All Articles Cubase
CubaseなどのDAWでの編集テクニックをカットアップの作成
Mo Volans on Fri, June 17th 0 comments
Cut and paste editing is a pretty broad subject, simply because the possibilities are almost limitless. So with this in mind, we’ll just concentrate on a workflow...

編集を切り取って貼り付ける可能性はほぼ無限なので、かなり広いことがあります。このことを念頭に置いて、うまくパターンを作成するワークフローに集中

猫の皮を剥ぐとビートをスライスする方法はたくさんあり​​ますが、これはちょうどそれらの一つです。それは編集のこのスタイルには比較的新しいものあなたの人々に便利です。


ステップ1 - あなたの部分を特定し、コピーします。

ここで最初のステップは、スライスやダイス、すぐにそれをコピーしたいオーディオ部分を決めることです。これにより作業のオーディオのバックアップを作成し、それはあなたがあなたの仕事のいずれかに不満があるなら何も問題がなく、ロールバックできることを意味します。

The original part with a drum loop

ドラムループとオリジナルの部分。


私は仕事に余裕があるし、それが誤って発生しようとしてのカットアンドペーストハリケーンにスライスされないように、私はよく道を外れてコピー、移動する傾向がある。

The part is copied ready for editing

一部は、編集可能な状態でコピーされます。


元のループとドラムのパート:

[オーディオのid ="7036"]


ステップ2 - Slicey、Slicey

今我々が安全な部分を持っていることを我々は、はさみツールを取得するには、その時間をカットすることができます。もちろん、我々は、Cubase 6を使用しているが、それは本当にあなたが使用するDAW重要ではない、彼らはすべて私がここにあるものと同様の基本的なオーディオの切削工具が必要です。

The cutting tool is selected

はさみツールが選択されています。


今、最初のカットをする時間。私は明らかに一過性のイベントでカットを開始する傾向がある。均一な溝またはループでは、これは第8または16音符の分割になってしまうかもしれませんが、より有機的、あまり動的なファイルであなたがより多くのランダムなパターンに向かって引き寄せられるかもしれない。

など、音の重要な部分を持っている限り、あなたのカットは、使用している限り、個々のすることができます!

The basic cuts are made

基本的なカットが行われます。


ステップ3 - あなたのグルーヴを作る

今すぐスライスオーディオの下に新しいトラックを追加。これは我々の新しい溝を作るために使用するトラックになります。元のトラックをミュートし、私たちの新しい空のトラックにキーセクションを下にドラッグして開始します。

、重複するセクションをドラッグして部品をコピーして、それらを再発注してみてください。また、部品を逆にフェードを自動化し、部品がさらに短くするために更なる削減を行うことができます。私も時々時間に任意のギャップを埋めるために特定のセクションをこじつけのように。

The new groove takes shape

新しい溝が形を取っている。


あなたのトラックの残りの部分は再生中にタスクのこのセクションを実行する場合は、よりインスピレーションを感じるかもしれない。あなたはそれが少し多忙な音見つけた場合、単にドラムとベースに戻ってそれをカットしてみてください。

Extra parts and automation are added

余分な部品と自動化が追加されます。


もちろん、これはきめ細かな耳と良い味の小さな用量を必要とするが、より重要なのは、たくさんの経験の一部です。だから私は実際にはここがいかに重要であるか十分に重点を置くことができない。これは本当にマスターしたいものである場合、それはハード日常ヒット。

アップシーケンスの新しいカット。

[オーディオのid ="7037"]


ステップ4 - エフェクトを追加し、最大仕上げ

一度あなたが、あなたのプロジェクトでそれをミックスし始めることができると満足しているパターンを持っている。多くの場合、このプロセスをさらに自動化といくつかのダイナミクス処理を伴います。この場合、私は物事をかなり単純にしていると少し物事を開くためにクールなフィルタリング遅延のビットを選んだ。

Finally some filtered delay is introduced

最後に、いくつかのフィルタ処理遅延が導入されています。


うまくいけばこれは編集のこの種を作るの少なくとも一つのやり方であなたの頭を得るのを助ける。将来的には病気のより多くの経験豊富なエディタでも同じテーマでいくつかのより高度なチュートリアルを書く!

とここでは私たちの最終的な編集です。

[オーディオのid ="7038"]

をより深く得るためにmacProVideo.comでこれらの新しいチュートリアルをチェックアウトCubaseの6の素晴らしい世界

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: