All Articles Final Cut
Final Cut ProのXの設計タイトル:パート1
Richard Lainhart on Mon, August 29th | 0 comments
There's more to titling than meets the eye in Final Cut Pro X. In this two-part Hub tutorial, Richard Lainhart takes you step-by-step through the process of creating titles in FCP X.

何年もFinal Cut Proを使ってきた、または最初にそれを拾っているかどうか、 Final Cut ProのX (FCP X)は、全く新しいアプリケーションであり、など、それについてのいくつかは完全に明白ではない。それらの一つが箔押しされます:あなたのビデオにテキストレイヤーを追加する。このチュートリアルでは、我々はFCP Xの新しいタイトル作成ツールの使用を開始する方法を説明し、独自のカスタムタイトルを作成します。始めましょう。


ステップ1 - 新規プロジェクトを作成し、あなたの映像を追加する

開始するには、どちらかの新しいイベントを作成する( ファイルを

[動画ID ="8382"]


ステップ2 - タイムラインにクリップを追加

インポートしたクリップ Control -クリックして、クリップをタイムラインに移動するには、ポップアップメニューから[タイムラインで開く]を選択します。

Move the clip to the Timeline


ステップ3 - タイトルを追加する

次に、(右に、ビューアの下にある)ツールバーのタイトルのブラウザボタンをクリックします。

Show/Hide Titles Browser


あなたが見ることができるように、そこにFCP Xで既に利用可能なかなりの数のタイトルテンプレートがあり、私は、彼らがどのように動作するか確認するために、それらすべてを試してみることをお勧め。 (また、あなたがスキミングを無効にした場合でも、あなたはまだビューアでそれらをプレビューするには、タイトルのテンプレートを上にすくい取ることができることに注意してください)​​。しかし、今のところ、我々は我々自身のタイトルデザインを作成するつもりので、すべてのタイトルがタイトルのブラウザの左側のリストで選択されていることを確認し、右側にカスタムのタイトルを選択します。あなたは、ビューアウィンドウにシンプルな白の静的なタイトルが表示されます。

Select Custom title


次に、あなたのタイムラインに追加するカスタムテンプレートを起動し、ダブルクリックしてタイトルをしたい時点での再生ヘッドの位置を指定。あなたは、もちろん、そのクリップのバーをドラッグしてタイトルを再配置、または任意のクリップと同様に、それらをドラッグして、その頭や尾をトリミングすることができます。


ステップ4 - テキストを変更

そのフォント、色、サイズ、および位置:それでは、我々はこのタイトルのすべてを変更したいとしましょう​​。我々としてもそれをフェードインとフェードアウトしたいと思います。ここでは、少々わかりにくい部分です:でFinal Cut Pro 7には、タイトルを選択し、それらのプロパティを変更するにはキャンバスの各種タブをクリックして、フェードを作成するには、ペンツールを使用すると思います。 FCP Xでは、デフォルトで開かれていないインスペクタを介してすべてこれを行います。そう、タイムラインで選択されたタイトルで、 ウィンドウを選択します。

The Inspector


この操作を行うと、タイトルのインスペクタは、テキストのタブが選択されたビューアの隣に表示されます。

The Title Inspector


見ての通り、これは、あなたのタイトルのテキストを入力し、そのフォント、サイズ、配置、追跡、などを設定する場所です。我々がしたいまず最初に、何か役に立つのテキストを変更するだけですので、より適切なもので、単語のテキストフ​​ィールドに"タイトル"(すでに選択されるべき)とタイプを選択するでしょう。私の場合"女性Rubyでノドハチドリ"。ちょうどFCP 7と同じように、あなたが改行をしたいハードリターンを追加する必要があります。入力時に、ビューアのアップデートのタイトル:

Adding text in the Text field


ステップ5 - フォントを変更

次に我々はその色を含む書体自体についてのいくつかの側面を、変更したい。今、あなたは現在、ノーマルと呼ばれるテキストフ​​ィールドの上に大きなポップアップメニューに気付くでしょう。その上でクリックし、[保存]オプションのいくつか、およびカスタムフォントのスタイルのリスト全体を見ることができます、そのほとんどがかなり恐ろしいです。あなたが好きならもちろん、いずれかを選択していただけますが、私はあなたを十分に注意する必要があります:あなたが行う場合、あなたの現在の"ノーマル"の設定を失うことになるし、すべてをリセットせずに、それらを取り戻すことができなくなります個別にプロパティ。そう、"ノーマル"メニューで、実際にはない、どちらも、スタイルの選択を元に戻すことはできません。すべてをリセットせずに、"ノーマル"またはデフォルトのスタイルに戻って取得する唯一の方法は、タイトルを削除して最初からやり直すことです。あなたは、あなたが好きなら(そして、おそらく必要)、ポップアップメニューから"すべての基本的なスタイル属性の保存'を選択し、それにいくつかの適切な名前を与えることによって、独自のカスタムスタイルとしてこのデフォルトのスタイルを救うことができる。私は私の"ノーム"と呼ばれてきました。次に、メニュー内のすべての奇抜なスタイルを試しても、基本的な設定に戻るために気軽にできます。

次に我々は単にフォント]ポップアップメニューからどちらかを選んで行うフォントを、変更したい。ここに一つの素敵なタッチは、フォントの名前は、実際の書体で表示されていることですし、フォントのリストを拾い読みとしてタイトルが自動的に更新されます。もちろん、あなたが好きな選択。私はビデオタイトル作成、太字のMyriad Proのための私のお気に入りを使用しています。単にフォントサイズを設定するには、サイズスライダをドラッグします。

その下には、(中央、揃えを左、というように)整列を変更することができます、行間隔、トラッキング(すべての文字の間に一定の間隔)、ベースライン(文字が座っている行の位置)、および、あなたがそれらの文字の間のテキストフ​​ィールド内の文字の2、カーニング(個々の文字間隔)の間でクリックした場合。

これらのプロパティの一部がキーフレームであることにも注意してください:あなたがプロパティとコントロールが配置されている領域にカーソルを位置しているなら、すべては小さな下向きの矢印が表示されます、そしてほとんどのもプラス記号で(菱形のキーフレームアイコンが表示されますそれの内側):

Text properties are keyframeable


変数numberの値を持つ任意のプロパティは、その値が自動的に時間をかけて変更することができますされているキーフレームです。ここでは、右のそれをしないだろうが、我々はすぐになります。また、同様にあなたが持つかもしれないあらゆるキーフレームを管理し、プロパティフィールド(下向き三角形)の最後に少しプルダウンメニューを使用すると、そのデフォルトに各プロパティをリセットできるようになることに注意してください。

You can reset each property to its default


Final Cut ProのXの設計タイトルの第2部には注意してください


Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: