All Articles After Effects
モンティパイソンの口のアニメーション:エフェクトの漫画の基本の後に
Richard Lainhart on Thu, September 1st | 2 comments
Monty Python's characteristic lo-fi animation style is famous across the world. In this article, Richard Lainhart shows how to create the "mouthy", lip-sync animation in Adobe After Effects CS5.

私はあなたのほとんどは定型化された漫画の口のアニメーションが元モンティパイソンのシリーズでテリーギリアムによって広め見てきた確信している。ここに良い例が(ビデオ自体は非常に品質が悪いですが)です:


コンセプトはシンプルです:人の顔の静止画像を取る、とオーディオトラックに合わせて画像の口の部分を上下に移動することによって、基本的なリップシンクアニメーションを作成します。 (その概念は、また、おそらく見てきた人気のジブ-ジャブのアニメーションに大きな効果を最近更新されています。)

このチュートリアルでは、我々は、独自のモンティパイソン風の口のアニメーションを作成するための基本を示すつもりだAfter Effectsのを 。始めましょう。


ステップ1 - あなたの資産をアセンブル

まず、画像とで動作するようにいくつかのオーディオが必要です。私は歯をたくさん見せ、私の顔のストレートでショットを使用する予定が、私の口でそうでない場合はクローズしています。

Lainhart face


このような画像は、少なくともこの時点ではあなたの最初の試みのため、操作する最も簡単なようになります。また、に口を同期するナレーションのオーディオのいくつかの種類が必要です。ここでの私が、簡単に、コンピュータのマイクを内蔵しており、自分を記録することができます。

[オーディオのid ="7970"]


あなたのオーディオを録音すると、良好な高レベルで記録し、任意の背景の音​​を最小限に抑えるようにしてください。これは、後で簡単に波形であなたの言葉を見つけることになります。


ステップ2 - あなたのプロジェクトを設定します。

After Effectsで開いて、次に、あなたの新しいプロジェクトにソースファイルをインポートし、新しいコンポジション、このような何かを設定します。

New composition


我々は我々のアニメーションを行うときに見ることになるとして、あなたの背景色を黒にしてください。それが開いたり閉じたりすると、この黒い背景は、口の内側の錯覚を作成します。


ステップ3 - あなたの層を設定

次に、同時に、まったく同じ位置で始まる、タイムラインのレイヤーペインにあなたの顔画像の2つのコピーをドラッグします。同様に、オーディオレイヤーをドラッグします。

Placing images and audio in the Timeline


ステップ4 - 口のレイヤーをマスクする

私たちの次のステップは、我々はアニメートすることができます別の口を作成するために我々の2つのレイヤーをマスクすることです。その背後にある層で、我々はそう口層として黒があるのは錯覚を作成し、明らかにされる移動することをその領域内の黒を必要としながら、基本的に、我々は、我々は別のレイヤーとしてアニメーション効果を設定する口の部分を持っている必要があります。口の内側。そう、我々は背後に層に対応する穴を切削しながら、独自のレイヤーにだけ口を分離する必要があります。我々は、Photoshopでそれを行うことができますが、それは、あまりにも、After Effectsで作業するので、我々はここでそれをやるのは簡単です。

最初に、独自のレイヤウィンドウで開きます最上層をダブルクリックします。ペンツールを選択(G)、および画像の残りの部分から分離するために、口の下の部分の周囲にマスクを描く。あなたは、マスクの上部が上側と下の歯の間の分離と整合する、とマスクの残りの部分は、ちょうど口の端と下唇の少しを概説する。あなたのイメージはもちろん、異なりますが、私の顔のためにここでは私は(私はそれを見やすくするためにそれにズームインした)を使用しているマスクです。

Mask of the mouth


マスクのエッジを平滑化についてはあまり気にしないでください。カットアウトアニメーションのこの種では、直線では外観の一部です。私は、そう私はそれがより私の歯のカーブにフィットさせることができる私はそれを置いたときにペンツールでポイントをドラッグすることで、上部中央のマスクポイントのベジエポイントを作成しましたが、応じて、必要またはそれを行うにしたくない場合があります画像上で。


ステップ5 - マスクボトム層

次に我々は、口の動き黒の背景を明らかにする穴を作るために底層をマスクする必要があります。我々は我々だけで作られたマスクを使用することができますので、これは、簡単なものです。あなたがそれを変更したり、他のマスクを作った場合を除いて、レイヤーのウィンドウを閉じて、先ほど作成したマスクは、上位レイヤのプロパティを降ろすとマスクの名前("マスク1"先となるをクリックして選択されていることを確認。)

マスクをコピーし、底層を選択し、その中にマスクを貼り付けます。両方の層が同じマスクを持っているので、あなただけの、今で分離された口の中が表示されるはずです。今すぐ下のレイヤーのプロパティをロールダウンし、マスクの反転チェックボックスをクリックしてください。

Invert the mask


これにより、マスク領域の内側を通るすべて、代わりに外を排除する。あなたは顔全体が表示されるはずです

The hole corresponds to the masked mouth


ステップ6 - 口をアニメーション化

次に、我々は口をアニメーション化し、当社のオーディオトラックにその動きを同期させるつもりだ。最初に、オーディオ波形を明らかにするためにオーディオレイヤーのすべてのプロパティtwirliesを転がり落ちる。

reveal the audio waveform


あなたが話すここで(私は後で時間にほとんど上で、私のオーディオをスライドので、クリップの開始時に右に開始されないことに注意)これで、オーディオ波形を見てみる場合には、振幅ピークが表示されるはずです各音節、および音節の間で(比較的)静かな谷。また、手動でオーディオをスクラブすると、それらのピークと谷を識別するために、タイムラインに沿って現在の時間インジケータ(CTI)をCommand -ドラッグできます。私たちがやろうとしていることは単純に谷に再び戻ってまでのピークの口層の下にアニメーション化され、。

そう、ソロそのPositionプロパティを次のように口層とタイプPを選択し、音声が始まる前にCTIを置きます。キーフレームの位置を設定するには、Positionプロパティタイムヴィヴァストップウォッチをクリックします。今最初のオーディオピークに進んでCTIを移動し、口を開くためにビットダウンのY Positionプロパティの値をドラッグします。

Opening the mouth


いくら口はもちろん、あなた次第ですが、それはあなたのオリジナルのマスクの形状、口の中のイメージそのもの、そしてどのように誇張された、必要な効果を部分的に依存する移動。

次に、、次の振幅の谷に進んでCTIを移動して最初のキーフレームを選択し、それをコピーし、新しい時に貼り付けます。あなたは3つのkeyframesclosed、オープン、closedthatは最初の音節に対応する必要があります。

The three keyframes correspond to the first syllable


ここから、それがアニメーションを完了するために、比較的簡単なことです:あなただけの(開かれた - クローズ)作られた2番目と3番目のキーフレームを選択します。次の振幅のピークにCTIを移動し、それらをコピーし、二つのキーフレームに貼り付けます。音節の長さが異なるとなると、おそらく、キーフレーム(クローズド)秒の時間で位置を調整する必要があります。あなたがそれを貼り付けた後単に振幅の谷でのでの行までそれぞれをドラッグします。 (それはおそらくあなたがこの作業中のタイムラインを拡大表示するのに役立ちます。)

また、

あなたのリップシンクをプレビューし、必要に応じて、時間にキーフレームを調整することによって、最後の仕上げ、および設定が完了したら、次のようなものが表示されるはずです。

[動画ID ="8461"]


そして、それはそれだ!常にとして、私はあなたがこのテクニックであなた自身のバリエーションを試してみることをお勧め、そして何よりも、実験と楽しい時を過す!


利用可能なエフェクトアニメーションの訓練の後、より詳しいあります。

カートゥーンアニメーションの基本-効果CS5 302の後

After EffectsのCS5 303 -よりカートゥーンアニメーションの基本

After Effects CS5 303 - More Cartoon Animation Basics

After EffectsのCS5 303 - よりカートゥーンアニメーションの基本。

Comments (2)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Stevesaxman
    Let me just say that I was reading the hub as I do daily while at work (shhh, don't tell) and when I got to step five, Richard's picture made me fall out of my seat. No sound required....That is probably the funniest thing I've seen all week and a much needed laugh at the end of a long stretch at work. Thanks, Richard for keeping us all on our toes and for the great tips. You're the man!
    • 7 years ago
    • By: Stevesaxman
    Reply
  • rlainhart
    Thank you, Steve - we appreciate it! And I'm happy to hear you've gotten some amusement out of my tutorial.
    • 7 years ago
    • By: rlainhart
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: