All Articles Final Cut
FCP X対のAdobe Premiere、パート5:エクスポート
David Smith on Wed, October 26th 2 comments
It's the final part of this 5-article series comparing Final Cut Pro X & Adobe Premiere Pro. David Smith sits back after a hard day's edit to explore the different export options in both NLEs.

FCP Xで、それらのすべてを比較すると、いくつかの記事がかかるとメディアを共有し、エクスポートするPremiere Proで非常に多くのオプションがあります。自己完結型のQuickTimeムービーにエクスポートビデオ:その代わりに私はもっと一般的のいずれかのオプションを見てくださいと思った。

Final Cut ProのX.から始めてみましょう


FCP X:ステップ1 - エクスポートを開始

プロジェクトパネルからプロジェクトを選択し、[ 共有]を選択します。

Share Menu

共有メニュー。


FCP X:ステップ2 - メディアのエクスポート

メディアをエクスポートするかを選択:のみビデオとオーディオ、ビデオのみ、またはオーディオを、あなたのプロジェクトのいずれか適切な方。

必要なコーデックをどのようなビデオコーデックのメニューリストから選択します。デフォルトは

The Video Codec menu

ビデオコーデックのメニュー。


FCP X:ステップ3 - エクスポートをどう処理するかを選択します。

The 'After Export' menu option

ドロップダウンメニュー[エクスポート後に'。


[Save As] ウィンドウに移動して[次へ]をクリックします。ファイルに名前を付け、[ 保存]をクリック保存先を選択します。

今のは、Premiere ProでQuickTimeのエクスポートを見てみましょう。


初演:ステップ1 - オープンエクスポート

タイムラインまたはプロジェクトパネルのいずれかからシーケンスを選択し、 ファイルを選択します。

Premiere export settings

プレミアの書き出し設定。


初演:ステップ2 - 設定のエクスポートオプション

エクスポートウィンドウの上部にシーケンス設定と一致名前のチェックボックスです。このボックスがチェックされていることを確認します。

Premiere's Match Settings checkbox

プレミアの試合のシーケンスの設定]チェックボックス。


このオプションをチェックすることなく、別のコーデックと標準を使用してQuickTimeムービーを圧縮するオプションが表示されます。


初演:ステップ3 - デスティネーションを選択します。

オレンジテキスト"出力名"をクリックし、[Save As] ウィンドウから場所にエクスポートし、どのファイルに名前を付けることを選択。

The Output name, save as

出力名は、名前を付けて保存。


初演:ステップ4 - 品質向上

changebecauseに利用可能なプロパティがない中には、earlieryouまだレンダリング品質とフレームブレンドを制御することができるマッチのシーケンスの設定ボックスをチェック。

Render Quality and Blending

品質やフレームブレンドをレンダリングします。


最大レンダリング品質を使用する]を選択します。これは、ファイルを大きくするだろうが、それはよりよい仕上がりになります。また、 フレームブレンドを使用]を選択


ステップ5 - プレビュー出力

メディアにエクスポートを比較するためにソースおよび出力タブの間にトグルあなたの映像を、見るためにモニターを使用すると、(いくつかのレンダリングに必要なので、忍耐があるかもしれません)。

Premiere's Preview Window

初演のプレビューウィンドウ。


ステップ6 - 目的のメディアを設定します。

ミニタイムラインを使用して、輸出のために必要な領域をマークするためにインポイントとアウトポイントに設定します。

Set the in and out points

インポイントとアウトポイントに設定します。


さもないと仮定して、ドロップダウンメニューから、 シーケンス全体または Entire ワークエリアを選択

キューをクリック

The Queue and Export buttons

キューおよび[エクスポート]ボタン。


ご覧のようにプレミアでは、QuickTimeムービーをエクスポートするオプションの方法でより多くを提供しています。 Final Cut ProのXは、より複雑なエクスポートワークフローのためのコンプレッサーの代わりに依存しています。どちらの場合でも、これは一部の祝福、他の人のための呪いを証明するかもしれない。私はあなたに決めてもらおう。


もっと必要?の詳細情報のFinal Cut Pro XコンプレッサーPremiere Proを

Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • BenB
    Not a fair comparison, as you neglect to take the same route on both. Last part of Premier is the same as Send To Compressor where FCP actually overwhelms PPro with options.
    • 7 years ago
    • By: BenB
    Reply
  • David Smith
    That's true Ben, but that assumes you have purchased compressor. This is about FCPX on its own. It's also about taking the easiest option available in each app.
    • 7 years ago
    • By: David Smith
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: