All Articles Ableton Live
あなたのAbleton Live Lite 4のプロジェクトにあなたのiOSシンセを取り入れ
Tadhg Leonard on Wed, November 20th 4 comments
With the multitude of synths available for iOS, making music on an iPad or iPhone has never been easier. But how do you incorporate these into your Ableton Live setup? Tadhg Leonard shows how.

ノスタルジックな80年代のシンセの第一人者を除いて、私たちのほとんどは、プロが自分のVSTまたはハードウェアと同等と鳴らすようにApp Storeで利用可能になりました多くのシンセがほとんどであるかではないという合意になるでしょう。彼らは離れている間、コンピュータからiPadにプログラムと微調整することができるという事実は、もちろん別のプラスポイントです。しかし、私たちの間でAbletonのユーザーのために、あなたは完全にあなたのライブのセットアップに組み込む傾ける場合は、iPad上でパッチを考え出すのポイントは何ですか?結局のところ、しかし、これらのiOSシンセの多くは完全に単なるオーディオケーブル(オーディオ用)とWi-Fi接続(MIDI用)を使用してプロジェクトに統合することができます。詳しく見てみましょう。

あなたが費やす前に、10ドルまたは何が難しいが稼いだ、どのようなMIDI機能の特定のiOSシンセのオファーを確認してください。のiOS 4.2とコアMIDIの導入により、iPadユーザーは最終的にオーダーメイドのハードウェアを必要とせずに自分のタブレットにワイヤレスでMIDI機器を接続する機会があった。したがってコアMIDI機能は、あなたが外を見る必要があります最初のものです。このようなセットアップでは有益であろう他のMIDI機能は、シンセとMIDIファイルのエクスポート内のパラメータをマップするが、我々は記事の後半で、これらを見てみましょう能力であろう。


ステップワン

まず、私たちはiPadとコンピュータを接続するアドホックWi-Fiネットワークを設定する必要があります。お使いのMac上で、空港のシンボルをクリックして、ネットワークの作成]を選択します。それに応じてネットワークの名前を変更し、あなたの一連の中にログオン任意の侵入を避けるために、パスワードを追加します。あなたのiPadの設定メニューでは、前述のネットワークにログオンします。

Pic 2


ステップ二つ

次に我々は我々のデバイス間でMIDIデータを転送するためにMIDIネットワークを作成します。あなたのMac上で、 アプリケーションに行く

Pic 3
Pic 4


今すぐ接続Abletonのとシンセ自体はできます。ライブでは、環境設定の下で、MIDIタブを選択し、入力と出力のドロップダウンメニューを選択しネットワーク(セッション1)の下で。タブのMIDIポートのセクションでは、ネットワークからの入力と出力は、すべてのトラックを持っていることを確認、同期とリモートをオン。

Pic 5


ステップスリー

次に命ブラウザからMIDIトラックへの外部インストゥルメントをドラッグします。これは、オーディオとMIDIへと私たちのiPad上のアプリからの両方を処理します。トラックのI / OセクションではメニューからMIDIからすべてアドイン]を選択します。これは、あなたがあなたのコンピュータのキーボードと一緒に接続されているすべてのMIDIキーボード/コントローラーからあなたのiOSシンセを演奏することができます。外部インストゥルメントプラグインでは、ネットワーク(セッション1)およびCHを選択します。 MIDIからメニューに1。このネットワークはまた、同様に、アプリの設定メニューで選択されていることを確認します。ライブにあなたのiPadから音声を送信するには、あなたがいずれかを持っている場合は、コンピュータやオーディオインターフェースの好ましい入力の入力ポートのいずれかにiPadのヘッドホンジャックからのオーディオケーブルを接続します。最後に、外部機器のメニューからオーディオにこれらの入力を選択します。お使いのコントローラのボタンを打つときに、今のアプリからオーディオとMIDI信号の両方を取得する必要があります。

Pic 6


あなたは命バーチャルシンセのいずれかと同じようにあなたは今、あなたがまだあなたのiPadからそのパラメータを微調整することができる唯一の​​違いをシンセを演奏して録音することができます。これはシンセのパッチをプログラムするには、マウスを使用してから歓迎休憩することができます。今、私たちは基本的な設定を知っていること、彼らが提供するものの余分なMIDI機能を参照するには、市場で最高のiOSシンセの2を見てすることができます。


Animoog

回答をAnimoogは革新的な、強力なシンセであることは本当に控えめな表現であろうとそのMIDI機能はどちらか失望していません。それはあなただけAnimoogからAnimoogs Abletonのからパラメータだけでなく、Abletonsパラメータを制御することはできません意味能力内と外の両方でMIDIもちろんサポートコアMIDIを行います。バージョン1.1.1は、またMIDI拡張パックのリリース(私は咳気にしなかった1アプリ内購入)の理由を見た?まあ、そのうちの一つは、Animoogでキーボードが今ベロシティとアフタータッチを含む複数のMIDIデータを送信することができるポリフォニックMIDIノートでなければならないであろう。 MIDIマッピングはまた、いくつかの画面上のコントロールが含まれるように改善され、特に独創的なX / YパッドAnimoogs。実際に住んでいると、その逆にAnimoogsパラメータをマップする方法を見てみましょう。

X / Yパッドで始まる、私たちは、コントローラ上のノブにXとYのパラメータをマップしようとしている。まだチュートリアルの最初の部分からの場所ですべてのものを使用すると、AnimoogインタフェースとヒットマップCCの一番上に設定をタップします。次のタップは、X / Yパッド、それが緑色で強調表示になるように原点Xボックスを押します。あなたのコントローラ上のつまみを移動して、関連するCC値がボックス内に表示されるはずです。原点のYボックスを使用してこの手順を繰り返します。我々は今、AnimoogのX / Yパッドの上にハードウェア制御を持っている。

Pic 7


今、反対を行い、Abletonのに制御パラメータをAnimoog作ることができます。ライブでのマッピングモード( コマンド-M)を入力し、特定のパラメータを選択します。 Animoogでつまみを移動して、CC値がAbletonの内のコントロールの横に表示されるはずです。あなたがマップしたい残りのパラメータで繰り返します。また、命のバーチャル·インストゥルメントのいずれかをプレイするAnimoogでキーボードを使用することができ、単に楽器が置かれている特定のトラックが武装され、すべてのアドインまたはネットワーク(セッション1)のどちらかがメニューからそのMIDIで選択されていることを確認します。

Pic 8


NLOGプロ

NLOG Proは従来のシンセレイアウトに多くを選ぶ、同じように強力なシンセです。あなたのライブのセットアップと統合Animoogと同様、そのMIDI機能を備えた、非常に簡単になります。そのような機能は、あなたが簡単にあなたのAbletonのシンセパターンを転送することができ、MIDIファイルのエクスポートです。それを行うにはどのように相続人。

あなたのパターンを記録するには、NLOGインターフェースの上部にテープをタップしてMIDIを打った。次にタップ記録と再生を開始。終了したら、[保存続い停止ヒット。それに応じてMIDIファイルの名前を変更し、Returnキーを押します 。今すぐエクスポート]をタップし、ポップアップメニューからのWi-Fiを選択します。メッセージは、あなたのコンピュータのインターネットブラウザに入力する必要があるアドレスで表示されます。そこから、あなたはあなたのために待っているMIDIファイルを見つけるでしょう。ハードドライブにそれをダウンロードして、ライブでMIDIトラックに上にドラッグします。

Pic 9


うまくいけば、これは、あなたのDAWセットアップにiOSアプリケーションを実装する方法の理解を与えているでしょう。そのだけではなく、プロ鳴っオーディオだけでなく、iOSの業界を作る音楽の深刻な候補作るこれらのますます強力なMIDI機能。


Related Videos
Comments (4)

You must be logged in to comment.

  • SomeSamurai
    NLog also offers a free (if I remember right) AU instrument to people who buy the app, so if you want you can just use that. Great tip on the MIDI file export though. For anyone connecting iOS synth, I highly recommend the iConnectMIDI2+
    • 7 years ago
    • By: SomeSamurai
    Reply
  • Bobskifiat
    Tadhg Was all going well until I tried to connect in the MIDI network setup. I can see the iPad, but the connect button is greyed out. I have both Cubasis and animoog running on the iPad. Any thoughts? thanks Bob
    • 4 years ago
    • By: Bobskifiat
    Reply
  • Latirua
    Bobskifiat - I had the same issue. Finally figured that if you click the plus under My Sessions to add a new session, it seems to then allow you to add it. Hope that works for you.
    • 4 years ago
    • By: Latirua
    Reply
  • Bobskifiat
    Yeah Pimlico, thanks for that - I already figured it, somebody else had posted a more detailed explanation. So I got the midi working - very cool! audio proved more difficult and I gave up. i was trying to get virsyn's Cube recording in Ableton, so i figured i'd just get the full program for my iMac - it's cool but it crashes Ableton when I try to reopen a project.... ah well it's been interesting looking at programs other than Native Instruments.....
    • 4 years ago
    • By: Bobskifiat
    Reply
Remixing in Live
Live 9 407
Dream It. Do It.
Do you want to learn Remixing in Live?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: