All Articles Final Cut
FCP X対のAdobe Premiere、パート3:エフェクトとフィルタ
David Smith on Mon, September 26th | 3 comments
Much has been said about the radical new version of Final Cut Pro. So how does it compare to Adobe's Premiere Pro? David Smith contrasts how both NLEs deal with effects and filters.

これまでのFinal Cut Pro XおよびAdobe Premiere CS5.5のワークフローの比較私たちのシリーズでは、我々は両方のアプリケーションがログインし、テープからのキャプチャ方法を見ているとどのように彼らは両方のタイムラインに編集します。


ステップ1 - オープニング効果

プロ初演:シーケンスのパネルの横のパネルグループ、 または Shift - 7からエフェクトパネルを開きます。

Effects Panel

効果パネル。


Final Cut ProのX:ツールバーのボタンまたはを押してオプション- 5からの影響のブラウザを開きます。

Effects Browser

エフェクトブラウザ。


ステップ2 - フィルタの参照

Premiere Proは:エフェクトの各タイプは、ビンにグループ化されます。フィルタは、に含まれています

Video Effects Bin open

ビデオエフェクトはオープンbinです。


複数のビンは、小さなカテゴリにビデオフィルタを区切ります。それは、各カテゴリに含まれているかを確認するには、各ビンに見て価値過ごす時間です。また、これらのフィルタは、Proのみの標準的なフィルタを初演areことは注目に値するI'ts;エディタの多くは、代わりにフィルタ用のサードパーティのプラグインに依存しています。

More Filter bins open

より多くのフィルタビンが開きます。


Final Cut ProのX:FCP Xにはビン、代わりにすべてのエフェクトがカテゴリのメニューに配置されているはありません。いくつかの効果は、実際に定型化された外観を実現フィルタの組み合わせです。これらは、"ルック"カテゴリの下に表示されます。

FCP effects categories

FCPのエフェクトのカテゴリ。


フィルタを表示するには、各カテゴリ内のサムネイルをスクロールダウンします。


ステップ3 - 特定のフィルターを検索

Premiere Proは:エフェクトパネルを介して検索するのは少し長く息することができます。代わりに、エフェクトパネルの上部にある検索フィールドを使用してください。

Premiere Pro Search Field with

"ブラックとPremiere Proの検索フィールド

これらの単語を含むすべてのフィルタを見つけるために"白黒"のタイプ。それらはリストされてエフェクトパネルです。


Final Cut ProのX:

検索を絞り込む検索フィールドもあります。再び、型はブラックとホワイトせるような黒と白のフィルタが表示されます。

FCP X Search field with

検索フィールドに入力した"ブラック"とFCP X検索フィールド。


ステップ4 - クリップへのフィルタの適用

Premiere Proは:シーケンス内のクリップにエフェクトを適用する最も簡単な方法は、エフェクトパネルからエフェクトをドラッグし、クリップ上にドロップすることです。

ヒント:ドラッグアンドドロップする前に、タイムライン内のすべてのクリップを選択する複数のクリップにフィルタを適用する。

Prem drag & drop

プレミアドラッグ


Final Cut ProのX:フィルタを適用する前に、FCPXは、私はそれをこの段階での利点を与えると思う非常に有用なオプションがあります:あなたがにフィルタを適用するとエフェクトのサムネイル ​​を拾い読みするためにスキマーを使用するクリップまたはクリップを選択します。効果ブラウザで。

FCP Skim preview

FCP脱脂プレビュー。


FCPXはその応用、不要レンダリングする前にビューアでそのクリップを介して効果をプレビューします。この効果は、プロジェクトのタイムラインでクリップまたはクリップを介してドラッグアンドドロップで満足している場合。

ヒント:プレビューが必要な場合には、フィルタを追加するには、最初のクリップを選択する必要はありません、これはのみ ​​行われるべきである。


ステップ5 - さらなる効果を追加する

さらにフィルタを追加する上記の手順3と4を繰り返します。時々良い方向に常にではありませんが、興味深い結果を得ることができる、そこにあなたがクリップにどのように適用されるか、多くのフィルターに制限はありません、またあなたは、何度も同じフィルタを適用する回数。


ステップ6 - アクセスエフェクトパラメーター

Premiere Proには:いったんフィルタのグループは、おそらくそれらを変更する必要があるとしているシーケンスに適用されている、デフォルトの設定は正確に希望するか必要なものになることは稀だ。

エフェクトの設定にアクセスするには、まず、ソースモニタでそれをロードするシーケンス内のクリップをダブルクリックします。

Premiere clip in source

ソースで初演クリップ。


ソースパネルでエフェクトコントロールパネルのタブを開くか、または他のShiftキーを押しながら5を押します。

Prem Effects Panel

エフェクトパネルを初公開。


Final Cut ProのX:プロジェクトのタイムラインでそれを選択するか、他単にクリップの上にスキマーを駐車し、ツールバー(またはCtrl オプション- 4)からインスペクタを開くには、クリップをクリックしてください。

FCP Inspector button

FCPインスペクタボタン。


ステップ7 - 変更エフェクトパラメーター

Premiere Proはご覧のとおり、私はノイズフィルターと一緒に黒と白のフィルタを適用している。そのすべてのパラメータを開くにはノイズフィルタの隣にある三角矢印をクリックしてください。

Premiere undisclosed filter

プレミア非公開フィルター。


各パラメータには、あなたのニーズに合わせて修正できる機能を持っています。この場合、私が変更しました

Prem modified filter

初演は、フィルタを修正。


Final Cut Proで:私はフィルタは編集の準備ができて、そのパラメータを開き、[ノイズの隣にある三角マークをクリックするFCP X.内のクリップに同じ2つのフィルタを追加した。

この時間は、私は0.35にノイズの量を設定します。

FCP Amount .35

FCPの金額に設定


この時間は、FCP Xは私はで幸せだという、より微妙な外観を実現するためのパラメータのより大きな範囲を持って、私はガウスノイズを選択(フィルムグレイン)と58%にフィルターの不透明度を下げてきました。

FCP other settings

FCPその他の設定。


すべてのフィルタは、さまざまなパラメータを提供します。しかし、それらはすべて同じ基本的な方法で動作します。


ステップ8 - 他のクリップにエフェクトをコピーと貼り付け

したら、あなたもあなたのシーケンス内の他のクリップ(またはFCP Xのプロジェクト)に、そのすでに変更した設定で、同じフィルタを追加する必要があるかもしれませんフィルタセットを持っています。ちょうどこれを行うための最良のオプションは、フィルタをコピーして貼り付けます。

プロ初演:フィルタをコピーするには、単にフィルタリングクリップを選択し、[ 編集]を選択します。

Premiere Paste Attributes

貼り付け属性を初公開。


その後、必要に応じて、さらに各クリップのフィルタを変更するには、手順6と7を繰り返すことができます。

Final Cut ProのX:ストーリーボードでフィルタリングされたクリップ選択し、[ 編集]を選んだ

FCP Selected Clips and Copy

FCP Xで選択したクリップに"貼り付け効果"を使用して


あなたは、インスペクタ開いて( オプション- 4)各クリップの貼り付けのフィルタが順番に表示されます、手順7に従って、変更できる状態にあるプロジェクトに沿って流し読みとして。


ステップ9 - フィルタの無効化と削除

プロ初演:あなたはもはやあなたの映像でそれを見ていないので、フィルタを無効にするには、それをオフに切り替えるにはエフェクトコントロールパネルの[フィルタ名の横にFXのアイコンをクリックします。

Premiere fx icon

初演"FX"のアイコン。


もう一度アイコンをクリックすると、フィルタを再度有効になります。恒久的にフィルタして、そのパラメータに加えた可能性のある変更を削除するには、単に効果のブラウザとの記者Backspaceキーでフィルタの名前を選択します。

Final Cut ProのX:あなたの映像では、もはやそれを見ることができないようにフィルタを無効にするには、それをオフに切り替えるにはインスペクタでフィルタ名の横の青いボタンをクリックします。再度有効にするには、もう一度クリックします。

FCP Blue button

インスペクタでFCPブルーのボタン。


ただプレミアと同じように、フィルタを削除すると永久にフィルタの名前とキーを押すBackspaceキーを選択して行います。

そうそれはあなたが十分に出て行くといくつかの素晴らしい探して、パッケージ内の映像、またはその両方を作成する洞察力が与えているはずです。しかし常に覚えておきたいことに、です。


より深く行くマイケルウォールでのFinal Cut Pro X (オリジナルのFinal Cutの共同制作者。)およびチェックAdobeのPremiere Proの上でこのチュートリアルを過ぎる!


Comments (3)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Ridadoe
    Thanks for that. A big plus for FCP X is that you can use Motion 5 to create new effects to apply directly in FCP X. This gives the editor a huge amount of flexibility. Hey, I should write a tutorial about it! Hold that thought... :)
    • 7 years ago
    • By: Ridadoe
    Reply
  • BenB
    My prediction, 1 year from now PPro will let you create effects in AE just like FCP X, Avid will have a similar system. Oh wait, that requires total rewrites of the underlying framework, something neither is in a position to really do. Never mind...
    • 7 years ago
    • By: BenB
    Reply
  • David Smith
    Indeed, though I did read something about Avid wanting to completely re-build a while back. I think we will see a shift from Adobe at some point.
    • 7 years ago
    • By: David Smith
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: