All Articles Synths & Sound Design
サウンドデザイン:Logic Proの航空便でのセクシーボーイ
Richard Lainhart on Sun, October 9th 2 comments
Ever wanted to re-create that fun formant-style Bass sound from Air's seminal "Sexy Boy" track? In this mammoth tutorial, Richard Lainhart digs deep to show you how in Logic or any DAW!

このロジックのサウンドデザインのチュートリアルでは、我々は、からオープニングベースサウンドを再作成することができますAirの"セクシーボーイ "。



我々は、実際には2つの音、エレキベースとの複合体であるビデオに聞こえる非常に最初の音、を参照している...何か他のもの。始めましょう。


ステップ1 - ロジックプロジェクトと最初のトラックを設定

ロジックを起動し、標準EVP88楽器にデフォルト設定されますつの空のソフトウェア音源トラックを含む新しい空のプロジェクトから始めます。そのトラックを選択した状態で、画面の右側にある[ライブラリ]タブを選択し、選択する:03 Bassを

私が述べたように、トラックのベースサウンドは、2層、一つ簡単な、かなり暗いエレキベースです。

ここにトラックの最初の8小節はスコアやピアノロールの表記法の両方で、112 BPMのテンポに合わせて、以下のとおりです。

1st 8 bars in the Score editor


1st 8 bars in the Piano Roll


(これらの8小節は音の始めに三回を果たし、4番目の繰り返しで、一部の後半は、Fの和音まで移動しながら、このチュートリアルの目的のために、あなただけの最初の8小節を録音してループすることができます。あなたは、音で動作。)


ステップ2 - 番目のトラックを設定

まあ、それは簡単でした。秒のサウンドは、しかし、少し複雑です。まず、最初のトラックで低音のノートを録音したと仮定し、現在のデフォルトEVP88でそれを残して、別の新しいソフトウェア音源トラックを作成します。最初のトラックのリージョンがピアノロールエディタを開くためにダブルクリックし、次にそれをアクティブにしてピアノロールエディタのペインでクリックします。タイプのコマンドすべて選択するには(すべて選択)を

duplicate the MIDI data across tracks


プレイをヒットし、エレクトリックピアノで倍増オリジナルの低音部分が聞こえるはずです - それ自体が悪い音を。

[オーディオのid ="9024"]


ステップ3 - 基本的な第二サウンドを作成する

エレキベースを倍増秒のサウンドは、フォルマントと呼ばれるものから派生したことにしわがれ声のボーカルの質を持っています。フォルマントは、人間の言葉と歌の母音の音を定義する私たちの口、喉、そして頭の空洞によって作成された特定の複数の共振またはフィルタのピーク、、です。 "、E、I、O、U"、および他のオープンなボーカルの音は、すべて一意の固定resonancesusually threethatのセット私たちはそれらを区別できるようにしている。それらの実際の共振周波数は、年間の音響の研究者によく知られている、と彼らは、母音の音をシミュレートするために、合成音に適用することができます。

ここで私はいくつかの共通の母音のフォルマント周波数(ヘルツで表される)示すことがわかった一方のリストです:

  • ee: 270, 1990, 3010 
  • i: 390, 1840, 2550 
  • e: 530, 1720, 2480 
  • ee: 660, 1080, 2410 
  • ah: 730, 1840, 2440 
  • aw: 570, 1020, 2410 
  • u: 440, 870, 2240 
  • oo: 300, 1190, 2240 
  • a: 640, 1350, 2390 
  • er: 490, 1690 

私たちのケースでは、トラックの基本的なシンセの音は非常に簡単sawtoothy波形であり、それをその声の質を与えるフォルマントフィルターです。そこで、私たちは必要なボーカルフォルマント周波数に複数のフィルタを設定し、トラックで別のボーカルサウンドを作成するためにそれらを変化できるようになるロジックシンセやフィルタプラグインを見つける必要があります。 (ちょうどそれをするように設計されているディレイラマと呼ばれるフリーのVSTプラグインがあります。それは、

しかし、多くの実験の後、私は私のフォルマントを作成するために必要な精度でそれらを設定できるようになるようなロジックシンセやフィルタプラグインを見つけることができませんでした。このリストからわかるように、指定された周波数はかなり、特に低い範囲で、一緒に閉じている、とホルマント周波数のわずかなばらつきが大幅に音が変化します。 ES 2シンセ、それは、良いバンドパスフィルタを持っている(私たちが必要な3つの周波数帯域を取得するにはシンセの3つのインスタンスを必要とするだろう)だけを持っており、その時でさえ、そのカットオフ周波数がで設定されていない間に0から1へ、ではなく、絶対的な周波数の範囲、それは不可能に必要な正確な値を設定すること。あなたが、周波数の面で、そのカットオフを設定できるようにしないパラメトリックEQプラグインは、、私は例えば、1190 Hzの値を選択させるのに十分正確ではありません。これは、同様に他のすべてのLogicのネイティブフィルタプラグインに適用されます。さえEVOC 20 PSボコーダーシンセ、そして何がフォルマントフィルタを持っているその関連EVOC 20フィルタバンクのプラグインは、、あなたが特定のフォルマントを得るために正確に十分なものを使って設定することはできません。

そう、この音を再現するために近くに取得するには、我々は、サードパーティ製プラグインを使用する必要があります。幸いにも、完璧ではないが、私たちは非常にセクシーボーイの音に近い値を得るできるようになる、というOttoPhormantを展開する音楽の善意の人々から利用可能な空いている1つがあります。あなたがすることができますここでオーディオユニットバージョンをダウンロードしてください

それをインストールするには、取扱説明書、(あなたが自分のシステムまたはユーザのライブラリの該当するコンポーネントのフォルダにドラッグします)プラグインをロードするロジックを再起動し、次に進みましょうに従ってください。

最初に、もちろん、我々はプラグインを適用する音のいくつかの種類を持っている必要があります。私が述べたように、単純なノコギリ波は、代わりに私たちの番目のトラック、ロードES 1シンセのデフォルトEVP88楽器のように私たちが本当にフォルマントフィルタリングのソースとして必要とするすべて、です。

ここで私はストレート、フィルタリングされていないのこぎり波を生成するために使っているES 1設定は次のとおりです。

Sawtooth settings for ES1

[オーディオのid ="9025"]


注:私はそれを使っているので、あなたが実際にそのようなES2として、あなたがまっすぐにのこぎり波を生成することが好きなシンセインストゥルメントを使用できますが、ES1はセットアップに素早く'N'は簡単です。


ステップ4 - OttoPhormantの設定

私たちの次のステップは、鋸歯状のトラックにOttoPhormant適用し、代わりに基本的なプラグインの設定を取得することです。最初に、鋸歯状のトラックを選択し、プラグインのメニューを開くにはチャンネルストリップの最初のインサートスロットでクリックして、 オーディオユニットを選択します。

OttoPhormant settings


プラグインで各種プロパティの値を設定するには、どちらかの緑色のバーが選択状態を表すプロパティのブロックのいずれかの側に表示されるように、プロパティ名をクリックして、値を設定するには、大きな中央のツマミをドラッグする、またはいくつかにケースは、ポップアップメニューを開くには値を直接クリック。また、数値的に値を入力するように多くのプロパティをダブルクリックする。

あなたがここに表示される値のほとんどは、実際に問題ではない:OttoPhormantは自動的に内部の封筒や、入力音のレベルを使用して、別のフォルマントの音との間でモーフィングすることを目的としています。しかし、私たちのケースでは、我々は正確にトラックでそれらを同期するロジックでフォルマント変更を自動化するつもりだ。だから、本当にここで問題にのみ値がエンベロープタイプがNoneに設定する必要があることを、フィルタのタイプは3段BPに設定する必要がありますされ、フォルマントフィルターのドライブは0.6でなければならず、フォルマントフィルターレゾナンスは0.75でなければなりません。 (いつものように、あなたは彼らがどのように聞こえるものを聞くために、これらの設定を試してください。)また、あなたのドライレベルを-80 dBに設定されていることを確認したい、我々はいかなるフィルタリングされていない音が聞こえないので。あなたが今あなたのトラックを再生する場合、それはすでにしてください

[オーディオのid ="9031"]


ステップ5 - OttoPhormantオートメーションを設定

私たちの次のステップは、変更はトラック内のノートと同期するようにフォルマントフィルタの変更を自動化することです。あなたが再び元に聞けば、あなたは、上部Dが"A"の音のようなものがあるが、低DとCは、特定の声の質と依然として非常に明るいと酔っぱらったが、あることを聞くことができます。上部のCは、上部のDに不明瞭聞く、対照的に、"OO"のようなものに聞こえること。これらのサウンドはOttoPhormantのフォルマント設定として使用できるので、私たちが行う必要があるすべては、適切なタイミングでそれらのフォルマントを切り替えるには、いくつかのトラックのオートメーションを追加するだけです。

最初に、もちろん、我々はそれで動作するようにトラックのオートメーションを表示する必要があるので、 ビューを選択します。

The automation window


次に、あなたの鋸歯のトラックを選択し、現在のボリュームを言うポップアップをクリックし、OttoPhormant選択


ステップ6 - フォルマントを自動化

次に、アレンジウィンドウの右上隅にある[ツール]メニューから[選択のポインタツールを持っていることを確認し、"私は"自動化ラインの先頭で、非常に最初のデータポイントをクリックすると、それによって読み取られるまで、ポイントを下にドラッグします - これは我々が開始するフォルマントです。

Automate the


私はそれが最も密接にオリジナルのトラックに酔っぱらった低い音符を一致したと思ったので、私はフォルマントのために"I"を選んだが、彼らはあなたに良い音なら他の人を試していただけます。

次に、トラックの二つ目のMIDIノートの開始を使用してポインタツールを揃える、ハイDは、第二のオートメーションノードを作成する]をクリックして、新しいフォルマントの値を設定するには、それをドラッグして - 私は"E"を選択したフォルマント、私はそれがほとんどのオリジナルトラックから"A"の音のように聞こえると思うので。

The


次に、トラックの第三MIDIノートの先頭を使用してポインタツールを並べる、低いDは再び、第三のオートメーションノードを作成する]をクリックして、"私"に戻ってそれを下方向にドラッグします。第五MIDIノート、ハイC(3番目と4番目のノートは両方とも低いDSです)の上にカーソルを置き、クリックして、"U"に設定してドラッグします。第六音符上のをクリックし、"E"にフォルマントを設定し、再び"私"への7番目の音符の値を設定します。あなたのオートメーショントラックには、下の画像のようになります。

The automation applied

[オーディオのid ="9032"]


注:残念ながら、OttoPhormantは、オートメーションデータの処理方法について少しflakey思われる-は、おそらくそれらを得るためにオートメーションノードの位置を微調整する必要があります

この時点で、手動でトラックのオートメーションを完了するためにオートメーションノードを配置し続けることができます。もしそれがすべて少し速くさせるために使用できる1つのショートカットは、さらに一緒にトラックに、既存のオートメーションデータを複製することです。これを行うには、アレンジウィンドウのツールメニューから自動選択ツールを選択してください。

The Automation Select Tool


コピーするオートメーションデータの上にドラッグします。その後、データのグループの最後のノード上でOption +ドラッグで移動するとトラックに、後でデータのグループをコピーします。

The copied automation data


あなたがトラックにさらに下にオートメーションデータをコピーしたら、あなたは正確に正しいMIDIノートでそれを整列するために全体選択したグループをドラッグすることができます。

[オーディオのid ="9035"]


いずれかのトラックで、上​​部のノートに"OO"と"A"フォルマントの間にスムーズな移行が必要であることであるが、残念ながらOttoPhormantだけ急激な遷移の間に許可する:あなたはまだこのレクリエーション、2、3の問題があることを聞くことができますオートメーションを使用してフォルマント。内部的には、独自の封筒を使用するときは、滑らかなモーフィングを取得ではなく、外部からできます。それでも、レクリエーションのその部分はかなり近い、そうでない場合、正確です。

他の問題は最初の音、低いDは、我々がここにあるものよりもはるかにbuzzierということです。そう、最後の仕上げのために、私は歪んだsawtooths(鋸葉?)と音のためのパルスを使用して、ちょうど低いDを倍増するために複数のトラックを追加しています。私はあなたにその最後の少し練習を残しておきます。

[オーディオのid ="9036"]

そしてそこに我々はそれを持っている!常にとして、私は実験することを奨励、そしていつものように、楽しい時を過す。


フィルタリングとformanting、ファンキーでチェック!あなたが興味あるかもしれませんLogicとデビッドアールのボコーディングを


Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • Nicywuo
    Thanks for this! I have been having a lot of fun using that filter. I never would have thought to try something like this.
    • 7 years ago
    • By: Nicywuo
    Reply
  • Tyvaxao
    Hi Richard, I tried this out and it's a pretty good rendering of the original Air sound, thanks. I stumbled across another very close approximation in one of my favourite synths, the NLogPoly Synth. The preset is called 'B-Phass' in a default set called PRO Sounds. cheers, and thanks for the post. Irrespective of the end result, I always pick up some great tips and expand my knowledge of Logic.
    • 7 years ago
    • By: Tyvaxao
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: