All Articles Ableton Live
Ableton Liveを:簡素。あなたがしたとは知らなかったシンセ
G.W. Childs IV on Sat, August 20th 1 comments
It doesn't get much simpler than sampling in Ableton's Simpler. While it is one of the most intuitive samplers out there, Simpler can be used in many innovative ways: for example, as a synthesiser!

私はにであると主張する新しい人に会うときAbleton Liveを 、Imは一般的に、彼らはまだ驚くべき能力を持つDAWよりも、ループのプログラムのより多くのとしてそれをみなすことを知って驚いた。 CMON、Abletonは単純なループの年を超えて道を行き、数年前!しかし、はい、名声へのその最初の主張は、ループではない、とという論争はtheresの。

Abletonは、その通常の古いAbletonのは、そのほとんどの人々の購買をライブすることをかなり確信しているライブ、IMの異なる価格との多くの異なるパッケージを提供していますけれども。と、これは良い意味をなさないと思います。 Abletonのスイートは、さらにダウンロードして、なんと699ドルです。確かに、これは楽器、サウンドバンク、およびより多くのすべてが含まれています。しかし、そのまだ699ドル対499ドル。

また、Abletonはフルバージョンと比較しても前かがみスチールはない、となる99ドルドルイントロのバージョンを、提供しています。しかし、499ドル、フルバージョンと同様に、それは本当にスイートのような楽器を持っているdoesntの...ああ、はいそれは。

:この特定のチュートリアルでは、Idはイントロ、そしてはるかに強力に定期的に与えられる信用よりもAbleton Liveのフルバージョンの両方で着信する楽器にあなたの注意を喚起したいシンプルな


シンプルなの説明

定義によって、より簡単にサンプラーです。しかし、あなたがサンプラーを理解すれば、youllはサンプラーが同様に、通常の古いアナログ、デジタル、FMとは対照的に、または何にyoureの、発振器としてオーディオファイルを使用しているシンセサイザーであることを理解。

今、一瞬このように考える:サンプラーは発振器としてオーディオを使用する場合、私はちょうどノコギリ波形のシンプルな録音、または三角形の波形、または他のいくつかの複雑な波形を削除し、シンセの​​ようなサンプラーを使用couldntの?絶対に!より多くのよりシンプルに多くの他のDAWに付属する他の基本的なソフトシンセの多くとは対照的に使用して実際に非常に簡単なことですワーキングホリデー。アクションでそれを見ることができます。


ステップ1 - シンプルなのオーディオファイルをドロップ

現在、私のAbleton Live Lite 4のプロジェクトで、私はシンセサイザーから持続的な注意事項の一つの記録を持っている。


[オーディオのid ="8227"]


idは、簡素で発振器、またはサンプルとしてこの持続的なノートを使用するようにしたい。最終的に、Idは低音のシンセを作るのが好き。

これを行うには、ライブデバイセズから、私はクリップ/デバイスのドロップエリアにシンプルなドラッグになります。


次に、病気のより簡単なの"ここにドロップサンプル"セクションに私のシンセの録音をドラッグします。


ステップ2 - そのループを確認

今、病気のループ機能を有効にし、それがループ再生内の任意のしゃっくりすることなく再生されるまでフェード、長さ、およびループのノブを調整することによって、それまでに置かアイブ私のループのシンプルなサンプルオーディオファイルを設定します。


ステップ3 - ポリフォニーを変更する

また、これは低音を意図しているので、病気の1に許可されて声の数を減らす。これは私が一度に、その一つの鍵はトラブルの私を保つそれらのセンスがのベースラインのいずれかをできるようになります。私は技術的に音符が重なると​​ミスを傾ける。右?


ステップ4 -

私はどんな追加の調整に入る前に、私は実際に私のベースパートを書くのが好き、その後戻って、必要に応じて変更します。病気の私のベースパートのMIDIクリップを記録する。


[オーディオのid ="8225"]


ステップ5 - [フィルタの設定を変更する

次に、病気のフィルタをオンにして置く。病気のLP24(ローパス24dBのスロープ)に入れて、フィルターエンベロープに完全な強さを与え、それに応じて周波数やレゾナンスを調整します。下の図を参照してください。


Youllは減衰が1.53sになるように私はまた、フィルターエンベロープを調整気付く。これは低音のその抜本的な効果を与える。今それを聴くことができます。

[オーディオのid ="8226"]


そして、あなたは、Ableton Liveの中、独自の創造の瞬間ベースシンセをそこに行く!いくつかの他のオーディオファイルを試して、あなたが思い付くものを参照してください。と、覚えてシンセをしやすくするためのフィルタ、エンベロープ、ポリフォニーなどを忘れないでください、私はサンプラーはあなたはそれがしたいように動作することを意味。

Ableton Liveのシンプルな結合ローラEscudの詳細な探査のための、



Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • Zing
    Hey GW! Zingarelli from the Apple store San Fran.(We trained together, if your saying, who the F!#% is this!) Ironic I get a comp. MPV account and here you are providing excellent tutorials! No surprise there. Hope your doing well and keep up the great work!! Z...
    • 7 years ago
    • By: Zing
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: