All Articles Flash
のAdobe Flash CS5のインタラクティブビデオクリップを作る
David Smith on Wed, February 15th 0 comments
Regardless of the fact Flash isn't supported on iOS devices, it is still the standard video player type on the web today. David Smith shows how to make interactive controls for video in Adobe Flash.

Flashは、かなりの時間をWeb上でビデオ配信のための普及導管であったが、Flashの将来についてゴロゴロのインにもかかわらずWeb配信ツールとして、HTML5、モバイ​​ルデバイスの成長とそれはいくつかの時間に人気であり続けるでしょうまだ私は思う。

フラッシュ配信されるビデオのほとんどの人々の経験では、画面上のビデオウィンドウの下に座ってあるいはビデオ上に重ね、わずかに透明な、そしておそらくビデオがロールオーバーされている場合にのみ表示されるかもしれない再生と一時停止などのコントロールを使用しています。あなたが最初からユーザーコントロールのこのレベルを提供するつもりなら、これはすべてが順調と良いです。そこには、ユーザーがしかし、ビデオと対話する方法の他のオプションがあり、この記事で私は最高の一つである私が何を考えて見ていきます。


ステップ1 - Flashへのビデオの読み込み

Flashプロジェクトで選択し、 ファイルを開く

import video box

輸入ビデオウィンドウ


一度に各オプションのいずれかの取り組みを見てみましょう。


ステップ2 - ビデオクリップを探す

参照ボタンをクリックして、システム上のビデオファイルを見つけます。ビデオクリップは、Flash Videoファイル(。FLV)であるならば、あなたは次のステップに進む準備が整いました。それはあなたが使用するファイルはQuickTimeのmovファイルまたは類似していることと同じように可能性があります。残念ながら、Flashはそれを受け入れません。そう。FLVファイルに変換してみましょう。


ステップ3 - 使用メディアエンコーダ

Adobe Media Encoderを起動するためのウィンドウの下部にオプションがあるのFlashビデオの読み込み]メニューで、このボタンをクリックします。

Media Encoder

メディアエンコーダ


Media Encoderは、すでにロードされて。movファイルまたは類似した状態で開きます。各列には、どのような種類のファイルにエンコードするために、どこに変換されたコピーを保存するなど、ビデオ変換のために、異なるパラメータを設定します。

フォーマット列にFLV/F4Vに変換を選択します。プリセットでFLVを選択します - このファイルは再び見つけることは容易であるので、ソース属性と一致する(中品質)、そしてデスクトップに出力ファイルを設定します。

スタートキューボタンをクリックし、メディアエンコーダがそのタスクを完了するまで待ちます。その後Mediaエンコーダを終了し、Flashに戻ります。最後に、デスクトップに移動し、インポートするための新しいFLVファイルを選択します。


ステップ4 - コンポーネントのスキンを追加します。

本当に我々は、コンポーネントのスキンに含まれているビデオムービーを作成しようとしているフラッシュ最初にビデオを追加し、制御する2つの方法の違いを理解するのに役立ちます。これは、ほとんどのユーザーはオンラインでFlashムービーを体験する方法と考えられます。

ビデオのインポートウィンドウから再生コンポーネントのオプションを使用して負荷外部ビデオを選んで、[続行]をクリックします。

flash skin menu

Flashスキンのメニュー


スキンオプションの選択は、その下に自分自身を配置します。ビデオクリップと、いくつかの上にマウスを置くものも用意されています。いくつかの再生/一時停止、ボリューム/ミュートとナビゲーションといくつかは、単に再生と一時停止が含まれて含まれています。

ドロップダウンメニューを使用していて、好きなものを見るためにいくつかをプレビューします。外観を完了するために色合いや不透明度のオプションもあります。一度は、次のあなたの選択を押してのスタイルを持っています。ウィンドウでは、上のチェックをするためのあなたの要求の要約が表示されます。すべてを仮定すると、[OK]を完了]をクリックします。


ステップ5 - シーン1の上に置いコンポーネント

ビデオコンポーネントが[ライブラリ]パネルに戻って表示されます。コンポーネントを取得し、シーン1にドラッグします。プロパティパネルで、WとHパラメータを使用してビデオのサイズを変更したり、必要に応じて、シーン1にサイズ変更ハンドルを使用しています。

component on screen

画面上のコンポーネント


それは良い習慣だと(プレスコマンド+ Return)シーンを保存し、テストするためのインスタンス名componentMovie_mcを追加します。お肌が適用されたムービーが表示され、コンポーネントをテストするために再生と一時停止などを押してください。少し退屈な、また、おそらく、ニース、単純な?


ステップ6 - アゲインビデオの読み込み

この時間は、さらに興味深いオプションを試してみましょう。インポートする前に、ライブラリ内の新しいムービークリップシンボルを作成し、それがVideoPlay_mc名前を付けます。その後、再び同じ映画をインポートし、この時だけは、インポート·オプションでタイムラインにビデオを埋め込むを選択します。

import to timeline

タイムラインにインポートする


[Next]をクリックします。


ステップ7 - MCとして埋め込みビデオ

2番目のメニューがこの時間はビデオを埋め込む方法を求めて、表示されます。オプションに設定したまま "、ステージ上に配置し、インスタンスおよびタイムラインを展開し、"必要に応じて。これらのオプションはVideoPlay_mcという名前のシンボルに埋め込まれたムービーを配置し、すべてのフレームが含まれるようにタイムラインを拡大していきます。

embed to MC options

MCオプションに埋め込む


[続行]をクリックし、コンポーネントのスキンバージョンと同様に概要はあなたの要求を詳細に表示されます。今、あなたはビデオをインポートした後方法は戻ってこれらのオプションはありませんとしてエラーをチェックしてください。 [完了]をクリックします。


ステップ8 - 埋め込まれたムービークリップを配置

ライブラリでは、2つのことが起こります。まず、インポートしたビデオクリップは、小さなムービーカメラのアイコンが表示されます。試してみて、あなたのプロジェクトでこれを使用していない、それはSWFに埋め込まれるようにそこにだけ必要です。第二にVideoPlay_mcという名前のムービークリップは現在、読み込んだビデオクリップのフレームが含まれています。

MC in library

ライブラリ内のMC


このムービークリップはあなただけでしかし、多くのフレームを越えて伸ばしてインポートすると、その長さに基づいて、ビデオで必要とされているビデオファイルが含まれています。

ヒント:それを開くと使用されているどのように多くのフレームを見てするためにムービークリップのアイコンをダブルクリックします。何百ものがあるかもしれません。


ステップ9 - シーン1に追加

シーン1に埋め込まれたビデオファイルを使用してムービークリップをドラッグして、ビデオの近くに配置

The placed movie clip

配置されたムービークリップ


プロパティパネルの名前で、このムービークリップのインスタンスvideoPlay_mc(インスタンス名の小文字のvを注意してください)

ステップ10 - クリップを停止します。

あなたが現在シーンをテストする場合は、それを制御しない方法で、ループ上でしょう自動再生を配置したムービー。ので、いくつかのユーザーコントロールを追加するには、我々は最初のソースでムービーを停止しようとしている。

あなたは、レイヤ1のビデオフレームのすべての何百ものを見ることができるようにライブラリに埋め込まれたビデオを含むムービークリップを開きます。フレーム1のキーフレーム上で右クリックし、メニューからアクションを選択します。

右側のフレーム1をクリック


のアクションパネル型のstop();

そうでなければ指示があるまでこれがフレーム1にこのムービーの再生ヘッドを保持します。


ステップ11 - このコードを記述する

シーン1のウィンドウに戻り、もう一度[アクション]パネルを開きます。次のコードを入力します。

The code

コー​​ド


このコードは、自分自身を再生するボタンにビデオクリップをオンにします。


ステップ12 - テストシーン

両方のムービーのSWFを参照してください、それが再生を開始する2番目のムービークリップをクリックしてコマンド+ Returnキー押し、それを試してみてください。


ステップ13 - コードを編集します。

代わりにボタンをクリックしてから、そのロールオーバー時のムービーが再生するので、それを変更することができます!それは、ユーザーとの対話を追加するには、クールな方法になります。

MOUSE_OVERに操作パネルの[CLICKコードを変更します。これは、クリックしてからムービーの再生を開始するには、ロールオーバーにイベントを変更します。

The

新しいコード


ステップ14 - テストシーン

もう一度コマンド+ Returnを押すと、自分のために参照してください。

:それは次のことを必ず確認してください動作していない場合

  • インスタンス名を正しくスペルでしたが、それはコードの最初の単語と全く同じスペルにする必要があります。
  • そこにあるべき場所には、いずれかを入れている。?またはその逆?
  • ここのコードと比較してスペル、大文字とすべてのコードの文法をチェックしてください。つのエラーは、それを死んで強制終了されます。


    そうでなければ楽しんでください!

Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: