All Articles Audio Software
アルペジエーターの基本ガイド
Mo Volans on Mon, February 7th | 0 comments
When putting together melody laden projects arpeggiators can be an indispensable tool. Before you get stuck into your first arpeggiated patterns it's worth becoming familiar with the basic modes and t

メロディを含んだプロジェクトのアルペジエーターをまとめるときには、必要不可欠なツールとなることができます。あなたが最初のアルペジオパターンにはまり前にそれはあるアルペジエーターの基本モードとタイプに精通する価値があります。

アルペジエーターとそのモードでは、このチュートリアルでは、理由、Ableton Liveを、Cubaseと、さらに多くのサードパーティ製インストゥルメントとエフェクトプラグインに適用可能です。

方法のガイドのためのこのチュートリアルをチェックアウトロジックの内蔵アルペジエイターを使用する

To learn more about arpeggiators and their modes read on...

アルペジエートモード

あなたが使用することを決定したアルペジエーターのどのような味は、その彼らがすべての共有同様のDNAを見つけることができます。アルペジエーターが使用するモードでは、一般的にそれらをすべて使用できるものを使用する方法を学ぶそうだとすれば、通常はかなり似ています。

アルペジエーターには、キーボードで弾いた音(またはピアノロールのプログラムを)取ると秩序、シンコペーションのパターンにそれらを変換することで動作します。キーボードのスキルは素晴らしい以外の場合には、これは本当に完璧です。

あなたのアルペジエーターを設定するための鍵は、それはそれのパターンの構築について、どのようになるかを理解することです。あなたがアルペジエーターに3つの音符の和音を再生する場合には、その後、これは多くの場合、モードと呼ばれるものの順序インチバックこれらのノートを再生するように指示する必要があり、から選択するいくつかは、時々あります。

このような"アップ"、"上下"、"停止中"とさえ"ランダム"のようなものを見る傾向があります。これらの異なるモードでは、単に入力されたノートが再生される順序を変更します。順番にこの変更は、作成したパターンに大きな違いを作るので、それらすべてを試してみてください。

また、音符の長さ、速度/タイミングとあなたも、ゲートを見つけるかもしれないし、保留和音を再生するためのラッチ制御などのほとんどのデバイスで他のオプション、が存在します。すべての真価が分かる人は若干異なります。しかし、学習曲線があまりに急ではない。

スタンドアロンアルペジエーターデバイス

アルペジエーターの異なるタイプにあなたの別のアプリにあるはずです。スタンドアロンのデバイスは、おそらく最も柔軟で強力な場合、 理由のRPG - 8は、品種の優れた例です。

RPG - 8はおそらく美しいアルペジオを作成するために必要な全てのパラメータがあります。他のスタンドアロンデバイスと同様に、このニーズは、使用する機器に物理的に接続されているのに。その理由は、この他のアプリケーションを実行する仮想CV / Gateのシステムを使用して同様のデバイスをインサートとしてロードする必要がある場合があります。

オーディオ - RPG - 8減算シンセサイザーに接続されている。

[オーディオID ="1120"]

内蔵アルペジエーター

最も使いやすいアルペジエーターのいくつかは実際に測定器のインターフェースに統合されています。そこに作るために以下の接続は、通常、シンコペーションが緊密であり、より迅速に反応する。

そこにこのタイプのアルペジエーターを含むかなりの数のシンセは、それらが複雑に変化するかが、あなたがそれらはすべて、非常に有用なもの見つけてください。内蔵アルペジエーターとシンセのいくつかの例は、 コルグPolysix、Arturiaのジュピター8Vと Novation V - Stationのです。数百人がよりそこに文字通りあるので、あなたが二重お気に入りのプラグインのスポーツ場合は、この機能をチェックしてください。

オーディオ - アクションのPolysixのアルペジエーター:

[オーディオのid ="1122"]

MIDIプラグインのアルペジエーター

最後に、アルペジエーターの一種以上、MIDIプラグインがあります。これらのプラグインは多くの場合、DAWのにバンドルされており、MIDIトラック上に直接ロードすることができますし、MIDIを直接影響。

アルペジオは、既存のMIDIパートに適用することができるので、これは別のルートです。したがって、上記のプロジェクトからの和音は、簡単にアルペジオの治療、代替部品をリミックスまたは作成するための素晴らしいトリックを治療することができます。

エレクトロニカのサウンドは、崇高なアルペジエーターパターンの作成 ​​方法の詳細をお知りになりたい、またはちょうどあなたの音楽制作ソフトウェアを最大限に活用する方法を学びませんか? これらのtutsをチェック!

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: