All Articles Ableton Live
ヒップホップのためにAbleton Liveを、パート2
G.W. Childs IV on Wed, July 11th 0 comments
In part 2 of this 4 part series on producing Hip Hop in Ableton Live, G. W. Childs explains the process and shows how to build the initial loop. Stay tuned for part 4 in this series coming soon!

前回の記事 、私たちは、Abletonは、全体的な機能と同様に、オーディオをインポートすると、ループにオーディオを回すという点でヒップホップアーティストを提供しているものの基礎に焦点を当てた。この記事では、IDもAbletonsインタフェースをよく見ながら、Abletonのループに私たちの進出を続けていきたい。


レコーディング·ループ

それが最後のチュートリアルでは、そのオーディオを持ち込むことであったか覚えやすいし、ループにそれを回す?間違いなく、Abletonので動作するように多くの楽しみになり、多くの関数のいずれかのthats。しかし、私たちはまったく話しhaventはしても、その実際にはAbletonのに独自のループを録音したいものです。

ループ·レコーディング、アレンジ、作成は、初めから、Abletonのためのすべての最大の特徴であるので、これは実際にAbletonの最良の部分の一つです。実際には、実際には、単に記録ループで曲を開始し、それらのループを編集し、それらのループを配置し、これまであなたはしたくない場合は、線形配置ウィンドウで作業することなく、これらのループを生成することができます。

セッションビュー:このように動作する能力は、プログラムビューの面では、Abletonのを見ての最初の方法によって実現されています。

The Session View


このビューは主に以下の定期的なミキサーポット、フェーダーでは、グリッドで構成されていることYoullは注意してください。確かに、この絵の中の多くのtheresのが、瞬間のためにそれをシンプルに保つことができます。各グリッドボックスの内側に、youllは小さな四角があることに気付く。と、グリッドの行、またはトラック、私はまだそのループを持っていることをyoullの通知、または最後のチュートリアルからのクリップの1インチ緑色の矢印の付いたその小さな黄色いボックスをオンにします。これは、すべてのループはセッションビュー内に表示される方法です。

Youllはまた、トラック3に気付く、レインベースラベル、赤で、有効なレコードが腕のボタンがあります。このため、雨ベースのタイトルの代わりに、正方形から降順グリッド列に、円があります。

したがって、正方形、円、緑の矢印は、それはすべて何を意味するのでしょうか?よくぞ訊いてくれました!

  • Squares (Clip Stop Button) = Stop buttons, which appear at the base of each column, and in empty squares.
  • Green Arrows (Clip Launch Button) = Play buttons, that appear only on clips, and in what are known as Scene launch buttons on the far right of the session view, labeled as ‘Master’, for Master Channel. 
  • Circles (Clip Record Button) = Record Buttons only appear in columns where the audio track that corresponds with the column is ‘Armed’. You’ll notice that in the Rain Bass track, again, the track is armed with the small, red button. So, all the clips ‘slots’ in that column can be queued to record by simply clicking the record button for that particular clip slot. 

今、私たちは、なぜ我々は記録に何かを試していけない、グリッドスロットは何をすべきかという点で、セッションビューの解剖学の理解を持っている?


ステップ1 - レコードへのセットアップ(クリップ)

私はまだ私は前回の記事から持ってきたループを持っているので、私はすでにいくつかのリズムを持っています。実際には、ループはこのように聞こえる...

[オーディオID = "13978"]


シンセの少し、ドラムを少し。すべての曲の素晴らしい出発点。病気に先に行くとに取り組んでイムソングの再生を開始するためにスペースバーを押します。緑色の矢印がまた、頭出し再生することを意味しますので、ループは自動的に再生を開始します。

現在、いくつかのボーカルを記録するために私のオーディオトラックを設定するには良い時間です。

病気に既にオーディオトラックとしての私のボーカルトラックとしてトラック1を使用して、それには何もtheresの。私は別のオーディオトラックを作りたい場合、IDはコマンド+ Tのショートカットを使用して、オーディオトラックが表示されました。私はこれを実行する必要がいけないので、病気だけでトラック1を有効に記録します。

Recording vocals


イムだけでないオーディオインターフェイスを搭載したラップトップを使用しているためあなたが見ることができるように、私はすぐに、信号を得る。私は別のオーディオソースを選択する必要がある場合、Idはセクションからオーディオとは異なる入力を選択します。

また、その重要な私はこの時点でのヘッドフォンを持っていることに注意する。私はレコードはラップトップのトラックを有効にすると、スピーカーとマイクはすべて内蔵されているので、私はスピーカーがマイクへのフィードバックすることはありませんを確認する必要があります。ヘッドフォンなしでこれをやってみるが接続され、そしてyoullは私が意味するものを参照してください。


ステップ2 - ループを記録する

今Imは設定されていること、病気のトラック1の最初のクリップスロットの録音クリップのボタンを押してください。私は実際に任意のクリップスロットを選択することができ、記録はまだ私はもともとで開始したループを使って場所を取るだろう。ただし、IDは当分の間、同じシーンまたは行に2つのループを維持したい。

私は、スロット1のレコード·クリップボタンを押すと、私はすでに最後のステップで歌を始めたので、スペースバーを押すことで、記録は私がどこにプリロールをお知らせするためにいくつかの小さな白い閃光の例外を除き、直ちに開始され、実際の記録が開始されます。表示されるクリップはその上に赤い矢印があります。これは録音を停止するときにイム準備ができて、私はこの赤い矢印を押すことで、ビートが継続している間はAbletonのが私の記録を再生することを意味します。そして、あなたが赤の矢印キーを押して操作を確認してください!あなたは、単にセッションを停止した場合、ループポイントは、タイミングでオフになります。曲が再生されているときに赤い矢印を押すと、Abletonは最寄りのループ·ポイントで記録を停止します。

Recording a loop


だから、私はまさにそれを行います。私はボーカルで終了したとき、私は赤い矢印を押すと、それが緑色に変わります。これは私がその記録が終了したとはちょうど私が始まったビートと一緒に遊んで知ることができます。

Playing along with the recorded loop

[オーディオID = "13979"]


私は先ほど作成したループを好まない場合は、私はそれを削除することができます。曲の再生中であっても、再度私のボーカルの録音を開始し再度レコードのクリップボタンを押してください。私が行った作業が好きで、さらに追加したい場合は、私は以下のスロットに記録のクリップボタンを押すことができます...

Recording more


実際に、私は歌詞の完全な歌の価値を持っているまで、より多くのクリップスロットを追加し続けることができます...と、私はまだにも配置され、何もhaventは。


結論

だから、私はその1単純なループと一緒に、ストップボタンを私がボーカルを記録していた全体の時間を押さないでください。仕事のどのような素晴らしい方法です!

次回の記事では、効果を追加するに取得し、少し記録されている可能性があり、ループを修復する方法を見てみるつもりだった...オフにします。


連載の各記事にジャンプしますクイックリンク:

Abletonのではヒップホップ、パート1

Abletonのではヒップホップ、パート2(あなたがここにいる!)

Abletonのではヒップホップ、パート3(フォローするためのリンク)

Related Videos
Comments (0)

You must be logged in to comment.

Designing Massive Sounds
Massive X 201
Dream It. Do It.
Do you want to learn Designing Massive Sounds?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: