All Articles Final Cut
Final Cut ProやSoundtrack Proの間のラウンドトリップオーディオ
Richard Lainhart on Sat, February 12th | 3 comments
Final Cut Pro (FCP) and Soundtrack Pro (STP) have long had a symbiotic relationship, going back to the first release of the Final Cut Studio suite. One aspect of that relationship is that you can inte

Final Cut Proの(FCP)サウンドトラックPro(STP)が長いのFinal Cut Studioスイートの最初のリリースに戻って、共生関係があった。その関係の一側面では、インタラクティブにサウンドの優れたオーディオ編集、特殊効果、およびミキシングのツールを活用するためにサウンドトラックでのFinal Cutからオーディオトラックを編集できることです。

このクイックヒントでは、私はどのように行うのをお見せするつもりです。

Let's say you have a video clip in FCP that has a lot of background noise that you want to reduce. FCP doesn't have great noise-reduction tools, but STP does, so you can use STP's Noise Reduction feature to reduce the unwanted noise. Here are the steps.

ステップ1 - FCPからSTPへオーディオを送信する

送信およびFCPとSTP間のラウンドトリップオーディオについて行くには二つの方法は実際にあります。最初に、[プロジェクト]ウィンドウまたはタイムラインのいずれかで、処理したいオーディオトラック上でControlキーを押しながらクリックし、 エディタで開く]を選択します。

[システム設定]ウィンドウでの外部エディタのタブでデフォルトのオーディオファイルのエディタとしてSTPを設定した場合は、これはのみ​​(Final Cut Proの動作します

つまり、STP(または他のオーディオエディタ)でオーディオを変更して保存してソースの映像に音声を変える-を認識するために他のことは、あなたのソースオーディオの非破壊編集が発生するエディタの機能で、オープンを使用することです。永久に。そのため、私はそれが代わりにメソッドを送る使用するほうがよいと思う。これにより、ソースオーディオに変更されませんし、再編集したり、あなたが良いためにそれを失うことなく、ソースオーディオに加えた変更を取り消すことができます。

ので、プロジェクトウィンドウで、またはタイムラインのいずれかで、処理したいオーディオトラックをコントロールクリックし、[送る ]を選択し、[サブメニューからSoundtrack Proのオーディオプロジェクトを選択します。


When you do, FCP will ask you to save the audio track as a Soundtrack Pro Audio Project (.stap file) to your drive, using the name of the clip but adding (sent) to it:

FCPは、透過的に、サウンドトラックオーディオプロジェクトを使用して、タイムラインで起動サウンドトラックをオーディオに置き換え、およびSTPのプロジェクトをオープンしました。

:私は参照しているメディアを送信するオプションを選択した IN / OUTゼロに両方のハンドルを設定。ちょうどトリミングオーディオ- のみ参照されるメディアを送る選択すると、大きなクリップからオーディオを編集した場合には、あなたがSTPにすべてその音声を送信しないことを保証します。ゼロにハンドルを設定すると、FCPタイムラインで編集したオーディオに送られる音声を制限します。 (あなたは、クロスフェードまたはそうでなければさらにSTP -処理されたオーディオを編集者になる場合これを変更する場合がありますが、そうでない場合、混乱を避けるために、ゼロへのハンドルを設定します。)

最新のクリップのメタデータを使用してプロジェクトを保存するオプションがデフォルトで選択されている、と推奨されているので、単にそれを行う。

ステップ2 - プロセスとSTPでオーディオを保存する

あなたのFCPのオーディオは、現在STPで開きますし、(参照ここにノイズの印刷とノイズリダクションを行うことができます:"ハウツーSoundtrack Proでバックグラウンドノイズを除去" Rounikセティによって)。

一度オーディオを処理しましたが、ちょうどあなたのSTPのオーディオプロジェクトを保存します。これを最初に行うときは、このダイアログが表示されます。

通常は、 ソースのオーディオを参照のではなく、これは、STPのプロジェクトのファイルサイズを小さくなるようにソースオーディオを含めるオプションを選択する-問題の音声は、元のFCPオーディオに戻って参照しています。ただし、別のドライブまたはワークステーションの周りのプロジェクトを移動するつもりなら、それはSTPのプロジェクトファイル内に含まれているように、オーディオ含めるに安全です。

ステップ3 - ほら!

今だけFCPに跳ね返ってくる、とあなたはSTPで行われた変更を使用してFCPタイムラインのアップデートで、オーディオが表示されます。あなたのオーディオを再生、そしてあなたはSTPで行ったノイズリダクション(または任意のプロセスを)聞くことができます。

ここから、あなただけの、STPにそれを送り返すことがある、それを処理し、それを保存することで処理されたラウンドトリップオーディオの修正を続けることができます - あなたは、STPのオーディオとFCPのオーディオを交換して一度、あなたは継続的にする必要はありませんあなたのオリジナルに保存したSTPオーディオのプロジェクトで作業していますので、新しいSTPオーディオプロジェクトを作る。

ラウンドトリップお楽しみください!

Comments (3)

You must be logged in to comment. Login Now

  • soundtrack pro
    I have sent the audio section of my timeline to soundtrack pro to reduce noise (send as audio) But after processing the audio in stp, and saving, the effect does not ripple back automatically, nothing in short. The only way I was able to get the stp process to work was to convert my audio to an aif file. And this loses sync on return!!! Advice sought (my audio set up is stp by the way.
    • 7 years ago
    • By: soundtrack pro
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi What version of Logic are you running? Also what version of Mac OS X? Thanks
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • soundtrack pro
    I'm using mac os x 10.6 shooting in hd 10-50i, codec avc intra 100-50i stp gets the file when i send it from fcp for noise reduction. It doesn't return it, altered!! any suggestions yes fcp has stp as audio set up
    • 7 years ago
    • By: soundtrack pro
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: