All Articles Ableton Live
Ableton Live Lite 4の9のポリリズムプログラミング
Noah Pred on Thu, October 10th 0 comments
There's grooves and then there's grooves. In this tutorial, Ableton Certified Trainer, Noah Pred, shows how to take your Ableton Live 9 groove creations to the next level polyrhythmically.

溝が本当に家に当たったとき、人々は、それがポケットにあることについて話が、どこからこのポケット皆について話され、そしてどのように我々はそれを見つけるのですか?このチュートリアルでは、我々は、彼らがお互いから離れて存在することができなかったかのように思われるリズムを構築し、ジグソーパズルのように一緒にかみ合うことシンコペーションの溝を構築するためにライブ9の強化されたMIDIエディタを使用していくつかのトリックを見てみましょう。


物事には順序がある

私は、すべての分音符にキック、2と4に拍手、そして明るいハイハットの2小節パターンで、ドラムラックでは非常にシンプルな4対床ハウスビートを作成することから始めます追加された感じ(写真1)のために投げ少数1/16thsた。私たちは、セットの残りの部分を固定するために、この基本的なドラム·パターンを使用します。

Pic 1

写真1

[オーディオID = "23053"]


次に、私は、ベースラインを書くためにオペレータのインスタンスを使用します。私はEマイナーのキーでここのことを書いてみますが、それは的外れだ場合は、任意のキーやスケールでこの練習を行うことができ、選択したスケールにあなたのノートを強制的にスケールのMIDIエフェクトを使用。それは我々が外にここから16分音符の量子化間隔ですべてを行うことが重要です。

あなたは、MIDIキーボード経由でベースラインを録音したり、ドローツールを使用して空のMIDIクリップにそれを書くことができます。私はちょうど1つのバーベースライン(写真2)に記録されてきましたが、私はそれは少しよりダイナミックにしたいので、私はクリップでループブレースとヒットコマンド-Dを (クリックまたはDUPL。Loopボタンをクリックしますループ2つのバー(写真3)を作るために)設定領域に注意してください。

Pic 2

ピック2

Pic 3

ピック3


今私は、ループの長さを延長したので、私はそれ(PIC 4)もう少し面白くするために、第2バーにメモを追加することができます。

Pic 4

ピック4

[オーディオID = "23051"]


対話型の取得

今、我々は所定の位置にベースラインを持っていることを、我々はその周りの溝を構築するために始めることができます。私はオルガン4ダンスプリセットを使用して、新しいMIDIトラックを作成しました。今、私はコピーして貼り付ける( または Option キー )私たちの臓器トラックに空のクリップスロットにベースラインのMIDIクリップます。

新しくコピーされたクリップの中では、私は、すべてのノートを選択し、Shiftキーを押しながら、同時にオクターブアップ、Shiftキーで有効になってちょっといいトリックをすべてのノートを移動させるために私のコンピュータのキーボード上の矢印ボタンを使用します修飾子。この場合、私は、単一のオクターブそれらをシフトアップしました。

次に、私は再びそれらをすべて選択して、すべてのメモを非アクティブ化するために私のQWERTYキーボードの0(ゼロ )キーを打つでしょう:ベースラインノートが置かれているプレースホルダは、私たちを思い出させるように彼らは今機能することができます。最後に、私は、我々は元のキー(PIC 5)外部の任意のノートをプログラムしないように注意グリッドの左上に倍ボタンを押します。

Pic 5

ピック5


私は今、我々はすでにベースライン(写真6)でノートを持って、同じリズムの間隔上の任意のを描くしないように注意して、臓器クリップに新しいMIDIノートを書くために描画モードを使用します。

Pic 6

ピック6


PRO-TIP:それはもっと雰囲気を与えるために、私は単なる単音より臓器トリガーを作成する和音MIDIエフェクトを追加します。それが少し良く適合するまで、私はまた(PIC 7)楽器フィルタの設定を調整します。必要に応じて、挿入したり、送信を介して、より多くの効果を追加して自由に感じる。

Pic 7

ピック7

[オーディオID = "23055"]


そして再び

私が作り上げた完全な溝、最も最近追加されたMIDIクリップをコピーして、残りの空の音符スロットにもっと音符を追加する前に、すべてのノートを非アクティブにするたびに持っている二、三回以上になるまで、私は基本的にこのプロセスを繰り返します。初めて、私はアナログ酸シンセ(PIC 8)のようなものを使用します。

Pic 8

ピック8

[オーディオID = "23052"]


最後に、私は電気ロードスMKIIパッチを使用します。

Pic 9

PIC 9

[オーディオID = "23054"]


上部構造

このプロセスは、本当に持続大気の音には適用されませんので、それらの後に追加して自由に感じるが、これはライブ9のMIDIエディタの便利な新機能の一部を使用して最初からリズム、シンコペーション溝を構築するための創造的な技術の詳細です。あなたの音が他のアイデアが流れていないときに採用する新しい創造的な技術を必要とするだけで重複しないことにより、ミックスに良く座る、または支援するための戦略を探しているなら、このアプローチは確かに役立つことを証明する必要があります。

一緒にすべてのトラックに耳を傾けてみましょう。


Related Videos
Comments (0)

You must be logged in to comment.

Producing Techno and House
Live 9 404
Dream It. Do It.
Do you want to learn Producing Techno and House?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: