All Articles Ableton Live
ループ、反り - Ableton Liveを使用する方法
Mo Volans on Tue, January 18th | 0 comments
Since Ableton Live 1.0 was unleashed, warping, looping and editing audio have become staples for digital musicians. Join Mo Volans as he continues this beginners guide to Ableton Live.

バックループオーディオの再生は、間違いなくであるAbleton Liveの主要な強さ。バージョン以来1.0の人が彼らの溝を同期し、既存のプロジェクトのリアルタイムのリミックスを作成するための"弾性"オーディオ機能をそれを使用している。

ライブは非常に多くの方法でループのオーディオを使用していますが、それではハイライトのいくつかを見てみましょうことができます。このチュートリアルでは、基本的な反りを実行する専用のルーパーのツールを使用し、MIDIデータに変換して溝を変換する方法を発見するでしょう。

01 - ワープとは何ですか

反りは、Ableton Liveの機能の非常に中心に位置し、多くの人がそんなにアプリケーションを愛している理由である機能です。基本的にゆがんだオーディオは関係なく、テンポの音楽に同期して維持することができます。このオーディオは任意の任意のプロジェクトにリアルタイムにドロップすることができると時間で完全に再生される。すてきなトリック。

中には、このシリーズのパート1私たちはすでに編集されたオーディオループをインポートすることを見ていたし、私たちはライブではない本当の問題とループそれらをできることを見ました。お使いのオーディオは、物事はトリッキーになり、異なるテンポで未編集しているときだと反りの出番だこれは

Abletonのの反りのシステムでは、オーディオを分析し、動的なイベント、またはお使いのオーディオ内のトランジェントにクランプマーカーを生成することができます。これらのマーカーは、効果的にオーディオを"量子化"と、プロジェクトの残りの部分でそれを同期するために使用されます。

このテクニックは、あなたのオーディオ弾性品質を提供し、正確に歪んだオーディオのテンポは、実際のプロジェクトへの変更BPMとリアルタイムで変化します。ワープマーカーはまた、あなたのオーディオのグルーブを変更し、それを再生する方法を変更できるように編集することができます。

ほとんどの時間はライブ自動的に反りのオーディオはかなり良い仕事をしていませんが、時々、あなた自身の手に掲げる事項を取るとマニュアルを行かなければならない!

02 - あなたの最初のワープを実行する

オーディオがライブになったときに、それは一般的に直ちに分析しているとワープの情報が生成されます。でも時折この自動システムは、十分な非常に正確ではないと変更がなされなければならない。

手動でワープマーカーを編集するには二重問題のクリップをクリックすると、Liveのインターフェースの下部に移動します。ここでは、オーディオのグラフィカル表現を確認してください、あなたはまた、自動的にライブで配置されているワープのマーカーが表示されるはずです。

これらは、次にShiftキーを押しながらそれらを選択して手動で移動することができます。一度選択された彼らは、移動したり、比較的容易に削除することができます。二重オーディオディスプレイの上をクリックして、新しいマーカーを挿入することができます。

ダブルマーカーをクリックすると、この状態で移動したときにロックされたマーカーを取り巻くトランジェントが"ストレッチ"し、それらをロックします。これは、エラスティックオーディオが準備され、この技術は、オーディオのセクション全体を任意の拍子や溝に合わせてツイストすることができますを使用する方法です。

アプローチの反りへの最善の方法はあなたのオーディオは、必要であれば、どのようなストレッチや量子化を行う最初にして、正しい場所であなたのマーカーを取得するには、一般的です。行われたすべての間違いを簡単に修正できるかを完全に削除できるようにプロセスは非破壊です。

03 - 基本的なループ

代わりに、あなたのワープマーカーと時間に再生してオーディオクリップと、それは、その後ループさせることができます。ループは、ライブが多いだけ数回のクリックでたどり着ける完全ループでそれのストライドで取るものです。

ワープセクションの右側には、ループ機能を見つけることができます。ループボタンが点灯して、ループの開始点と終了点を設定する準備が整いました。これは、いくつかの方法で行うことができます、あなたはどちらの波形表示エリアに位置している、または直接ループ領域に小節番号を使用してそれらを設定できますlocatersを使用することができます。

いずれの方法を使う、タイトなループを作成することは、迅速かつ直感的です。一度新しいループのオーディオに満足しているあなたはそれを専用の保存ボタンを使用して、保存することができますしている。また、あなたのループをトリミングし、ループポイントの外にすべてを流すことができる、これはコンテキストメニューダウン素早く右クリックとスクロールを介してアクセスされます。

オーディオ3 -私たちの新しく反ってオーディオをループしている

[オーディオのid ="1059"]

04 - あなたのループを変換するためのクリップベースのオートメーションを使用して

ループベースのクリップはちょうどワープマーカーと事前定義されたループポイントを保存していない、彼らはまた、オートメーションデータを含めることができます。これはループ内で関心を作成し、それらに全く新しい次元を追加するための強力なツールとして使用できます。

これらの代替クリップが音のまったく新しいバージョンとして保存し、完全に独立して元の設定にロードすることができる覚えている。理論的にはこれは、ループの多くの異なるバージョンの1つのチャネル上の異なるスロットにロードされるように持つことができることを意味します。

最初にライブのメインウィンドウの左下に小さな'E'のシンボルをヒットする必要がありますクリップにこのデータを埋め込むには。これは、封筒を明らかにするセクションと、それはあなたが必要なオートメーションデータを編集することはここにあるのです。

ここから選択するには、いくつかのパラメータがある、いくつかのクリップがベースにしてミキサーに基づいていますが、ここですべての変更は、クリップと一緒に保存できるので、それが再び使用されるときにロードされます。

そこに最もよく使用されるパラメータのショートカットはここにあり、これらはおそらく、時の概念に新たに実験して最適です。ボリューム、移調やパンはすべての偶数のドロップダウンメニューを掘り下げることなく編集することができます。

その後、データは波形表示で手動で描画および編集するための驚くほど簡単です。再びここで行った変更は非破壊的であり、いつでも変更することができます。完全にあなたのループと同期している面白いトレモロとオートパンの効果を作成してみてください。

オーディオ4 -データをパンニング基づいてクリップをループに追加されます

[オーディオのid ="1062"]

05 - プラグインの代替としてルーパー

ライブダブを作成する考えのように大々的にループにある、あなたなら、あなたは" ルーパー "プラグインは、ライブの最近の追加のいずれかをざっとみてみると良いでしょう。ルーパーは、オーディオの層に層に記録することができる無限ループを提供するテープディレイエフェクトに似ています。

ルーパーへの録音は、テープマシンやAbletonの任意のトラックに録音するのと同じくらい簡単です。層が完了するとは、満足の溝やテクスチャが作成されるまで、新しい部品を追加し続けることができます。結果は、ループ可能なクリップとして新しいオーディオトラックにドラッグ&ドロップすることができます。

このようなフットペダルとして、ハードウェアのMIDIコントローラでこの便利な小さなプラグインを組み合わせると、偉大なループを作成するための設定ギタリストやキーボード奏者の夢を持っている。

06 - MIDI機能にループを使用して

ライブでのループを編集および操作するために別の素晴らしい方法は、関数"MIDIにスライス'を使用することです。これは、スライスやマップされた準備ができて、サンプラーに新しくワープループを取得する最適な方法です。

オリジナルのオーディオとまったく同じ方法で再生されるこの機能を使用して、したがって、ループしたときに、MIDIデータも生成されます。別の方法としては、編集再プログラムまたは完全にオリジナルのパターンを破壊することができます。あなたも、完全にオリジナルの溝を廃止し、新しいスライスを使用して独自のを再生することができます。

オーディオ6 -ループは、新しく生成されたMIDIデータを使用して編集されています

[オーディオのid ="1068"]

しかし、あなたの新しいループを使用することを選択、ないのAbleton Liveはオーディオのこのタイプを処理するための最良のDAWの一つであることは否定できない事実だ。ので、いくつかのオーディオを読み込む、反りを入手して、新たにループ素材を使用してプロジェクトを構築してみてください。

詳細については空腹?これらのチェックアウトのAbleton Liveのチュートリアルを。

ご意見をお待ちしております。ご質問があるか、単に挨拶したい場合は、下記の私達にコメントをドロップ!

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: