All Articles After Effects
After Effectsのパート2でスプレーペイントステンシルロゴのアニメーション化
Richard Lainhart on Sat, May 14th | 0 comments
In the first part, we showed you how to create the basic stencil layer and paint on the spray paint in real time. In Part 2 of this tutorial, we'll be setting up the masking for the spray paint stenci

この2部クイックチュートリアルでは、我々はのスプレー塗料で表面にステンシルされているロゴの効果アニメーション化する方法を紹介するつもりのAfter Effectsを 。余分な楽しみのために、我々は移動するカメラと、3D空間の最終的なアニメーションを撮影するつもりだ。

リアルタイムにスプレー塗料で基本的なステンシル層と塗料を作成する方法を最初の部分では、私たちはあなたを示した。このチュートリアルのパート2では、我々は、スプレーペイントステンシルのマスキングを設定し、最終的なアニメーションを作成することでしょう。そこに私を参加する。


ステップ8 - ステンシルレイヤーを複製

ステンシルレイヤーを選択し( コマンドD)それを複製。混乱を避けるために、"トップステンシル"と呼ぶ、名前の編集を可能にするためにReturnを押すと、トップステンシルレイヤーを選択して、新しい名前を設定するには、再度[Returnヒット。底層を呼び出す"ボトムステンシル":



我々はステンシルでロゴやオーバースプレーを明らかにするために描かれたダンボールのステンシルを削除しようとしているので、我々は、ステンシルレイヤーを複製している。これを行うには、我々は2つ​​の層といくつかの巧妙なアルファチャネリングが必要です。


ステップ9 - ステンシルマスクの設定

トップステンシルレイヤーを選択し、そしてそれにセットマットエフェクトを適用( 効果

図のようにトップステンシル(ほとんどデフォルト設定)のSetマットのパラメータを設定します。



ボトムステンシル層にマットを設定し適用する、と示すようにそれを設定します。



設定で唯一の違いはそのボトムステンシルであることに注意し、そのアルファマットは反転しています。我々はペイント後にセットマットを適用するので、両方の層では、レイヤーのアルファチャンネルは、同様にペイント層をマスクします。ボトムステンシルは、その反転アルファチャンネルで、唯一のボール紙エリア外の塗料が表示されますしながら、これらのアルファセットマットの設定では、トップステンシルの層は、紙層内に塗料が表示されます。我々は最上位のレイヤーを削除すると、明らかに一番下の層にのみマスクされた塗料が表示されます。また、2つのidentical layersのマスクとの間の相互作用は、ペイントやダンボールステンシルに少し余分な次元を追加して、ペイントされた文字の周囲かすかなアウトラインを作成することがわかります。


ステップ10 - 段ボールを削除します。

次に我々は、スプレー塗装とロゴを明らかにする方法の外ダンボールレイヤーをアニメーション化するつもりだ。選択されたトップステンシル層と、6秒程度にしてCTIを移動する、または単に過去のあなたが絵を終了した箇所、および位置姿勢のためのキーフレームを有効にします。この時点での値は、ここに表示されるはずです。



先に約15フレームを移動し、次に示すように値を設定します。



タイムラインでは、位置姿勢の最初のキーフレームを選択し、それらをControl -クリックして、キーフレームアシスタントを適用する



これはあなたの良い滑らかな、外側へとボール紙層の下に立ち、それをその表面上に塗料を取り、背後にある塗装文字と重ね塗りを残しを与える必要があります。立層にいくつかのモーションブラーを追加します。



し、塗料を明らかにスムーズに立ちステンシルが表示されるはずです。


[動画ID ="6735"]


ステップ11 - 光とカメラを追加

最後に、追加リアリズムのために、我々はしっかりと3D空間でアニメーションを入れてカメラやライトを追加するつもりだ、と我々はより多くの楽しみのためにカメラをアニメートできます。ので、 レイヤーを選択します。



タイムラインでの光の[プロパティ]の下回転、およびこれらの値を設定してください。



新しいカメラを追加する( レイヤ



カメラの位置と方向のプロパティにキーフレームを有効にする、9秒にCTIを移動し、示されるように位置と方向を設定します。



これは壁の前にゆっくりとカメラをアニメートします。最後に、最初のキーフレームにControlキーを押しながらクリックし、すべてのキーフレームを選択して位置姿勢のプロパティ名にShiftキーを押しながらクリックし、 キーフレームアシスタントを選択します。



このアニメーション全体をプレビューして、次のようなものが表示されるはずです。

[動画ID ="6736"]



そしてそこにそれを持って - 合理的に現実的な、様式化された場合、スプレーペイントステンシルロゴのアニメーションを。私が述べたように、より現実的な写真の層と壁とダンボールの層を置き換えることができます、そして光とカメラのための多くの異なる可能性があります。

より多くの訓練のためにこれらのチェックアウトAfter Effectsのチュートリアルを

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: