All Articles Audio Software
iZotopeのどもりの編集のために5つのヒント
Mo Volans on Fri, May 4th 1 comments
There's no doubt that iZotope's Stutter Edit is the go-to plug-in for glitch effects, both in the studio and when playing live. Here are 5 tips by Mo Volans to make Stutter Edit positively purr!

iZotopeのスタッター編集キットのいずれかの印象的なビットです。そこに過去にバッファ/グリッチプラグインベースであったが、どれも非常にスタッター編集のようにそれを釘付けていない。ここで、このエッジの効いた効果に得ることに興味がある場合は、いくつかのヒントは、実行して地面にぶつかることを確認してくださいthatll。


ヒント1 - ルーティングと設定

アップツアーの人々どもりEditを使用して、最初のルーティングで設定した主なものの一つです。これを説明ポップアップのがあるにもかかわらず、それはまだ多くの障害と思われる。

私はこのために主な理由はほとんどのプラグインに別の方法でそのどもり編集の作品だと思います。ほとんどのDAWで(例えばロジック9)youllはまっすぐのインサート·エフェクトとは対照的に、MIDI制御の楽器としてどもりの編集をロードする必要があります。

Creating a new Stutter edit instrument in Logic Pro 9

新しいどもりを作成するには、Logic Proの9に楽器を編集します。


あなたが処理する信号は、その後、側鎖としてどもりの編集に供給されます。その後、どもりは、キーボードを使って出力を編集し、オリジナルのオーディオ出力がミュートすることができます制御することができます。この単純な概念のまわりであなたの頭を入手し、任意のアプリケーションにプラグインを設定することができるはずです。

Routing audio in to stutter edit as a side chain input

サイドチェーン入力として吃音の編集にオーディオをルーティングします。


ヒント2 - MODおよびピッチホイールアクション

吃音の編集オンザフライでのパフォーマンスとリミックスに最適です、リアルタイムでのパラメータの多くを制御することができます。ハードどもり編集に配線されているキーコントローラのカップルはピッチとモジュレーションホイールがあります。

モジュレーション·ホイールは、タイムラインの位置を制御します。どもりの編集のコア機能は、継続的にその内部の各プロセッサに2つのパラメータ間のそれはモーフ事実である。これは通常、ジェスチャーと呼ばれるものによって制御されるタイミング効果である。

モジュレーション·ホイールは、実際にはこの内部の自動化をオーバーライドし、必要性を感じるたびに、バッファとタイムラインの正確な位置を決定することができます。それが中断した場所としてすぐに微調整を停止するようにタイムラインのタイミング動作は続行されます。

それはマルチモード·フィルターに固定されているピッチ·ホイールもここで行動に取得します。ローパス·フィルタの下向きの動きの結果ながら、ホイールの上方向への掃引では、あなたに高域を提供します。これらの両方が非常に共鳴し、酸性である。

The Global Filter can be controlled nicely with the pitch wheel

グローバルフィルタは、ピッチホイールでうまく制御することができます。


ヒント3 - 回文ループ

デフォルトでは、どもりの編集タイムラインの動きは、ループの方法で終了するために最初からなります。あなたが自然の中でもう少し催眠何かを作成することを好むだろうならば、あなたは回文のループと呼ばれるものに切り替えることができます。

The Palindrome looping button is an essential parameter

回文のループボタンが必須パラメータです。


これは、プラグインのインターフェイスの上部にある大きなボタンを使用して、後方にしてループを転送するさまざまなスケジュールを引き起こすことによって活性化され...とそして!これは非常にクールな、ほとんどシームレスな効果を作成し、デフォルトのループモードに新鮮な代替手段です。


ヒント4 - タイムライン曲線

各プロセッサのタイムラインの下には、セカンダリスライダーが表示されます。このスライダの各端に凹凸波形を表す小さなアイコンがあります。これらの制御、各タイムラインの開始と終了の間の遷移の速度と性質。

When in the centre the fades are both totally linear

中央にフェードは両方完全に線形であるとき。


あなたはタイムラインの動きの開始時と終了時の速度を調整することができます。あなたが本当に線形曲線が必要な場合には、中央にこの権利を残す必要があります。


ヒント5 - リリース量子化

どもりの編集についての素晴らしいことの一つは、タイミングが、そのほとんど弾丸の証拠(あるいは馬鹿の証拠は、あなたがそれを見てどのような方法によって異なります)ように設定することができ事実である。これは、あなたのクオンタイズのグリッドを設定し、吃音と​​ミックスの残りの部分で時間を使い果たしているバッファへの影響を心配することはできませんことを意味します。あなたはDJやライブパフォーマンスである場合に最適です。

しかし、時にはあなたは少し早いか遅いキーを手放す可能性があります。これは、間違った時に来て乾燥したオーディオにつながる、それがなりたいので、においは全く同じようにタイトではありません。

Quantized release will give you even tighter transitions

量子化されたリリースを使用するとさらに緊密なトランジションを提供します。


グリッドのすべてOnにリリースモードを設定することにより、完全にロックされており、再度恥ずかしいスリップアップを心配する必要はいけ保持されます。群衆は野生等を行く



Related Videos
Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • Doj
    Wow, awesome and simple. A good little bit to get started tweaking. Thanks!
    • 8 years ago
    • By: Doj
    Reply
Stutter Edit: Explored
iZotope Stutter Edit
Dream It. Do It.
Do you want to learn Stutter Edit: Explored?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: