどのようにパート1このシリーズの、私は、マイケルノリス"SOUNDMAGIC SPECTRALを活用することをお勧めしたい

我々は上PlatinumVerbを置いたのと同じ補助チャネルで作業するつもりだ。第1インサートスロットから3番目のインサートスロットにPlatinumVerbを移動します。 コマンドを押しながら、空のスロットにドラッグします。これは、スロット間やチャンネルストリップ間でプラグインを移動させる素晴らしい方法です。

In the Aux Channel's first slot insert the Amp Designer plugin and choose the aptly named setting form the Setting Menu:
02 Hybrid Amps > Halloween Stack > Halloween Crunch


Routing non-guitar sounds through the Amp Designer can produce very cool results. Try this later on your drum loops to make them more gritty.

あなたの好みに設定を調整します。私は在庫の設定を保った。次に、2番目のINSERTスロットにマイケルノリススペクトルストレッチプラグインを挿入する。 オーディオユニット

このプラグインは非常に面白い効果を作り出すことができる!ここで私が使用した設定は以下の通りです。

  • Alpha Stretch 1.3396
  • Beta Stretch 0.9703
  • Variance Type None
  • Lo bin cutoff 0.0%
  • Hi bin cutoff 7.3%
  • FFT Size 16384 (The higher the value, the greater the strain on your CPU!)

Again, experimentation is key here in order to work most effectively on your particular growl sound and of course keep listening to your growl to get a feel for the changes each parameter has upon the overall sound.

我々はメインのうなり声の下のどこかにある非現世的なサウンドを作成することが何とかできたのAuxチャネルに3つの簡単なプラグインを使用する。それは確かに我々の恐ろしい音に興味深い背景を提供しています。

ここでは、これまでに鳴るもののようです。

[オーディオのid ="342"]

ステップ10 - まま地球

最後に、私はまだ私たちの馴染みの生息地にいくつかの接続を提供するという我々の音の要素を離れて除去するつもりです。うなる音の信号のエッセンスは、Auxチャンネルストリップにバスを介して送信されています。これは、頻繁に私達の全体的な音に興味深い下腹部を作成するために処理されている...しかし、良い音のfxを作成することがしばしばボックスの外側を考える意味することができます。この場合、私はオーディオトラック上の主なうなり声を削除するかのような補助チャネルが鳴るかを探求する好奇心旺盛です。

我々は、信号のいずれも補助チャネルに送信されることはありませんそうでなければ非現実的なGrowlのチャンネルストリップをミュートすることはできません。代わりに下の出力スロットクリックしたままI / UnrealのGrowlのオーディオチャンネルストリップのO。ドロップダウンメニューから出力を選択していない。

再選択出力1-2/Stereo 1-2またはいずれかの出力は、このステップが完了した後、必要に覚えている。

これでプロジェクトを再生し、補助チャネルに介して供給されている唯一の信号が聞こえます。不気味ではありません!私は全体的なサウンドに動きを追加するには、 スペクトルストレッチプラグインでアルファのストレッチのパラメータにはほとんど自動化を追加しました。とここでは私たちの外国人/モンスター/グロウルの音の実験がになっているものです。

[オーディオID ="344"]

ので、

に感謝AnaA見出し画像を作成するための。

Comments (4)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Dekuruy
    Thanks, Rounik! What I like most about these blog posts is that you give information and techniques that can be applied to other music-making circumstances as well. Keep 'em coming. You and all the MacProVideo folks are awesome!
    • 8 years ago
    • By: Dekuruy
    Reply
  • Rounik Admin
    Thanks Adam! :)
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Gorynui
    I only recently discovered the hub posts, and I love'em. Nice coincidence too, as I'm just starting sound design & music on a horror-based casual game.
    • 8 years ago
    • By: Gorynui
    Reply
  • Rounik Admin
    Hey Sammy, Glad you like The Hub articles and tutorials! Just in case you missed it there's the first part of this "Spooky" sound design series here: http://www.macprovideo.com/hub/logic-pro/halloween-sound-design-creating-eerie-vocal-effects-logic Enjoy! :)
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: