All Articles After Effects
After Effectsで波紋と振ってフラグを作成します。
Richard Lainhart on Wed, February 9th | 0 comments
After Effects CS5 now includes Digieffects FreeForm AE, a powerful 3D distortion plugin that can do all kinds of warps and displacements in true 3D space that have previously been unavailable in After

After Effects CS5では、Digieffects自由形AE、以前に効果自体の後に利用できなくなっている真の3D空間にワープや変位のすべての種類を行うことができる強力な3次元歪みのプラグインが含まれています。ここで、我々は単純な振る旗のプロジェクトと自由形を紹介するつもりだ。

All you'll need to reproduce this is a public domain flag image of your own, or any kind of image you'd like to turn into flowing fabric. Let's get started.

ステップ1 - [適用自由形

After Effectsで、10秒のコンポジション( 構成を作成する

私の旗のイメージのために私はアメリカ南北戦争の時代からサムター要塞フラグのパブリックドメインの画像を使用しています。

次のようにフリーフォームを設定します。

ここで注意すべきいくつかの重要なことは、私は3D空間(回転XYZの設定)でフラグの位置を変更するにはFreeFormでは独自の3Dコントロールを使用していることですので、より簡単に波紋を見ることができます。

また、私は非常に高いメッシュ細分割値を設定している。 FreeFormは3D表面にあなたの層を回すことで動作し、より高いこのメッシュのサブディビジョンの設定、なめらかに変位がなります。ただし、まだあまり変化は見られません。

ステップ2 - 変位マップを作成する

次に我々は、さざ波ファブリックのエフェクトを作成するアニメーションを作成するつもりだ。新しい固体( レイヤーを追加します。

その後、1500(あなたがいると仮定して、タービュレントノイズエフェクトコントロールウィンドウでのオフセット乱流と進化プロパティのストップウォッチアイコンをクリックして、あなたのコンピュータの終わりにあなたの現在の時間インジケータを移動し、3000にオフセット乱流の値を設定あなたが小さいカンプで作業している場合、1280 × 720のCOMPで働いて)約2倍、あなたのコンピュータの寸法にこれらの値を設定し、以下に示すように、2倍に進化するための値:

これが何を行っているかは、それがそうする内部的に画面上を移動し、変更が大規模な、塊のノイズを作成することです。

次に、事前に構成するこの乱流騒音の層(レイヤ

ステップ3 - 旗リップルを作る

最後に、あなたの旗のレイヤーを選択し、バック自由形式のエフェクトコントロールでは、ロールダウンして

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: