All Articles After Effects
After Effectsでサウンドとアニメーション、パート1
Toby Pitman on Wed, June 15th | 0 comments
Using sound to drive animations is a lot of fun in After Effects. If you don’t have the resources to buy a dedicated plug-in like Trapcode Sound Keys don’t worry.

ドライブのアニメーションにサウンドを使用することで多くの楽しみであるAfter Effectsに 。あなたがTrapcode Soundのキーのようなプラグインは専用のを購入するためのリソースを持っていけない場合心配しないで。抽出と変換するサウンドファイルの振幅データを、キーフレームデータにそれを回すと本当に簡単です。その後、式を使用したAfter Effectsで任意のパラメータを駆動するためにこのデータを使用することができます。

このチュートリアルではImがあなたにこれが行われる方法の基本をお見せします。 Youllはプロジェクトファイルで使用するリソースを見つける。


ステップ1 -

IVEは、新規コンポジション( コマンド+ N)を作成し、その"サウンドアニメーション"と呼ばれる。 30 fpsで8秒の持続時間との500px X 300ピクセル、。


イムは、私はシンプルなドラムビートで作られたサウンドファイルをインポートするつもり。私は、 ファイルに行くことによってこれを行う

重要:あなたがプロジェクトのサンプルレートは、オーディオと同じものに設定されていることを確認これを行う前に。私の場合で44.1。これは、 ファイルに含まれています

サウンドアニメーションにオーディオファイルをドラッグ


ステップ2 - キーフレームへのオーディオ変換

コンプで、


これが行われるときにyoullはオーディオ振幅と呼ばれる新しいヌルオブジェクトレイヤーを持っている。それを選択して、効果を示すために"E"を押してください。両チャンネルの横にある開閉用三角ボタンをクリックし、次にスライダをクリックしてください。生成されたキーフレームを表示する(下図のオレンジ色の矢印を参照)、グラフエディタのボタンを押してください。


我々は今はそれらを必要といけないように、左チャネルと右チャネルの効果を削除することができます。あなたがエフェクトコントロールパネルで見ると、あなたのスライダーが表示されるはずです。これは、オーディオ振幅キーフレームの値を保持いただきました!です。今、私たちは何かにこの上を接続したい。


ステップ3 - 変化する不透明度

After Effectsでの表現はJavascriptに基づいています。彼らは、スライダーのようなもの(私たちの両チャンネルのスライダーのような)で他のパラメータまたはパラメータを変更したパラメーターをリンクして駆動することができます。

あなたは効果がピックウィップを経由してあなたのためにほとんどの作業を行う予定の後のようなプロのようなJavaScriptを記述する方法を知る必要がいけない。ピックウィップは、視覚的にパラメータをリンクさせることができますし、After Effectsをあなたのための式を書き込みます。簡単な例をHERESに。

新しいソリッド( コマンド- Y)を作成し、それを白、100pxにX 100pxにしてください。それは、ボックスを呼び出します。


Tキーを押し 、選択ボックスの層を持つ


今、その式のコントロールを表示するために不透明度でストップウォッチのアイコン Option -クリック 。あなたには、いくつかのテキストが表示されるはずです。


オーディオ振幅レイヤー上にスライダーの上にピックウィップアイコン(よじれたシェル形の1つ)からドラッグします。


これで、AEは、オーディオ振幅の層上にスライダーの現在の値に不透明度の値がリンクされているテキストフ​​ィールドに式を書かれていることがわかります。


下のスクリーンショットを見ると、両方のチャネルの値は23.30であり、不透明度のパーセンテージが23%に切り捨てていることがわかります。オーディオ振幅のスライダーは、現在ボックスの不透明度の値を制御している。

:あなたがその何かを見ることができるようにすぐに式を打破することができます

層("オーディオ振幅")。効果("両方のチャンネル")("スライダ")

  • thisComp. : refers to the current Composition (Sound Animation)
  • layer("Audio Amplitude"). : the Audio Amplitude layer in the Comp.
  • effect("Both Channels") : refers to the effect instance inserted on the layer.
  • ("Slider") : points to the effect parameter we want to get our values from.

ときにyoullのは表現形式のこの種の多くを参照して鞭選ぶ 。ひとたびそれらをよりよく知っているそれは、それらを編集および操作が容易になります。そういえば...

...我々は、オーディオ振幅のキーフレームによって生成された値が少し低いという事実の問題のビットを持っている。ピーク値は23.30程度であり、我々の不透明度の割合を100に近い値を必要とする。

我々が簡単に表現するためにいくつかの簡単な数学を追加することによってこの問題を解決できる、4でオーディオ振幅のスライダーの値を乗算すると言う!

そう私がやらなければならないのは、表現の末尾に"* 4"を追加するだけです。

層("オーディオ振幅")。効果("両方のチャンネル")("スライダ")* 4


あなたは式にこの式を追加しても私たちに非常に健康的な不透明度の値を与えることがわかります。


これは、ボックスの不透明度値を駆動するオーディオキーフレームの結果です。

[動画ID ="6938"]


ステップ4 - スピーカーをポンピング

そう別の基本的な例を試すことができます。この時間は、画像上でのプラグインが組み込まれていますAfter Effectsのいずれかのパラメータを駆動するオーディオデータを使用するつもりでした。 BOX層を非表示にします。

Iveは私がシネマ4Dで作られた、と私のコンプにそれをドラッグしたスピーカーのイメージをインポートする。


エフェクトパネルに移動し、 ディストーションを選択します。


IVEは、これらの値を使用してバルジ効果を設定します。


今式の設定を明らかにするためにバルジの高さのパラメータの左側にあるストップウォッチアイコン Option -クリック


(スクリーンショット参照)オーディオ振幅層の上にスライダーの上にピックウイップアイコンからドラッグします。


我々は現在、バルジの高さの値が4に上がるという点で問題があります。私たちのオーディオ振幅のスライダーの値が極端に効果をmaxingされています。私が必要とする最大のふくらみの高さの値は1です。


許容範囲内でこれらの値を維持するには、23です、その最大値、でオーディオ振幅のスライダーの値を分割することができます。これは23の最大ピークレベルでは、我々は1(23分の23 = 1)のふくらみの高さの値を取得することを意味します。 23の下のスライダの値が良好である1より小さい小数になります!

ここでは、式の最後に式を見ることができます。


とここでは、効果の最終結果です。

[動画ID ="6939"]


ここにサウンドプロジェクトファイルとアニメーションAfter EffectsのmacProVideo.comハブをダウンロードしてください

サウンドを使用してパラメータを駆動することができる方法を示す簡単な例をいくつか:そうそこにそれがある。次回は病気では、配列とどのように式を使用したプロセスを簡素化するために変数を使用しているパラメータを扱うに取り掛かる方法を説明します。

うまく微調整するために音を使ってより複雑なアニメーションをいくつかのコントロールを設定します。

詳細については、After Effectsでモーショントラックと安定を

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: