All Articles Audio Hardware
クイックライトニング!なぜサンダーボルトは、デジタルミュージシャンや映像作家のための選択のI / Oになります。
Rounik Sethi on Thu, March 3rd 5 comments
Hands-up who wants low-latency and high performance multi-track audio recording on their Mac? Me too... as well as almost every Computer musician I've ever met! Until now Firewire and USB 2.0 have bee

ハンズアップ、低レイテンシーと自分のMac上で高パフォーマンスのマルチトラックのオーディオを録音したい人?あまりに私の...だけでなく、私が今まで出会ったほとんどすべてのコンピュータのミュージシャン!今まではFireWireとUSB 2.0は、ほとんどのオーディオおよびビデオプロシューマーのハードウェアのための最も一般的な接続オプションでしたが、かなりまともに表示されるUSB 3.0のリリースで、それはI / Oが書かれていたの次の章のように見えた。私は正直になるでしょう。私は、最新のMacの中のUSB 3.0ポートが不足していると混同してほしいのです...しかし、私はやっと今その理由を理解する。今後は、デジタル音楽のスタジオのI / Oが到着しました...そしてそれはUSB 3.0ではない!

この一週間岩の下に隠れてきた場合には、待望の見逃している場合がありますAppleのMacBook Proの発表を (2011年2月24日)。強力なクアッドコアSandy Bridgeのi7プロセッサーとともに、新たな入力/出力テクノロジーは、多くのファンの運賃を発表した。広くワイヤ、それの正式名、置き換えるためにチップを渡したサンダーボルトを 、ついに明らかになった。代わりに、単にワイヤを交換しているのありふれたのUSB 3.0のための競争相手、サンダーボルトは完全に今後何年もオーディオとビデオの専門家及びその周辺機器のI / O風景を再定義する設定に見える。

適切に接続されており、

私の考えでは、デジタルミュージシャンのためのI / O接続性についての事は、常に3倍になっている。私に説明してみましょう。最初、私は常に低レイテンシにつながる、最適なパフォーマンスを持つオーディオインターフェイスを探しているときに録音し、より多くの同時オーディオ入力(マルチトラックレコーディング)を記録するための大規模なスループット。

第二に、それがすべての互換性についてです。もし高速接続のポータブルMacのセットアップを購入したい場合は、PCI - Expressは2008年からはインターフェース、DSPカードなどを接続するための多くのプロのオーディオとビデオの分野での選択肢となっている、17は"唯一の選択肢でした。その後、友人のPCまたは同じポートを共有していない新しい/古いMacにFireWireのオーディオインターフェイスを接続しようとするのおなじみの話はありません。いいえ楽しい!

第三に、そして最終的に、ないデジタルミュージシャンは、どこにでもぶら下がりワイヤーやケーブルの茄多を望んでいる。安全上の問題?多分-しかし、それは確かに私のMacBook Proの移植性の要因から取ります。それは、DisplayPortの外部モニタに接続されていることを私のMacBook Proに共通のもの、二つのUSBポートが私のMIDIコントローラマックキーボードとマジックマウス、のFireWire 800を供給しているがためにと私の信頼Apogee社のデュエットが記録するために外付けハードドライブに使用されます私の残りのFireWire 400ポートに接続して...と私はまだPCI - Expressスロットを言及していない!

それは、複数の高性能デバイスと既存のI / O規格のサポートのための十分な帯域幅を持つ私のMacにすべての私のハードウェアデバイスを接続できる1つのポートがあった場合、すばらしいと思いません?を読んでください!

一コネクションすべてを支配する

によって設計されたインテル 、アップル、サンダーボルト(製造時の光のピークをコードネーム)とのコラボレーションでは、Intel社の高性能PCI ExpressテクノロジとアップルのDisplayPortに基づいています。実際にはサンダーボルトのポートに直接、あなたのMini DisplayPortをプラグインすることができます!

サンダーボルトは、両方向に驚異的な10 Gbpsを提供します。

  • USB 2.0 = 480 Mbps
  • Firewire 800 = 800 Mbps
  • Express Card = 2.5 Gbps
  • USB 3.0 = 5 Gbps
  • Thunderbolt = 10 Gbps (in both In and Out directions!)

数値は、この現実的な例を与えるためにthemselves.Butのために話す、ハイデフィニションビデオは(私はGBのここにデータのを話している)を秒単位でサンダーボルトを介して転送することができます。 DisplayPortは、電源1080pの解像度のディスプレイを、あまりにも簡単に複数のオーディオチャネルすることができます。

サンダーボルト接続で、LaCieのリトルビッグディスク。原因2011年夏。

高いパフォーマンス?疑いもなく。このくらいのスループットでサンダーボルトは、デイジーチェーンの複数の高速デバイスに帯域幅を持っています。たとえば、潜在的にオーディオインターフェースのカップル、いくつかの高パフォーマンスのハードディスクとApple Cinema Displayを接続できます。いいえ必要なハブ - あなたのMacに接続つのポート/ケーブル、お互いを介して接続されているすべての他のデバイスと10Gbpsのは共有されていませんが、同じコネクタを介して、双方向で10Gbpsのを達成することができます!

サンダーボルトが明らかにMacBook Proのフィールドで、デスクトップマシンに編集、オーディオやビデオの複数のストリームをキャプチャするに値する代替になるバスパワー、ために接続されている周辺装置に電力の10ワットを供給するので、それはそこに停止しない。品質とサンダーボルトは、例えばApogeeのシンフォニーに接続を搭載するすべてのMacで膨れマルチトラックレコーディングの性能を想像してみて?恍惚とさせる。

そう、あなたはあなたのMacでサンダーボルトのポートを持っている...つぎは?

それはサンダーボルトは、将来のI / Oソリューションであることを、私には明らかだ。これまでに、しかし、我々は少しの忍耐が必要になるでしょう、ないサンダーボルトハードドライブ、オーディオインターフェイスや使用可能なビデオキャプチャデバイスは存在しません。これは、のような企業ですぐに変更されますレイシーApogee社がそれぞれサンダーボルト互換性のあるハードディスクやオーディオインターフェースを提供するために準備を進めて両方。 Apogee社のような会社が多くの他の中、新しいI / O規格について興奮する時にオーディオの人々は私が注意してください。

マーケティングディレクターApogeeのでショーンマッカーサーは、 "MacでIntelのサンダーボルトの技術を難しい選択および無制限のパフォーマンスの始まりの終わりを示す、"、サンダーボルトについて言うためにこれを持って、彼は続けて、" 近い将来では、サンダーボルトは混乱を取るだろうオーディオ制作のためのプロフェッショナルな接続性の標準を選ぶ。"マッカーサーは、 余りに頻繁に私達は選択に不満を感じ、お客様を見ている "、続けて:?私はUSB 3、FireWire 800の、PCIカードとそのLightPeakのものが来ている今、私たちが知っている、メーカーや顧客が、我々が向かっている場所としてで行くはずです。 "

サンダーボルトは再設計されることなく、ApogeeのシンフォニーI / Oにincoropratedすることができます

MacBook Proには、長い間多くの場合、プロセッサの電源、接続の帯域幅とバッテリ寿命が侵害されているオーディオとビデオの群集、のための移植性とパワーを約束している。今、インテルのクアッドコアSandy Bridgeのi7のポータブルプロセッサ、サンダーボルトと長寿命電池の分野でのAppleの進歩のおかげで、この約束は現実になるために設定されています。これらは、デジタルミュージシャンにとってエキサイティングな時代です - あなたはどう思いますか?

Comments (5)

You must be logged in to comment.

  • Peter Schwartz
    First of all, thanks for providing such a great overview of what this technology has to offer. And the idea of lower latency is fantastic. But latency is, per the best of my understanding, a necessary byproduct (if you will) of the fact that live audio can't be processed instantly in digital systems as can analog audio in analog systems. So while better thruput from storage devices is undoubted a welcome thing, I doubt that it's going to change the landscape in terms of latency reduction anytime in the near future. That's a processor speed thing. If our computers were able to process audio at twice the speed they can now, our latency numbers would be halved. I'm also not so crazy about the idea of having everything connected with "one cable". Cables are a good thing. It allows systems to be modular, so when a component goes down it can be repaired or replaced without affecting the rest of the system. Re this being exiting times for musicians (and probably also people involved in film, video and graphic arts) I think the most exiting thing that any musician can do is to further educate themselves on aspects of music, MIDI, and digital audio processes and let the technology serve *that*
    • 8 years ago
    • By: Peter Schwartz
    Reply
  • Rounik Admin
    Hey Peter, True... but remember this extra bandwidth of Thunderbolt can be utilised by storage devices as well as audio interfaces... Let's wait and see what magic companies like Apogee can weave... :) Ha! I should've known you'd be fond of multiple cables... But it's a good point you make. The beauty of daisy chaining is you can simply remove the offending device from the chain and connect the rest in serial as before... but your point stands on finding out which device it is that has "gone down"... Sure, I mentioned film and video people too... oh, ok I must've edited that out... OK well Thunderbolt's benefits applies also particularly to film and video creatives - but I still think this tech is a game changer for studio engineers and computer musicians (portable and studio based). I believe the technology will help musicians to focus on the important things (making music!) with fewer interruptions. Let's see how this pans out, now Quad-Cores have made their way into the MacBook Pro line and Thunderbolt looks very promising...
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Dekuruy
    Way to call it Rounik! And yes, this is exciting times for digital musicians.
    • 8 years ago
    • By: Dekuruy
    Reply
  • GaryHiebner
    This is very exciting. I am very interested to see what Thunderbolt products the audio companies release. And with regards to storage, this is a huge jump over Firewire.
    • 8 years ago
    • By: GaryHiebner
    Reply
  • Rohogay
    WOW!
    • 8 years ago
    • By: Rohogay
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: