All Articles Final Cut
Final Cut ProのXですばやくインタビューをカットするためにマーカーを使用して、
David Smith on Tue, February 28th 3 comments
While many FCP 7 users may be feeling the lack of sub-clips in FCP X, David Smith finds a way around using the keywords for selections to quick-edit interviews in FCP X.

私は人々の嫌悪感をたくさん聞くことがFCP Xの一つの側面は、クリップが選択されているときに一度範囲の開始と終了点を選択した範囲のみが残るイベントブラウザに設定されているという事実である。あなたは範囲が消えて別のクリップを選択して、瞬間を再選択する必要があります。サブクリップを戻す、私はあなたが言うのを聞く?キーワードはもちろん、ステップどこもthatsの。

しかし、そこに対話を切断するためのより速い方法は、私の意見では、ですが、特にインタビュー、そして、それはマーカーを使用して含まれます。 FCP Xのマーカーは、私は彼らが非常に便利な機能に成長したと思うFCP 7、していたよりも少し異なっています。ここでの方法です。


ステップ1 - 最初のマーカーを追加

イベントブラウザでのインタビュークリップを再生し、インタビューによる最初の答えの冒頭で停止します。を押して-mオプションは、最初マーカーを置くと同時に、変更マーカーウィンドウを開きます。

Modify marker

マーカーを変更する


マーカーの回答1に名前付ける


ステップ2 - 複数のマーカーを追加します。

ステップ1を繰り返し、インタビューが完了するまで、各マーカーの回答2、回答3、などという名前を付けます。

Other markers

他のマーカー


ステップ3 - マーカーに移動します。

あなたは、イベント·ブラウザ·リスト内のクリップの下に登場している回答1、回答または2等という名前のマーカーをクリックすることによってこれを行うことができ、編集する前に、各セクションを確認する必要がある場合。これはあなたのための各マーカーに再生ヘッドを移動します。

Markers in EB

イベントブラウザ内のマーカー


ステップ4 - プロジェクトに編集します。

タイムライン内の新しいプロジェクト( コマンドN)を作成し、それをインタビューという名前を付けます。タイムラインへのマーカーと、クリップ全体を編集します。これは次のようになります。

Timeline with markers

マーカー付きのタイムライン


ステップ5 - タイムラインのマーカーに移動します。

タイムラインでインデックスを開きます。

Timeline Index

タイムラインインデックス


ちょうどそれworksyouは、これらのクリップを編集することが行う必要がいけない方法を確認するには、そのマーカーに移動する各マーカーをクリックします。


ステップ6 - セクションにインタビューをカット

それを選択し、[ツール]メニューか、またはEnterキーを押しBからブレードツールをピックアップします。それが少し楽にスナップがオンにされていることを確認できるようにするには(Nキーを押し、そうでない場合)。

第2のマーカ(回答2)で、クリップの上刃を置いて、そこに映像をカットしてスナップである。

Cut clip

クリップをカット


全体のインタビューは、その別の部分に切断されるまで、残りのマーカーに同じ操作を行います。


ステップ7 - 再オーダークリップ

磁気タイムラインを利用することは回答3をマークされたセクションをピックアップし、それらの間にそれが挿入されますので、セクション回答1と回答2の間にドラッグします。

Re-ordering clips

再発注クリップ


編集の形状や面接の構造は大まかなカットなどの形状を取るがかかり始めるまでこれを行うには続けています。未使用の任意のセクションは、プロジェクトから削除することができます。

磁気タイムラインがなければ、これはちょうどwouldntの現実的な選択肢となる。


ステップ8 - 片付け

今どちら側でも編集を片付けるにトリム·ツールTを使用しています。ハードワークは今あなたの編集の内容と構造あなたがそれを好きな方法を持っていることが行われます。

Trimming

トリミング


ステップ9 - 速い方法

次回は、最初のマーカーに名前を付けるいけない、あなたの編集に、クリップを見て、Mを押すたび何かキーが言われています。そこから、それらを一緒に編集します。あなたはマーカー名を編集する必要がある場合だけ、後タイムインデックスのマーカーをダブルクリックします。

それは完璧ではないですが、それは、迅速かつ簡単です。あなたはそれをしようとそれはあなたのために動作するかどうかを確認することをお勧めします。 idは、類似した何かをするための任意の代替の提案を聞くのが大好き!



Comments (3)

You must be logged in to comment.

  • Sturzen
    I really like this straight forward tutorial and I've been teaching this technique myself in the video classes at my Apple Training center in Sweden. I definitely will links this page in the future. Keep up the good work! Thanks! /Fredrik Sturzenbecker, Apple Certified Trainer - FPCX10.1
    • 4 years ago
    • By: Sturzen
    Reply
  • Thanks for the tutorial, interesting take on Markers and the blade tool. When you say bring back sub clips, don't we have sub clips in the form of compound clips? (Select a clip and choose File > New Compound Clip and you can name the clip. I've heard that compound clips can slow down FCPx too. ) I assume that your your interview was a single camera shoot hence the need to move the bladed clips around? I've been trying to wrap my head around FCPx's many different ways of tagging clips and it appears there are numerous ways to tag a section you like - favorite, marker, keyword. Favorite are nice but you can't see them in the Timeline index, a range selection with a keyword just show the entire clip with a blue keyword line and markers obviously can't show ranges ....... here's hoping 10.0.6 will fix some of these issues :)
    • 6 years ago
    • By:
    Reply
  • David Smith
    Sorry I've taken some time to get back to you, I've been otherwise indisposed. Your right in saying that Compound Clips can be used in the same way as Sub-Clips. Although without the ability to storyboard clips a'la the Thumbnail view in FCP 7, I can't yet see the benefit of using them instead of Keywords. I'm going to keep looking though. I would use this method to cut together one or a series of of one Camera interviews, yes. If I was editing a 2 camera interview I'd use the fantastic Multicam workflow. The technique I've described isn't to everyones taste, but it's an option for dealing with interview footage that needs to be cut together quite quickly.
    • 6 years ago
    • By: David Smith
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: