All Articles Ableton Live
オーディオと楽器パート1 - Ableton Liveを使用する方法
Mo Volans on Fri, January 7th | 0 comments
So you have just installed your shiny new version of Ableton Live and you're ready to make a dent in the music industry. Well that's great, but before you construct your Magnus opus there are a few th

だから、ただのAbleton Liveのあなたのピカピカの新しいバージョンをインストールしており、音楽業界で凹みを作る準備が整いました。よくそれは素晴らしいことですが、あなたのマグナス作品を構築する前に、周りのあなたの頭を取得するにはいくつかあります。

冗談はさておき、任意のソフトウェアパッケージは、初心者に困難なことができますがありがたいのAbleton Liveは、ユーザーとして約それを取得フレンドリーです。そう、あなたのライブのパッケージがインストールされていると仮定し、適切なオーディオハードウェアがフックアップ、のではAbleton Liveの音楽制作マシンになるために取ることができる最初のステップを見てみましょう!

01 - あなたの宿題を

あなたがライブでどんな音を作るために努力する前に、あなたはそれらの製品とマニュアルおよび教材のAbleton Live Lite 4の供給に立ち往生して〜するのも悪くない。それは非常に面白そうだが、これは本当に報われるとそれは我々がここでカバーするものを配合するのに役立つ私を信頼していません。

誰も巨大なマニュアル、またはテキストのswathesを通じてワタリないが、インタラクティブでグラフィカルなチュートリアルに従っていることほど悪​​いと、これはライブ初心者へのアクセス権を持っているものだけですが好き。 ライブ8 101:コアのLive 8のチュートリアルでは、また、すべての必需品をステップを追って見ていきます。

Abletonは本当にその"教訓"のセクションに町になったことを通知し、アプリケーションが生まれてから、絶えず拡張されている。それはライブのメインアレンジビューの非常に右側に存在していて、それが合うように露出したり、非表示にすることができます。レッスンは、実際のビデオ、サンプルプロジェクトと作業、オーディオが含まれています。確かにその伝統的なマニュアルから素敵な変化!

02 - 最初のサウンドのインポート

ライブでプロジェクトを構築する最初のステップは、システムにオーディオのいくつかの種類をインポートしています。始めるための最良の方法は、"セッション"ビューを使用している、これはライブがロードされるときに表示されると、それはおそらくアプリケーションを使用しての最も簡単な方法を表している最初の画面です。

インターフェイスの左側にファイルブラウザを使用して開始する、ここにはあなたのコンピュータのファイル構造の明確な表現が表示されるはずです。一度あなたのベアリングは、お使いのドライブに保存されている可能性のあるオーディオを探しています。あなたから選択するオーディオ素材の膨大な量を持っていない場合はすぐに使い始められるようにいくつかのサードパーティのサンプルのコレクションを購入を考えてもよいでしょう。

Abletonはただのリズミカルなオーディオについて分析し、それからのシームレスな、弾性のループを作成することができます。ここで物事をシンプルにするためには、いくつかの以前にトリミングとループファイルをロードすることができます。

Abletonはまだここにいくつかの基本的な分析を実行しますが、トリミングを選択した場合、自然の中で単純なパーカッシブなループは何かを手動で編集することなく完璧に彼らのループを見つける必要があります。これにより、あまりにもAbletonのの、より高度な編集機能で行き詰まるばかり前に、基礎に精通する機会を与えてくれます。

デフォルトでは、ライブ少なくとも1つのオーディオトラックがロードされているだろうと、選択したファイルは、単にこのチャンネル内の空き"スロット"にドロップすることができます。あなたがいくつかのオプションを持っているより多くのチャネルを作成するには、ドラッグアンドドロップしてスペースに新しいファイルを、アクティブなチャンネルの右にあるのか、手動でコンテキストメニューを使用して作成することができます。 (これは、右クリックコマンドを使用してアクセスします)。

オーディオ - 新しい音がインポートされます。

[オーディオのid ="1007"]

新しくインポートされた音は、(正しく選択されている場合)、単に時間で再生する必要があります。各サウンドは、各チャネル内のクリップの再生ボタンを押すことでアクティブにすることができます。これで、音ずつ、または一斉に1を試聴することができます。この時点で、あなたの最初の基本的なミックスを得るために、サウンドの個々のレベルを調整することができます。

オーディオ - 基本的なミックスのすべての私達のインポート音:

[オーディオのid ="1009"]

03 - いくつかの基本的な処理を適用する

すべての良いミックスは、それの可能性を最大限に到達するための処理のいくつかのフォームが必要です。基本的な平準化から複雑なパラレルコンプレッションのセットアップに、オーディオ処理技術は、ミックスエッジを与えるものです。

そこに文字通り無限の可能性現在のページとそれがちょうどライブのバンドルされたプロセッサを使用して、あなたはもちろん、サードパーティ製品を使用してコレクションを展開することができます。物事をシンプルにするために私はちょうど私たちのミニミックスのサウンドの一つにいくつかの基本的な処理を適用しました。

お使いのオーディオ上の任意のプラグインを使用するには、単にライブのインターフェースの下部にあるストリップに必要なプロセッサをドラッグします。プロセッサが所定の位置になったら、それはすぐに活性化され、そのチャンネルの仮想シグナル・チェーンの一部になります。

このプロセスを説明するために、私は私達のミックスの最初の音に、いくつかのイコライゼーション、彩度とシンプルなデジタルディレイを適用している。 "サチュレータ'と'簡単な遅延"プロセッサは、私たちの音に、いくつかのトーンとディメンションを追加しながら、優れた"EQ eight"プラグインは、フィルタリングのいくつかのハイパスを供給しています。

オーディオ - いくつかの基本的な処理による音:

[オーディオID ="1011"]

あなたは、処理の小さくても量が長い道のりを行くことができることを、この例から、見ることができます。ミックス内のすべての要素を見て時間がかかるし、良いミックスが素晴らしいことができる!

オーディオ - ミックスで新たに処理された音。

[オーディオのid ="1012"]

インストゥルメントをロードまたは二 - 04

最後のは、我々はライブプロジェクトでインストゥルメントをロードする方法について簡単に見てみましょう。これは、オーディオをロードするために非常に同様のプロセスであるとライブの優れたドラッグ&ドロップのシステムを使用して実現されます。

楽器のセクションを見つけ、再びブラウザを使用して、これは含まれているAbletonのライブラリ内にあり、探すのも簡単なはず。ここでは、システムにインストールされ、承認されたすべての楽器が見つかります。利用可能な楽器は、購入したパッケージによって異なりますが、ライブの"組曲"版を持っている幸運な場合には、すべての機器が表示されるはずです。

今すぐあなたの選ばれた楽器を取得し、セッションビューでアクティブなチャンネルの右にオープンスペースにドラッグします。新しいインストゥルメントチャンネルが表示され、デバイスのインターフェイスは、インターフェイスの下部にチャンネルストリップに表示されます。

望むのであればもちろん、、、実際にはmanually右クリックコマンドを使用して、インストゥルメントトラックを作成することができます。ご使用の機器とのいずれかの方法が所定の位置に、新しい部品の再生と録音を開始する準備が整いました。

あなたがクリップに直接部品を記録し、ダブルクリックすることにより、それらを編集することができます。これにより、記録されたMIDIのグラフィカルな表現を与えるとは、移動、削除、メモを追加し、ループができます。

実証するために技術は私たちの単純なループベースのミックスで非常にシンプルなトップラインを記録するために、Liveの"アナログ"シンセを使用している説明。我々は現在製作中の単純なプロジェクトを持っている。次に、独自のサウンドを使用してプロセスを繰り返し試して、ライブで音楽のあなたの非常に最初の部分を構築することができます参照してください。

オーディオ - "アナログ"から来る私たちの新たなトップライン:

[オーディオのid ="1015"]

オーディオ - ...そして最終的なミックスで一緒にすべてのサウンド:

[オーディオのid ="1016"]

Ableton Liveを使って音楽を作る方法でさらに詳しい情報は ?まもなくこのシリーズのパート2をチェックアウト

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: