All Articles DJ & Live Performance
私はリストによ...願わくば
DJ Wolfie on Thu, December 2nd | 1 comments
In today's blog, I'm going to share some social engineering technology. Yes. Soft synths rock. Yes. The latest VST sounds... Great! But how will that help you get the freaking guest list figured out

本日のブログで、私はいくつかのソーシャルエンジニアリングの技術を共有するつもりです。

おそらく、あなたは時々クラブでプレー。おそらくあなたは、イベントがすべての時間を促進する。おそらくあなたは、週にスタジオで7日間に座る、そしてあなたとトラックを生産するDJは、常に彼のゲストのリストにあなたを置くことを忘れて。あなたが彼のすべてのトラックを設計し、配置を考えると、あまりにも、かなり失礼な!

マスタリングゲストのリストをの秘密。

まず第一に、可能な限り早期にリストに名前を得る。

プロデューサーやミュージシャンがギグの日非常に忙しいです。

言われていると、ミュージシャンとして、私は私の電話の90%ギグの夜を得る。

I came up with a clever way to handle my guest list without having to sweat the last minute add-on's.
What I do is create fake names.
Yep. Simple, and brilliant. Say I get 5 comps from the promoter. I come up with 5 names, and put them on the list and turn that in a week ahead of the event.

私は、シーケンシャルの名前を使用

嘆願の電話やテキストはギグの夜に来ると、私は単に"はい、リストにしている。としてA.アダムス"と言う。

次のコール。 "はいママ、リストにしている。あなたがドアでB.アダムスなら、それらを伝えることが.....ない私はショーで私の母を持つように恥じて​​いないよ、私はただのコード名を使用して....そのお母さんは言っていない、私はあなたが出てきている... ...はい、あなたが私のお母さん方皆に指示することが大好きです。"

ちぇっ。

時には、あなたがよく知られているとき、その良いアイデアは、私の友人ブライアンフォーリーが私に教えたように、コード名としてリストに載せれる。

何が起きたかというと、あなたが見る、ということです

リストミストレス:あー!あなたは本当に、DJ Wolfieね? ?私:うん。 ?リストミストレス:あなたが内側にすでにいるああ、ので。私は、すでにDJがでWolfieせてきました。

私:本当にあー?彼はどのようなものでした。 ?リストミストレス:ゴーティー、茶色の髪。 ?(これは言うことによってあなたのキャンプは、バーニングマンにある誰かに伝えるようなもの、"それは、RVの近くだといくつかの車のポートの日陰の構造は、前面から存在する")

私:彼は誰とだったのですか?

リストミストレス:の束は、ラボの男を行います。彼はかなり少年のタイプのようなものだった。

私:アハhahahahaha ..... reeeeeeallly。私はちょうどそれが誰であるか知っているかもしれないと思う。

List Mistress: Go on in.
Straight to the back area. Pumpkin's rocking it proper. I find Bryan Foley. and I say to him: ?"Hey, DJ WOLFIE, how You been?" Foley: Dude! So sorry, I didn't know you'd actually be coming out tonight....

ブライアンフォーリー

DJ Wolfie

I find the whole thing completely hilarious. Like, I've seen Bryan work so hard on so many setups, build so many stages, carry so many of his band mates drums, pack so many 40 foot stake-beds to the top, then be the one driving them to the site.... Really, unless you're there for set up or break down, you have no idea how hard working Bryan is. So I told him: Dude, I'll give you my comp any day of the week. You've earned it.
Of course when I get to The KING KING for the next Do Lab Party I'll be letting the door person know Im on the list as "BRYAN FOLEY." And the next time I go to Ritual, I'm going as "DJ Coyote".  Hmm. I hope Bryan doesn't read this.

Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Martin
    Great Editorial ... Reminds me of the 90s when I used to do club nights in Victoria BC ... Funny ...
    • 8 years ago
    • By: Martin
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: