All Articles Synths & Sound Design
サウンドデザイン:ロジックを再作成ダフトパンクの"アラウンドザワールド"シンセ
Richard Lainhart on Fri, August 5th | 0 comments
Daft Punk's "Around The World", released in the late 90s was a big hit. As well as inspiring countless tunes & remixes, it inspired Richard Lainhart to recreate the key synth hook.

このチュートリアルでは、ダフトパンクの"アラウンドザワールド"、このビデオでは午後12時26分に始まるものとは主メロディックなシンセサウンドが再作成されます:



我々が使うことになるロジックのES 2をここで、効果のプラグインまたは2と一緒に、これのが始めましょう。


ステップ1 - ロジックのプロジェクトを設定します。

いつものように、ロジックを起動し、一つの空のソフトウェア音源トラックを含む新しい空のプロジェクトを開始します。


クリックしたままデフォルトEVP88楽器をチャンネルストリップの上部に、01を選択します。


...デフォルトのES 2ウィンドウを開くには:


ステップ2 - サウンドを分析

最初に、ここで音楽を読んでいる人ならのためにLogicのスコアエディタを使用して表示される旋律のリフは(または図を繰り返す)です。


それはちょうど休憩の唯一のカップルで、約130 BPMのテンポで何度も繰り返すので、一度あなたが簡単にループをできる、それを持っている。

今、音そのもののために、近いリスニングは短く、鋭いアタックを持っており、それぞれ4つのバーのフレーズの最後で、それがおよそ3拍、目的で保有しているもののほとんどは、スタッカートを演奏していることがわかります。その開催されたメモの間に、あなただけのビブラートの少しはそれが減衰として音に加え聞くことができます。それは明るいと酔っぱらったとは対照的に、かなりまろやかな音だし、わずかに"むなしされています"我々はそれを作成するために使うことになる何か正方形またはパルス波の特徴である。また、古典的な聞くことができる"dwoinkを"急速に開いて、我々は同様にこの音を再現するために、第二封筒で、いくつかのフィルタリングが必要になるので、高速なエンベロープの制御下で閉鎖するレゾナントローパスフィルタの音。

最後に、音符の間の空間にかなりすぐに離れて死ぬ地味な16と8分音符のエコーを聞くことができます。我々はES 2で直接そのエコーを作成することはできないので、我々のサウンドデザインの最後のステップとして、シンクのディレイエフェクトプラグインを追加します。


ステップ3 - 基本的なサウンドを作成する

さらに騒ぎがなければ、ここではパッチの私のES 2版(サイズの大きいバージョンを見るには画像をクリック)です。


当然のことながら、音を作成するなど、密接にすることができますよう、これらの設定を再現しようとする必要がありますが、このパッチでいくつかの重要なサウンドデザインの詳細があるので、私はあなたがキャッチを確認したい、私は詳細に設定よりも行くよ、読書上から下と右へ左へ。

  • At the top of the window, note that the sound is set to Mono with 4 voices and Unison enabled, as this is a solo melody line, so polyphony isn't needed, and the Mono Unison mode provides more power to the single voice while allowing the envelopes to re-trigger for every note.


  • Next, note that I'm using only Oscillator 1, and it's set to a straight square wave, which to my ears recreates the original sound most closely. I've also set the Analog control to the left of Oscillator 1 to 12 o'clock, to add a little bit of variety to the digital waveform. Next, I've set Filter 1 to Lo (Low Pass), with the Filter Blend set all the way to Filter 1, as we won't be using Filter 2. Filter 1's Res (Resonance) is set high, to about 3 o'clock and the Cut (Cut-off Frequency) fairly low, to about 9 o'clock, as we'll be using an envelope to open and close the filter and so we need to have its initial frequency set low to give the control envelope room to work.


  • Next, Volume is set all the way up, and Distortion is set to about 10 o'clock, with the Distortion switched to Soft, just to add a little grit to the sound. Tone is set to Bright to brighten up the patch a bit. Below that, I've enabled the Phaser, and set its Intensity to about 1 o'clock and its Speed to 9 o'clock, which adds a little further variety and motion to the sound. The original patch sounds like it has some sort of processing that varies the overtone structure of the square wave a bit as it plays, and I think the Phaser produces that effect nicely.


  • In the Router section, the first slot has a Source of Env2 and a Target of Cutoff 1, so that Envelope 2 will open and close our low-pass filter. The Control Amount (the green arrowhead) is set to about halfway-up in the positive direction, but you can and should adjust this to see how this affects the overall sound. This enveloped filter control is one of the most important features of this particular sound.


  • Next to that, in the second slot in the Router, the Source LFO1 is set to the Target Pitch 1, so we can add a little vibrato to the melody sound. Right below that, note that LFO 1 is set to a Delay value of 10000ms—or 1 second—so the LFO doesn't begin to modulate the pitch of Oscillator 1 until a second after the sound starts. This way we only hear a vibrato on the longer held notes, not the shorter ones. LFO 1's Rate is set to 5.5 Hz, which is a good vibrato speed. Also note the waveform for LFO 1 is set to Triangle, for a symmetrical vibrato.


  • Continuing on, Envelope 2, the one that's controlling our filter, has an A (Attack) value of 31ms (you can't see it in the window, but you will when you drag the slider), and a D (Initial Decay) value of 99ms. These two values are critical to reproducing our sound, so you want to get those right; this is what creates the "dwoink" part of the sound. But you should definitely play with those values to see how adjusting them even slightly changes the sound significantly.


  • Finally, Envelope 3, which controls our sound's amplitude, has an Attack setting of 0.11ms, just above zero, no Initial Decay, an S (Sustain) level of 0.161, and an R (Release) value of 24ms. These settings give us a sharp attack and decay when the notes are played staccato, as they are most of the time, but allow for a little sustain on the longer notes so you can hear the vibrato tail on those notes. 


ステップ4 - シンクのディレイを追加する

最後のステップは、ES 2を残して、この音の重要な一部である同期化遅延を追加することです。そのためには、ES 2チャンネルストリップの最初の挿入]ボタンをクリックし、ステレオディレイエフェクトを選択します。


ステレオディレイのウィンドウでは、これらの設定を適用します。


特に注意ビートの同期が有効になっているので、遅れは私達のテンポと同期します。かつてそれは、16音符に左のディレイを設定するので、右チャンネルで異なるエコーのために、第八分音符の左チャンネル、および右の遅延で高速なエコーが聞こえます。 (元の音は、それは長く、左よりも遅く、右チャンネルのエコーのように私に聞こえるが、それだけでYouTubeのビデオのオーディオのアーティファクトかもしれない。いずれにせよ、我々は、として音を再現しようとするつもりだと密接に私たちは、それでは、今のところこれらの非対称エコーを使用させることができます。あなたが選択した場合、いつでもこれらの設定を変更することができます。

また、左と右の遅延の減少フィードバックの設定をメモして、それぞれのための比較的低出力のミックス。我々は、これらのエコーのあまりを聞いてしたくない、または、彼らは音を圧倒するでしょう。


最終的な考え

そして、それは基本的にはこれだけです。これらの設定に従えば、あなたは私がビートを強調するためのキックドラムを追加したする、このように非常に音が得られるはずです。

[オーディオのid ="7831"]


あなたがサウンドを再作成したら、あなたはもちろん、彼らが何をすべきかを確認するためにすべてのこれらの設定で再生する必要がありますし、あなた自身のバリエーションを考え出すために。

私はあなたが便利なこのサウンドデザインのレッスンを見つけた願って、そしていつものように、実験と楽しい時を過す!

ESの2のスティーブHでできることすべてについての詳細情報露出ES 2 -ロジック206を

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: