All Articles Ableton Live
Abletonののビートの繰り返しを使用すると、ライブ
Mo Volans on Mon, August 29th 0 comments
Ableton Live's Beat Repeat can help you create builds, transitions and even stuttering glitchy effects in the studio or when performing. Mo Volans shows how to get it working for you.

Ableton Liveには、効果の良い数を収容するが、私の個人的なお気に入りのひとつは、ビートリピートのプラグインです。この小さな美しさは、すべての場所で​​私を続けているとアイブ氏は住んで再生するたびに、そのは私のエフェクトラックの支柱でした。

UPS、グリッチやダンスフロアの騒乱を構築作成するには、このセットを取得する方法を見てみましょう! IVEは、エフェクトを使用したことがないので、いても、インチ動けなくなることができるはず、ここのものはかなり基本的な維持


ステップ1 - ビートリピートのロード

プラグインをロードアップは、他のAbleton Live Lite 4の効果のようなビートの繰り返し。単に生活のインターフェースの左側にあるブラウザを使用してセクションオーディオエフェクトに移動し、ビートの繰り返しを探します。

効果は、現在ドラッグして任意のオーディオ、楽器またはリターンチャンネルにドロップできます。私が言うことの一つは、これは少なくともそれは、次のテクニックの場合と、インサートエフェクトとして最も適していることです!

あなたのビートにロードを繰り返し、所定の位置にオーディオループと、我々が行ってもいいですし、いくつかの適切な設定で、ダイヤルを開始することができます。 MIDIパターン、ボーカルまたは全体ドラムのキス:もちろん、あなたがここで好きなオーディオソースを使用することができます。その最高のアイブここに音楽ループのために行っにおけるビートリピートを表示するには、これはミックス全体をエミュレートするにはいくつかの道のりだ。


The Beat Repeat plug-in is located!

ビートリピートプラグインが位置しています!


:我々が使用しようとしているループ

[オーディオのid ="8256"]


ステップ

デフォルトの状態で、ビートの繰り返し、バック16の - バーの繰り返し再生されます。我々はライブパフォーマンスツールとしてそれを使用する前に、私たちは少しの変更を行う必要があります。ここで明確にする必要がある4つの主要な変更点があります...

  • Turn the Chance parameter down to zero 
  • Adjust the gate control to 1 bar, 
  • Engage the ‘No Triplet’ control and, finally, 
  • Change the routing mode to insert. 

あなたは下のスクリーンショットのデフォルトのパッチと変更されたとの差を見ることができます。

これらのマイナーな調整が行われたと、プラグインは、微調整する準備が整いました。マウスでのキーパラメータを変更することができますが、ハードウェアコントローラを使用してオフにはるかに優れています。コントロールの手を持つことが必要不可欠であるとしても簡単なものはここで十分です。

A comparison between the default patch and our custom settings

デフォルトのパッチと、カスタム設定の比較。


ステップ

このパッチを最大限に活用するためにここに制御する必要のある2つのパラメータは実際にはあります。お使いのコントローラのyoullにこれらのマッピングを開始するには、生活のインターフェースの右上隅に、大きなMIDIボタンを押す必要があります。

The MIDI mapping mode is activated

MIDIマッピングモードがアクティブになります。


Youllはすべてのマップ可能なパラメータが青/紫の色を変えるを参照してください。今先に行くとリピートパラメータを選択し、コントローラのボタンを押してください。とすぐに小さな記号が表示されるこのyoullのを参照して行うように、これはコントロールがマップされ、使用できるようになりますことを意味します。現在のグリッドコントロールとプロセスを繰り返しますが、ノブの代わりにボタンを使用してください。

A close up of the mappings used

使用されるマッピングのクローズアップ。


今あなたが使用するボタンを使用してエフェクトを有効にして、ノブと繰り返し効果のタイミングを変更することができます。少し練習を使えば、完全に時間で物事を取得し、本当にクールなリズミカルいっぱいとロールを生成することができます。お楽しみください!

A shot of the recorded movements

記録された動きのショット。


ビートリピートプラグインが動作:

[オーディオのid ="8261"]


より深く行く必要がある?これらのチェックアウトAbleton Liveのチュートリアルビデオを

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: