All Articles Audio Software
Flexのピッチにオートチューンから:高値
Joe Albano on Sun, September 6th 1 comments
"Auto-Tune" is ubiquitous with pitch corrected pop vocals. But pitch correction processors can be used both creatively and to correct performance errors. Joe Albano delves deep into the main players.

オートチューンは、最初のシェールの曲に(1998年に国民の意識にその方法を働いて以来

ピッチの処理は、その謙虚な始まりから進化してきました

実際には、ピッチ処理がプログラムとそれを行うプラグインの数十があることが最近はそう遍在し、それらはすべて、簡単に機能を最も基本的な(自動補正)を処理しながら、それは、より高度な処理タスクに来るとき、彼らテーブルにわずかに異なるレイアウトや機能をもたらします。そして、最も先進的なプロセッサの数は、独自のユニークな機能を提供します。

Fig1. A few Pitch Processors (clockwise from top): Melodyne, Auto-Tune, Revoice Pro; Logic’s Flex Pitch; Cubase’s VariAudio.

この記事では、私

Common Ground

すべての近代的なピッチのプロセッサは、アウト・オブ・チューンノートの自動修正イントネーションする能力を持っています。自動補正プラグインはリアルタイム、非破壊的な操作としてこれを実装します。あなたは、単に、オーディオトラックにピッチ補正プラグインを挿入素早く設定のカップルを作り、遊びを打ちます。リアルタイムの自動補正の祖父は、もちろん、オートチューンだったが、それ

あなたは以下を参照することができますように、メインコントロールは基本的に同じです

Basic (and more advanced scale) controls in Auto-Tune and Logic’s Pitch Corrector plug-in

図2.基本(と、より高度なスケール)オートチューンとロジックのコントロール

速度設定は、プロセッサは、オーディオのオフピッチノートの検出にどのように反応するかを迅速に決定します。これは(事実上)目立った副作用で、透過的にそのジョブを実行するか、そのよく知られている特殊効果を提供するために、どちらかに自動修正を得るための鍵となります。周りに60〜100ミリ秒からの速度設定は、すべての歌手が行うのノート間の自然知覚できないスライドを保存します。速度が最速の設定に設定されている場合は、ピッチが完全に量子化されます

ほとんどの自動補正プロセッサはまた、通常、ユーザーが音階にのみ、特定のノートにピッチ補正を制限することができます(ユーザが調整可能)スケール設定(図2)、のためのオプションが含まれます。オートチューンはビブラートとフォルマントのコントロール(図2)を含むだけでなく、より高度な機能を持っています。

オーディオ例1:ボーカルライン:オリジナル;微妙に自動補正し、ロジックを使用した最初の

[オーディオのid = "36012"]

[ad_unit]

Off The Grid

ノンリアルタイム(オフライン)グラフィックピッチ編集機能は、(オートチューンは、両方のモードを備えています)、いくつかの自動補正プラグインに含まれており、多くのDAWは、リアルタイム(プラグイン)とオフライン(グラフィック)の両方の機能を持っています。グラフィックピッチエディタは、今では、かなり精通しています

Fig 3. Graphic Pitch Processors (clockwise from top left): Auto-Tune’s Graphic mode, Logic’s Flex Pitch, Cubase’s VariAudio, Melodyne, Revoice Pro’s Warp Process.

図3.グラフィックピッチプロセッサー(左上から時計回りに):オートチューニング

すべての場合において、音声は最初に分析されなければならず、編集を開始する前に、個々のピッチは、検出します。これが行われると、ノートバーを自由にドラッグ、または個別のピッチにスナップすることができます(もちろん、これらすべてのグラフィックディスプレイで、タイミングも同時に調整することができ、ここけど

Additional pitch-related parameters that can be edited in graphic displays (shown in Flex Pitch).

(Flexのピッチに示されている)グラフィック表示で編集することができます図4.その他のピッチ関連パラメータ。

グラフィックピッチ処理は、元の曲のコピーから、特定のハーモニーのマニュアル作成のように、カスタマイズされた創造的な編集を可能にします。そして、ピッチは既に(処理を可能にする)が検出されているので、ほとんどのグラフィックピッチ編集者はまた、スタンダードMIDIファイルとして保存され、audiofileからMIDIノートの文字列を生成し、オーディオ・ツー・MIDI変換機能が含まれ、これはすることができますその後、機器とボーカルラインを倍、またはMIDI・トリガサンプル(オーディオ例2)で録音するより少なくよりオオワシ響き楽器を交換するように、創造的な用途のために戻ってDAWにインポートすること。

オーディオ例2:低音のオーディオトラックがサンプリングベース(元の音声は、MIDI変換)トリガ、MIDIに変換します:

[オーディオのid = "36013"]

[courses_slider]

Differences and Special Features

さて、これまでのところ、私

それは最も基本的な是正タスクになると音質に関しては、ほとんどのリアルタイム自動補正プラグインは少し重要な可聴差が仕事を得ます。しかし、彼らは最良の結果を得るために異なる設定が必要な場合があります。例えば、私

グラフィックエディタでは、最大の音質の違いは、それが許容できないほど人工/処理された(munchkinization)の音を開始する前に、彼らは離れて、元のピッチからのノートをピッチシフトすることができますどの程度まで通常です。一般的に、プロセッサのIほとんどで

オーディオ例3:ロジックとピッチシフトにより作成したものと同じハーモニーライン

[オーディオのid = "36014"]

(1)オリジナ​​ルのオーディオを。 (2)論理ハーモニーライン;一緒に。 (3)のMelodyneハーモニーを。一緒に。 (4)再び声に出すハーモニー。一緒に

To Each His Own

ほとんどのグラフィックピッチエディタのレイアウトと機能セットはかなり似ていますが、いくつかは少し異なるを提示。 Pro Toolsの

論理回路

Editing features in Logic, Cubase, and Melodyne

図5.編集ロジック、Cubaseの、とのMelodyneでいます。

[ad_unit]

Special Sauce

特に、ユニークな余分な機能を持つ2つのピッチプロセッサはプロ再び声に出すとのMelodyneです。

再び声に出すProは、特殊なアプリケーションであります

Revoice Pro 3.1’s Warp Process has a new Pencil Tool for pitch curve editing

図6.再び声に出すプロ3.1

Polyphonic Power

おそらく最も印象的なピッチ処理機能があるのMelodyne

Melodyne’s DNA—Direct Note Access—polyphonic pitch processing feature in action (the red “blobs”)

図7のMelodyne

オーディオ例4:主キーアコースティックギターのコードは、補正されたピッチとのMelodyneとマイナーキーに変更

[オーディオのid = "36015"]

DNAの機能は、ピッチ処理技術の現在の最先端を表します

それが私たちのオーディオ録音でピッチを微調整に来るときしかし、今のところ、現在利用可能な様々なツールは、編集可能性の富を提供しています。どちらのDAW、プラグイン、または選択したアプリケーション、あなた

Melodyneのビデオコースを見るこちら

プロ再び声に出すの動画を見るコース3 こちら

ロジックプロXのフレックスピッチ上の動画を見るコースはこちら

Cubaseの動画を見るコースはこちら

Related Videos
Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • lucas pottersky
    really cool article! thanks for the great summary on current state of the art pitch correction tools! =) Now, I didnt exactly understand Melodyne's DNA. On their website, they say the basic (essential) version has: "Universal – Complex, polyphonic material without DNA Direct Note Access™". So, looks like DNA isn't just about being able to detect Polyphony?
    • 3 years ago
    • By: lucas pottersky
    Reply
Advanced Melodyne
Melodyne 201
Dream It. Do It.
Do you want to learn Advanced Melodyne?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: