All Articles Synths & Sound Design
フルレンジスーパーパッドの作成
Mo Volans on Tue, July 2nd 2 comments
Pads can be the basis for a track, though more often than not they are used for atmospheres or break downs. Mo Volans shows how to make them super, whatever the purpose, in Logic or any DAW of choice.

パッドと文字列の部分は音楽のちょうど約あらゆるスタイルに雰囲気を追加することができるものである。時には、あなたがブレークダウンしたり、トラックの冷蔵セクションにドロップすると、あなたのパッド部は少し雑草が聞こえる可能性があることかもしれません。

これを回避する一つの方法は、音楽的に、それに影響を与えることなくパーツを強化することです。これは、積層数のステージを使用して行うことができる。このクイックチュートリアルでは、喜んで孤立して独自のを保持する何かフルレンジにあなたの一番上の行パッドシーケンスを有効にする方法に焦点を当てます。


オリジナルのパッド部

だから、あなた自身がプロジェクトに取り組んで見つけ、あなたがダウンして基本的なパッド部を持っている。それはこの時点でかなり右ではないかもしれませんが、あなたが知っている一つのことは、いくつかの点であなたが自分自身では、多かれ少なかれパッドを使用したいということです。

(Pic 1) Our pad is coming from an instance of NIs FM8

我々のパッドは、NIS FM8のインスタンスから来ています。


ミックスのパッド音:

[オーディオID = "15747"]


これは、パッドはいくつかの作業が必要になりますことを意味します。この時点では、ミックスの中で動作しますが、単独ではかなり薄いとその周波数レンジを埋めることはありません。これらの状況では、プログラミングや余分な処理とは対照的に、私はあなたがより多くの直接音を取得する傾向がある見つけるように私は通常レイヤーを使用しています。

(Pic 1b) The pad sound in the full project.

完全なプロジェクトのパッドサウンド。


パッドの音が分離して少し雑草です。

[オーディオID = "15746"]


我々は簡単に動きのカップルフルレンジモンスターにこの合理的に安っぽいパッドを回すことができる方法を見てみましょう。この時点で、あなたは十分なCPUのそのように解放していることを確認しますので、ソフトシンセの別のカップルをロードする必要がありますに注意してください。


いくつかの単純なレイヤリング

まず始めに、私はほんの少しからこのパッドを丸くしたい、ローエンドの要素は、次のステップになるだろう。 Imは二つのことをやろうとして耳にもう少しまろやかかつ簡単なものを作るために。最初に病気、少しオリジナルパッドを編集し、この場合、私は単純に攻撃を増加し、少し離します。これはすぐに物事が柔らかく、暖かくなりました。

次は、私が(もちろん、この段階で任意のシンセやパッチを使用することができます)Omnisphereから対照的なパッドのパッチを選んだ。この二パッドはお世辞オリジナルパッドの明るいトーンに慎重に選択し、2つのパッドがうまくバランスされたように混合した。

(Pic 2) The original pad is isolated and mixed with a patch from Omnisphere.

オリジナルのパッドはOmnisphereのパッチと分離し、混合される。


新しい混合音:

[オーディオID = "15746"]


いいえEQや処理は、ここで必要とされませんでした。これは本当に音選択に関するすべてである、右の音を拾って時間を過ごす、すべてが必要な場合にのみ、少し基本的なミキシングと場所に分類する必要があります。


重ねる深いトーン

最後に我々は、その一人で遊ぶとき、それは完全な音することを保証するためにパッドにすべての重要な低音を追加する必要があります。必要に応じてあなたのトラックの完全なインストセクションに切り替えるときには、明らかにこれらの部品をミュートまたはフェードすることができます。

(Pic 3) Removing higher notes from the sequence.

シーケンスから高いノートを削除。


(Pic 3b) Only the root notes remain.

rootだけのメモが残っている。


私は、このセクションのアナログスタイルのドローンを使用したいと、この場合には、私はコルグPolysixを選んだ、無変調に少しと、右下のシンプルなパッドパッチを濾過した。私はここで作られた別の編集、複製MIDIパートからすべてがルートノートを削除することであった。

(Pic 3c) A Korg Polysix is used for the final deep layer.

コルグPolysixは最終深い層に使用されます。


最終的なより深いパッド音:

[オーディオID = "15754"]


このプロセスでは、低音部分のソートには、この第三の層を変換し、サブ発振器はPolysix内でアクティブになったときに全部が一緒に来る。そこにあなたはそれ、3つの簡単なステップでフルレンジスーパーパッドパッチを持っている!


Related Videos
Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • Magic Fingers
    The added Polysix low end is subtle, but definitely warms things up! Nice blend of synths!
    • 6 years ago
    • By: Magic Fingers
    Reply
  • Magic Fingers
    .
    • 6 years ago
    • By: Magic Fingers
Edit Photos in Photoshop Elements 2020
Photoshop Elements 101
Dream It. Do It.
Do you want to learn Edit Photos in Photoshop Elements 2020?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: