All Articles Ableton Live
ライブのための最大の正弦波変調
Andrew Turner on Mon, November 15th | 0 comments
As any audio engineer will tell you these days, automation in a Digital Audio Workstation is the greatest thing since sliced bread. Back in the old days, on an analog SSL console you would have to rid

どのようなオーディオエンジニアは、これらの日を教えてくれますように、デジタルオーディオワークステーションの自動化は、大変立派なものです。戻る昔の、アナログSSLコンソール上では、音量のうねりを行うこととリバーブが送信するの飛沫を追加するには、トラックのフェーダーを乗る必要があります。ボブムーグテルミンのキットを販売して注し、製造フィルタ、発振器を始めた'70年代に、それは制御電圧に応じてパラメータを調節することが可能となった。モートンスボトニックは再び制御電圧を使用して、直後にBuchlaのシーケンサーでは、このさらに一歩を取り、自動作曲の時代には形を取った。

I do believe that Max for Live is the first use case with it's ability to emulate voltage control for any parameter in a Digital Audio Workstation. I have tested this out for myself in the hopes of continuing my idea of a sine wave song and I am pleased to report that it is in fact possible to accomplish this non-trivial task!

After abandoning the idea of using the live.remote~ object in Max for Live, as it was much too processor intensive, I began experimenting with the counter object in Max to count from 0 to 127 (the range of midi) in an up and down way. Although this method more closely resembles a triangle wave than a sine wave, the result is conclusive evidence that any parameter that is modulatable in Ableton Live is a candidate for virtual voltage control.

ライブを使用する場合は変調パラメータのソースとして真の正弦波を実装に興味のある方は、1000%以上にエスカレートし、プロセッサ使用率の既存のジレンマに対する回避策として、データ密度の制限を可能にする最大の新しいアップデートがあります。リモート〜オブジェクト。

-parameters: new attribute to toggle deferral of automation and remote control output to the GUI thread; off by default, this attribute can be used to reduce the frequency of value changes resulting from automation and significantly reduce processor load. In combination with the new parameter_speedlim attribute, device developers now have fairly comprehensive control over the automation of their parameters.

This is great news! I will test this procedure in the future and report results back in a subsequent article related to this sine wave song project. You can see in Figure 1 that is is possible to generate perfectly smooth automation for a parameter in Live without having to do it by hand anymore.

図1:ライブパッチ用のカスタム最大で生成された自動化(カウンタオブジェクトを介して)

さらに、あなたがより興味深い形状のために作る、変調変調することで、このテーマを構築することができます、時間をかけて等間隔の正弦波の周波数を変える遅い正弦波は、 図2を参照してください

図2:ターゲットの正弦波をシェーピング下部に遅い正弦波

パラメータの変調とその属性の高レベルでの説明と調剤、この現象が発生する原因となるMaxパッチ内の各コンポーネントを詳細に調べてみましょう。あなたは、我々はmodをボタンをオン/オフラベル付けされている右上から、このどちらかのチェックを図3を見てみましょうか、その下の"x"(xは"上"を意味する"が付いているトグルボックスをオフにチェックしている場合技術的には1)。これはそれぞれ、12および750ミリ秒でトリガするように設定され、その下の地下鉄、(メトロノーム)のオブジェクトにフラグを送信します。これは、カウンタオブジェクトは、2の意味が分を表す、数字のその後のペアから"上下に行く"と、その合計数を更新するために知っているように"ビッグバン"を送信します。とマックス。範囲。ミンからそうカウントします。マックスへ。地下鉄によって決まる速度で、バックダウンして何度でも。

地下鉄の下の数字は、現在のカウントを報告し、ボリュームや速度ラベル付けノブにデータを送信します。左側にカウンター、左側のノブの間のスケールのオブジェクトがあります。これは狭い範囲に広い範囲とスケールをそこからデータを取得。私はサイクル当たりすぎて静かにならないようにボリュームをしたかったためです。ボリュームノブは12ミリ秒に設定されて左の地下鉄、によって決定される一定の割合で変動します、そしてこれは私たちに、図1から規則的な形状の信号を与える。しかし、 図2からより多くの興味深い変化形状を得るために、私は左、地下鉄12日に地下鉄の右インレットに速度の出力を送った。これは、速度のノブの現在の値の代わりに12ミリ秒(私が最初に設定されていたデフォルトの引数)。によって指定された速度で地下鉄12の変更を行います独自のユニークなこの場合の速度、750ミリ秒、または第二の四分の三のノブサイクル率。同じトークンによってはでユニークな料金で新しいコントロールを追加するこのプロセスにより促進される曲の経過にとフェードアウト全体の体積変化、のような、さらに複雑な形状にその正弦波を変更するには、サードノブを作成することができますチェーン。これは、あなたの創造性に基づいて、ノブでこれらのレートを指定することができる興味深いパフォーマンスの状況になるだろう。ライブのためのマックスと、この新技術の美しさであること、それは性能が組成物を満たしているです!

図3:カスタム正弦波発生器、音と制御信号の両方を提供

図3は少し厄介と複雑に見えるかもしれませんが、それは実際には2つの主要なセクションで構成されています。右上のセクションでは、私はそのような地下鉄やナンバーボックス、カウンターやボタンなどの個々のオブジェクトから作成する必要がなかったの制御信号用です。しかし、左下の部分は、私はちょうどポリフォニーを説明するチュートリアルのいずれかからコピーしたものです。私はMIDIパッチでLiveインストゥルメントの空白マックスを落としたとのMIDIへのチュートリアルパッチのサウンド生成の側面とAbleton Liveのオーディオ出力から構成される部分をフックアップ。音は波形を記述する線分から来ている。私は、ラインセグメントが直列化構成手法のテーマに沿って、真の正弦波になるようにパッチが更新されます。あなたは、Maxパッチ内のオブジェクトを接続するパッチコードの一部が図3で多少異なって見えることがわかります。 1種が実線で、もう1つは縞模様の黄色と黒のラインです。黒一色の線は、データの更新のようなメッセージを表し、縞模様のパッチコードは、オーディオレートの信号を表しています。黒一色の線は、MIDIケーブル経由で音声を送信できないという点で、仮想MIDIケーブル、に似ていますが、データを送信することができます。データは遅い速度、9600キロボー、または毎秒9600キロビットの順番の周り何かで移動しなければならない。オーディオレートの信号は1480 Kbps程度に相当する、毎秒チャンネルあたり44,100サンプルの範囲で、通常です。それは、我々は、正弦波を経由して当社のつまみを調節するために信号ケーブルを使用していないことが、まさにこの理由です。

マックスは、あなたが見る事がパッチで選択のコンポーネントを選択できるようにして、残りの部分を隠すことができるプレゼンテーションモードと呼ばれる素晴らしい機能があります。 図4に示すように、ここで最も重要なパラメータは、単にボリュームノブと出力レベルだった。

図4:非常に基本的な正弦波を使用して、ライブ楽器のための一見シンプルに最大

うまくいけば、これはデジタルオーディオで、順番に、処理されているデジタルオーディオに関する興味深いスピンを置きます。制限が設定されたら、我々はそのようなAbleton Liveをして、ライブのためにマックスでそれを構築することができます楽器として完全な機能を備えたデジタルオーディオワークステーションでのデジタル合成の柔軟性をさらにアナログシンセの伝統を取るためにデジタルロジックを使用することができます。

あなたが得ることができるAbleton Liveのチュートリアルをここに

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: