All Articles Audio Software
将来の保証オーディオプロジェクト
Gary Hiebner on Sat, November 26th 3 comments
Software versions are constantly changing so how you can be sure your current projects can be accessed in 10 years? Gary Hiebner looks to the future with these tips on archiving audio projects.

私は献身的なロジックとAbletonのユーザです、そして我々は、おそらくすべて持っているなどのアプリケーションの両方で完成と未完成のプロ​​ジェクトのかなりのコレクションを獲得している。しかし、それはソフトウェアに来る現実がある:私達が今日使用するソフトウェアは、将来的には前後になる場合があります。だから将来を見据えたオーディオプロジェクトに最良の方法は何ですか?あなたがノスタルジアのダッシュを持っていると周りに敷設されている曲で作業したいが、使用される特定のソフトウェアを中止、または将来のオペレーティングシステムで動作しなくなったされている場合、あなたは何を行うのですか?ここに上記のシナリオが発生しない場合にだけ利用するいくつかの準備手順は次のとおりです。


01オーディオとMIDI

それはオーディオソフトウェアと、バックアップまたはアーカイブするために来るとき、あなたの最善の方法は、オーディオファイルとMIDIです。

オーディオファイル形式は、(最も一般的なWAVおよびAIFF)1990年代初頭から実施されている。そこに将来のオーディオファイル形式の異なる化身であるが、WAVやAIFFは標準的なフォーマットですがあります。それぞれのプラグインを使用してプロジェクト内の各オーディオファイルをバウンス/エクスポートの習慣をつけて下さいとバックアップ/アーカイブの目的で、有効なチャンネルを送信します。もしそのファイルが必要になる可能性があるときは、知っていることはない。あなたはあなたのその一曲のためにノスタルジックな瞬間があるときにお好みのDAWまたはその好きなプラグインは、10年に生産されない場合があります。それは、各オーディオトラックをエクスポートする面倒な作業かもしれません。あなたが傾けるそのベースラインがどのように聞こえたかを覚えているときが、将来的には私に感謝、youllのを待ちます。

あなたがファイルから論理ですべてのトラックをエクスポートすることができます

Export all track as audio files


Abletonのでファイルを選択します。

Export all tracks in Ableton


MIDIは、1970年から出回っている。だから、もうしばらくの周りになると言っても安全です。私はMIDIのフォルダに、プロジェクトに関連するすべてのトラックのためにMIDIファイルをエクスポートする推薦する。これは、将来のプロジェクトにあなたのMIDIファイルをインポートし、必要に応じて他のソフトウェアインストゥルメントに割り当てることができます。

ロジックでエクスポートするMIDIリージョンを選択し、 ファイルにアクセスしてください

Export MIDI in Logic


Abletonのでは、あなたがエクスポートMIDIクリップ(Shift +コマンド+ E)をエクスポートし、選択したいMIDIファイルを右クリックします。

Exporting MIDI in Ableton


また、オーディオとMIDIファイルとの良好な命名規則のメソッドになる。あなたが数年後にファイル名を見れば、その意味を知っているようにかなり正確である。あなたが鋸歯状のベースの音が記録されている場合たとえば、少し曖昧であるだけではなく、bass.wavまたはbass.midのノコギリbass.wavまたは鋸歯bass.mid、、を呼び出します。

Filename conventions


02プラグインとソフトウェアインストゥルメント

ソフトウェアプラグインとインストゥルメントの開発者はしばしば、彼らのソフトウェアアプリケーションをアップグレードすると変更する。たとえば、あなたが古いApple G5にABSYNTH 3を使用するプロジェクトを持っていたが、今ABSYNTH 5でインテルのiMacを持っている場合。あなたは、古いプロジェクトを開く必要があり、ABSYNTH 5とABSYNTH 3を(これは新しいMacにIntelチップと互換性がない)に置き換えられます。これは私の次のポイントに私をもたらします。

あなたがそれらの設定の考え方を持っているように、また、プロジェクト内のすべてのシンセのスクリーンショットを作ることができます。あなたがABSYNTH 3のスクリーンショットを行った場合例えば、、あなたは、ABSYNTH 5にしてもそれらの設定を転送することができます。あるいは、同様にプラグインのプリセットを保存することができます。 ABSYNTH 3のプリセットは、ABSYNTH 5で開きます。

また、それに応じので、1つはあなたが最後に使用したプロジェクトまたはファイルであったわかっているファイル名を日付。を見てくださいファイル命名規則の管理やファイルに関する私の記事よりよいアイデアを得るために。

また、各チャンネルストリップの詳細(プラグインがチャンネルストリップと設定に含まれる)、およびボリューム、パン、リバーブ、および自動化の詳細を含む予定の簡単なテキスト文書を書くことができます。

ここでは私が私のオーディオファイルのバックアップ用のフォルダーが作成されて見ることができる、私のMIDIのバックアップ、私のプラグインやソフトウェアインストゥルメントのスクリーンショット、および詳細に私のオーディオチャンネルストリップのボリュームを含むテキストドキュメント]フォルダには、パンと設定を送る。

Folder arrangement


03おわりに

今日我々が使用するソフトウェアは明日利用できないかもしれないことを考えると、その良いではない。しかし、我々は我々が行下にプロジェクトを開くにはご希望の場合、我々は将来的に使用しているツールでそれをすることができるよう、私たちのオーディオ作品を保護するために利用可能な最善の対策を講じることに自分自身にそれを借りている。私はこの記事では、フルプルーフバックアップしてオーディオプロジェクトをするために適切な措置をとることができます願っています。


Comments (3)

You must be logged in to comment.

  • Huxeveu
    Fortunately you can open a project in Logic 9 that used an old Absynth 3 plugin. The plugin settings and everything will be preserved, but no sound will be played. The instrument plugin is crossed out. This is so great as one can exchange projects with colleagues that have other plugins and no setting from their other plugins is lost. Unfortunately, Logic does not show which preset was loaded. Most of the presets from Absynth 3 are still there in Absynth 5. It would be nice just to drop in the Absynth 5 plugin and all settings would be taken over, or at least, Logic would show which preset was loaded (even though you lose all tweaks). You really have to be organised and write this stuff down to the track notes. But people are lazy and I for example tend to change instruments at a later stage all the time until I get the right sound. So I would have to update the track notes constantly, losing the creative flow. It would be nice if Logic would have a rudimentary "auto document" feature where it would just dump down plugin settings in clear text so you could at least try to make sense of it and read the "preset" that was used. Chris
    • 7 years ago
    • By: Huxeveu
    Reply
  • GaryHiebner
    Great idea Chris. It would be insane if Logic would implement something like this where dump down plugin settings. But until then, make sure you always have a bounced down audio version of your software instruments just in case of situations just like this where an older plugin does not load.
    • 7 years ago
    • By: GaryHiebner
    Reply
  • Zydalii
    Nice article, but you should add one thing: After you do all that backup, copy it to _another_ disk, preferable a portable one. Then store that disk somewhere offsite.
    • 7 years ago
    • By: Zydalii
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: