All Articles After Effects
After Effectsでアニメーション化するカメラからの距離を使用して
Toby Pitman on Sat, April 26th 0 comments
Take control of your 3D layers in After Effects with this useful expression that allows you to animate using Distance from Camera. Toby Pitman shows how inside, with video examples, too.

このクイックチュートリアルでは病気は、カメラまでの距離を使用して3Dレイヤーのパラメータを制御するための有用な発現を示す。これは、多くの有用なアプリケーションがあり、使って実験する価値があります。


ステップ1 - あなたのシーンを設定

新しいコンピュータ128​​0×720pxを作成し、メインコンプと呼ぶ。

pic 1


新しいソリッド600×600ピクセル|作成し、3Dと新しいカメラ(35ミリメートルとさせていただきます)を作る。

pic 2


新しいヌルオブジェクトを作成し、制御し、3Dにすると呼んでいます。選択したレイヤーは、新しい式スライダー。 エフェクトを作成して

pic 3


ステップ2 - いくつかの層を作成し、オフセット

あなたの固形物を複製して、ストップウォッチをクリックしてオプション (ALT)による新たな層の位置パラメータにこの式を追加します。


そのような(X用、Y、Z座標)配列の最後の0を選択...

pic 4


今すぐの距離スライダーコントロールにピックウィップ(渦巻き模様のもの)をドラッグします。これはZ位置に対する距離値への参照を作成します。

pic 5


式は、基本的に(インデックス1)の上の層の位置を取得し、Zはレイヤーの座標との距離の量を追加します。あなたは、カメラを回転させ、距離値を押し上げている場合は、下位新しいソリッド動きが表示されるはずです。

pic 6


あなたが今、その層を数回複製する場合は、距離の分だけZ空間のオフセットすべてのレイヤーが表示されるはずです。クール!

pic 7


ステップ3 - コントロールレイヤーの親レイヤー

今、すべての固形物を選択して、コントロール層にホイップして選択します。

pic 8


これは、制御層の位置のみパラメータを使用して、それらを移動することができます。

pic 9


ステップ4 - 距離フェード式を作成

制御層の上に2スライダコントロールを作成して起動します。 1 FadeStart(、これは層が衰退し始め、カメラからの距離となり)と1 FadeEnd(その層は完全に透明で、カメラからの距離の距離)に電話してください。最後の開始時刻と500のために1500を設定します。

pic 10


今では私たちの式を追加します。

START = thiscomp。層( "コントロール")効果(「FadeStart ")("スライダ ");

終了= thiscomp。層( "コントロール")効果(「FadeEnd ")("スライダ ");


CameraPos = thisComp.activeCamera.toWorld([0,0,0]);

LayerPos = toWorld(anchorPointを);

違い=長さ(CameraPos、LayerPos);

リニア(差、開始、終了、0100);

pic 11


相続人は、それがどのように動作するか!

START = thiscomp。層( "コントロール")効果(「FadeStart ")("スライダ ");

終了= thiscomp。層( "コントロール")効果(「FadeEnd ")("スライダ ");

新しいスライダコントロールに鞭をこれらの変数を選択します。


CameraPos = thisComp.activeCamera.toWorld([0,0,0]);

カメラの世界の位置を取得します。


LayerPos = toWorld(anchorPointを);

層のワールド位置を取得します。


違い=長さ(CameraPos、LayerPos);

ワールド空間でカメラと層との間の距離を計算します。


リニア(差、開始、終了、0100);

距離結果を用いて、我々はLinearexpressionを使用して、0〜100の間の不透明度の値に私達の開始と終了のスライダーの値を再マッピングすることができます。

fade


私はそれが衰退し始め、カメラに固体近いを移動すると、あなたが見ることができます。

pic 12


今不透明度パラメータを選択することで、すべての固体にこの式を適用し、のみ、[編集]メニューから[コピー発現を選択します。

pic 13


固形物を選択し、[貼り付け]を選択します。

pic 14


我々は制御層の位置をキーフレーム化して、カメラに向かってレイヤーをアニメーション化した場合、我々はこれを得る。

pic 15

[ビデオID = "18788"]


あなたは私たちがカメラを回転させた場合、これはあっても動作します見ることができます。

[ビデオID = "18781"]


いくつかのアルバムの反射を作成する(ラップストランスフォームで)ネスト化したコンポジションの中に3Dレイヤーを使用しています相続人は少し複雑なバージョンでは、カバーしています。すべてがメインCOMPによって制御されているように、我々は別のCOMPのワールド空間を計算し、転送する必要があります。おそらく、別のチュートリアルの主題!

pic 16

[ビデオID = "18801"]

これらのビデオチュートリアルでのAfter Effectsの詳細情報

https://www.askvideo.com/courses/application/aftereffects

Related Videos
Comments (0)

You must be logged in to comment.

More Cartoon Animation Basics
After Effects CS5 303
Dream It. Do It.
Do you want to learn More Cartoon Animation Basics?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: