All Articles Ableton Live
AbletonのLiveでノベーションの単収縮を使用して
Tadhg Leonard on Tue, January 15th 2 comments
Novation's Twitch is ideally suited to work with Serato ITCH... but it doesn't stop there. Tadhg Leonard shows how you can expertly set up Twitch as a controller for Ableton Live.

あなたは、AbletonのDJですか?あなたのセットを補完するために適切なコントローラをお探しですか?その後Novationsの単収縮はあなたが探しているだけで解決策になるかもしれない。

このチュートリアルでは、我々はあなたが最適なレベルにあなたのDJセットを持参するAbletonと単収縮を組み合わせることができます多くの方法のいくつかを実行します。


ステップ1 - 設定

まず、単収縮が正常にAbletonのに話すことができることを確認するには、ダウンロードする必要がライブ攣縮Translatorを Novation社のウェブサイトから。この設定が完了すると、ライブ攣縮Translatorを開く(あなたのハードウェアを接続した後で)およびセクション内と外けいれんするの両方が設定されていることを確認してくださいダウンロードされます。

Pic 2


今Abletonの自分自身を開き、MIDI同期]タブで​​設定でリモートリモートSL(単収縮)入力と出力の両方にONを選択します。

MIDI Sync tab


今すぐマッピングを開始しましょう​​...


ステップ2 - 基本的なDJセットアップ

単収縮を考慮すると、従来のDJミキサーと同様の外観を持っているAbletonの中で関連するパラメータに、従来のDJコントロールをマップから始めてみましょう。ライブし、それらに名前をデッキに2トラックを作成し、デッキBは、両方のトラックにEQ 3とユーティリティ·プラグインをドラッグします。 MIDIマッピングをオンにします( コマンド+ M)と単収縮で同じような名前のノブでロー、ミッド、ハイダイヤルを割り当てる。

また、デッキで、デッキBと右側のトリムつまみ今すぐ単収縮の対応するフェーダーと両方のトラックとクロスフェーダーのフェーダーに割り当てる左のトリムつまみでのユーティリティ·プラグインのゲインを割り当てる。

Pic 4

Pic 5


単収縮はまたあなたのマスターとキューイングのレベルを制御するために使用されているマスター·セクションと4アウトのオーディオインターフェースとして使用することができます。

Pic 6


ステップ3 - フィルタとスクロール

単収縮でtouchstripsので、各トラック上に低域と高域通過フィルタを配置することから始めフィルタリングに最適です。強打とドロップモードはドロップが選択されたときに2種類のフィルタはとてもHP上でスワイプが選択されているtouchstripと周波数にLPの周波数をマップに切り替えるために使用することができます。

Pic 7


Ableton社と単収縮を使用するためのもう一つの利点は、それがライブのシーンをスクロールするための完璧なエンドレスロータリーエンコーダーの数を持っているという事実です。あなたは、Abletonでマッピングを開くときは、4の小さなボタンは、マスター·チャンネルでストップクリップセクションの下に表示されるはずです。それを回してロータリーエンコーダのいずれかに右端のボタンをマッピングし、それを下に押したまま同じエンコーダに一番左側のボタンをマッピングします。今、あなたは、上下にスクロールあなたのセットを介して、シーンを起動するためにダウンして押すことができます。

Pic 8


ステップ4 - パフォーマンス·パッド

Pic 9


それぞれの側に8つのパッドで4つのパフォーマンスモードを使用すると、六〇から四異なるマッピング可能なオプションを提供します。これらのパッドは、ドラムラック、エフェクトを制御し、1ショット·サンプルを起動するための理想的です。あなたはドラムサンプルをロードドラムラックのトラックを作成した場合はドラムラックのトラックが武装しているとして、あなたは限りパッドを使ってドラムをプレイすることができます。もう一つの良いヒントは、あなたのお気に入りのエフェクトとマップ上の単収縮パッドに各エフェクトのオン/オフスイッチの8とオーディオエフェクトラックを作成することです。

これらは、Abletonと単収縮を組み合わせることを最大限に活用する方法のほんのいくつかの提案です。独自の提案を提唱して自由に感じる!


Related Videos
Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • chaz
    I am having issues with the pads. I want to set them to launch clips, which i have done fine. so the left side 8 pads launch 8 different 4 bar clips on "performance mode" - HOT CUES. I want to map the next 8 pads in "performance mode" - SLICER to 8 different clips on another instrument. or even the same instrument. the PROBLEM: when i switch performance mode it does nothing essentially, the light switches on but when i try to map the 8 pads it just overrides or add's on top of the previous 8 that i had mapped. running on macbook pro, ableton live 9. any help would be great.
    • 7 years ago
    • By: chaz
    Reply
  • chaz
    also can you get one rotary nob, like the "pitch nob" (or any) to be able to scroll up and down your scene launch's? i've been able to get it to go either up or down, never both.
    • 7 years ago
    • By: chaz
    Reply
Ableton Live 8 TNT Tips and Tricks 1
Live 8 303
Dream It. Do It.
Do you want to learn Ableton Live 8 TNT Tips and Tricks 1?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: