All Articles After Effects
After Effectsの:表現の基礎
Richard Lainhart on Tue, February 14th 0 comments
While Expressions in Adobe After Effects can intimidate many a user, there's many reasons to embrace them fully and Richard Lainhart shows us how friendly they can be.

After Effectsの式は、式は、コンピュータのコードのように見えるという理由だけでも、多くの経験AEアーティストが離れてから恥ずかしがり屋という強力なむしろ怖い機能です。まあ、それは、ソートのため、コンピュータコードです - 実際には、式では、JavaScriptに基づいて、多くのWebプログラミングで使用され、すべてのコンピュータ言語とスクリプトのように、式は厳密な構文を持っています。あなたは構文に従わない場合、コードが実行されません、多くはその構文があいまいでわかりにくい見つける。

ただし、After Effectsには、適切な構文を知っているか、基礎となるコードを理解していなくても有用な式を作成するのに役立つツールを備えています。本稿では、式を簡単に見て取り、オーディオトラックに対応するために表示される自動VUメーターを作成するために単純な式を使用する方法を紹介します。


ステップ1 - 表現とは何ですか。

After Effectsでの式は自動的にキーフレームを使用せずにそのプロパティをアニメーション化することも別の層に、特定のアニメーションプロパティに、回転のような、別のプロパティの値にそのプロパティのリンクのいずれかに適用される修飾子であるか、または。

たとえば、の、After Effectsでシンプルなアナログラウドネス·メーターを作成してみましょう:長い約5秒、新しいコンピュータを作成して、ニードルと呼ばれ、それへの新しい細長い固体を追加する - 私は私の20ピクセル、幅200ピクセル、高作りました。

Needle


は、そのレイヤーウィンドウで開きます(アンカーポイント)ツールの背後にパンをつかむと、その下端に針のためのアンカーポイントをシフトダウンする固体をダブルクリックし、その針は、その中間の代わりに、その端部を中心に回転します。


ステップ2 - ウィグル式

今この時点で針の周りに回転するので、我々はいくつかのランダムな回転キーフレームを追加することもできますが、実行するより速く、より柔軟な方法は、自動的にランダムに針を回転させウィグル式を使用することです。

だから、ソロニードルの回転プロパティにRを入力 、[Rotationプロパティ(オプションクリックストップウォッチは、新しい式を追加します)のためにストップウォッチをOption-クリック 。これを行うときは、回転のプロパティ値は、それらが発現によって制御されている、つまり、赤色に点灯していることがわかりますし、また、タイムラインと言ってtransform.rotationで強調表示されているテキストの行が表示されます:

Rotate it


また、いくつかの追加のインタフェースオブジェクトは、赤のプロパティ値の下に表示され表示されます。今、その "transform.rotation"テキストが回転にどんな式を我々が追加適用されることを思い出させる、単なるプレースホルダです。次に、依然として強調し、そのテキストを、式を追加したときに赤の回転の値の下に現れた式言語のメニュー矢印をクリック

setting the wiggle values


あなたがそのテキストから離れてクリックすれば、式が無効になっていると言って、After Effectsから役に立たないエラーメッセージを得るでしょう。現時点ではその心配はありません。ここでそれが意味するものだ。

あなたが "ウィグル"の後の括弧内に表示される単語が小刻みに動くコマンドが取ることができる、可能な引数、または修飾子があります。 "FREQ"(周波数)が小刻みに動くの量に "アンプ"(振幅)というように、小刻みに動くの速度を指します。

このウィグル式が機能するためには、実際の数字で、これらの引数の名前を交換する必要がある - それはであるように、引数がちょうどできることのリマインダですmodified.Thatのどのようなエラーが参照して - 引数は、実際に置き換えなければならないこと値を示します。この例では、我々は我々の単純な無作為アニメーションを与えれる、最後の3つの引数を削除し、最初の2つだけを変更するつもりです。

小刻みに動く():だから、括弧内にカーソルを置くと、それらの間のすべてのものを選択して削除しますので、あなたはこれを参照してください。

あなたの式は次のようになります。

The expression


そして、あなたのアニメーションは次のようになります。

[動画ID = "10149"]


小刻みに動く式は、ランダムにオーディオレベルに対応するVUメーターをシミュレートする方法で、周囲に針を回転させます。この応答を変更するには、括弧内の2つの番号を変更する - より高い最初の(周波数)数は急速に針ジッタを行います。より高い秒(アンペア)の値は、針でスイングするようになります

あなたが見ることができるように、このようなキーフレームを設定すると、多くのキーフレームを必要とし、事実の後にそのキーフレームのモーションを変更すると、多くの調整が必要になります。式を使用して、代わりに、単に値のカップルを変更すると、完全にアニメーションを変更したり、エフェクトを調整することがはるかに容易になります。

まあ、それは表現の基本的な導入です。我々はそのために、ご期待なので、オーディオトラック内の実際の振幅値にこのメーターをリンク上の別のチュートリアルでこれをフォローアップするつもりです。その間に、いつものように、実験と楽しんでください!


Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: