All Articles Interviews
独占インタビュー:マイケルウォール氏は(FCPのオリジナルデザイナーの一人)のFinal Cut Pro Xについて話す
Rounik Sethi on Fri, June 24th | 13 comments
See what a deep insider at Apple has to say about editing video with the new Final Cut Pro X. Learn more about macProVideo.com's Star FCP X trainer, Michael Wohl. This article pulls no punches ...

好きか嫌いかは別として、 アップルのFinal Cut Pro X

:この排他的な特徴のインタビューとガイドでのFinal Cut Pro X、約マイケルウォール氏が会談へ

  • His recent and current video production work 
  • How he helped shape the original Final Cut Pro & his work at Apple
  • His favourite features of Final Cut Pro X 
  • The future of Final Cut Pro X and Video Production
  • Missing features in the new Final Cut Pro
  • His teaching ethos & why his new macProVideo.com FCP X Tutorial-  Videos are essential viewing

そして今、インタビュー...


RS:こんにちはマイケル、ハブへようこそ!このインタビューを行うために時間を割いてくれてありがとう。

MW:ありがとうございます。ここに素晴らしい。


RS:あなたがビデオベースの作業の種類をお聞かせください。

MW:確かに。アイブ氏は過去20年間のさまざまなプロジェクトの多くに関わって。ウェブと演劇のプロジェクトの両方に対して商用編集するインディーズ映画を演出から。実際にブランドの新しいドキュメンタリーのプロジェクトに着手イムは、数ヶ月の次のカップルがEthiopias農業の変革についてであることを行っ厥で出てくる厥。その5年間のプロジェクトになるだろう。

私は主に書き込み、生産、指示と編集、およびさまざまなプロジェクトのために病気はそれらの事の様々な組み合わせを行います。約5または6年間、私は主にレンタル用のエディタとして働いていたし、私は最終的に自分のプロジェクトに重点を置くことに上に移動し、私は私自身の製作会社を開設し、より多く生産すると自分の仕事の指示でした。それから私は、商業的な編集をたくさんやって停止し、まだ自分自身でや友人とそうでないために多くの操作を行います。


RSは:あなたが作業のビデオプロジェクトの種類に優先順位を持っていますか?

MW:うーん 、難しい質問のthats。私は実際に特定のものがいけない。物事の独立した喜劇、独立したドラマの側で、その一般的に、私が書くのかという点で。一般的に私は私を従事するものと私はプロジェクトと雇用のためのだけでなく、いくつかの企業の仕事を信じている私にとって、その重要な、特にノンフィクションドキュメンタリーの仕事のために信じることができるもので動作するようにしたい。初期の私のキャリアの中で私はガソリンスタンドの安全性のビデオとそのようなものを行うシェブロンのためのトレーニングワークの束をしました。私はそのようなこれらの日とスティックイムより感情的に投資何かするものを避けるようにしてください。


RS:確かに。現在作業中のyoureのこのドキュメンタリーの詳細について教えてください。

MW:エチオピアの国は基本的にはよりよい国を養うことを学ぶために彼らの全体の農業システムをオーバーホールしようとしているtheyre根本的な変化を通過している。あなたは、その長年とtheyveのための非常に貧しい国が農業と政治的に悩まされて知っている。ゲイツ財団は重く、その農業システムを変革しようとしているに携わってきました。技術の農家からのすべては、両方の商業的に、住宅のレベルで、灌漑技術の向上、教育への地面に使う。その後、市場へ農作物を得るのを助けるために、インフラを改善する必要性をtheresの。例えば、それは市場に作物を得るために人々に8または10時間を要する分野での貧しい道路があります。良い道路で、彼らは30分に存在する可能性があります、それは彼らの生活に大きな影響を与えます。

この変換は、それが正常に行く必要があります、私は農業部門をしない影響を与えると思いますが、それは本当に劇的な方法で国全体を昇格されます。希望は、このパイロットプロジェクトが成功した場合、それはアフリカと世界の他の第三世界の国々で実施することができるということです。


RS:あなたはこのドキュメンタリーを撮影し、制作、演出されていますか?

MW:Weveは関与している素晴らしいアカデミーにノミネートDP、ビセンテフランコを、得た。アイブ氏は、生産パートナーとして病気おそらく生産と監督といくつかの撮影を行うことを得た。しかし、また、同様にそれのあらゆる面で私たちを助けることがthatllローカルエチオピアの制作会社と一緒に働いていた。


RS:優秀。あなたは、編集のいずれかを自分で行うのでしょうか?

MW:まあ参照してください。病気はおそらく自分の編集を、実際にかなりの量を行う。 Therere異なる成果。進行されたかを示すためにゲイツ財団への暫定的なビデオで回転されようとしていた。その5年間のプロジェクトとして、うまく成果を誇示するために彼らのウェブサイトに載せる暫定的な要約映像と一部のWebビデオを提出すること。同時に我々は、全体の経験についての、西洋NGOは第三世界の国に入ると支援しようとしているという長編ドキュメンタリーを作るの長期的な目標を持っている。正直、この段階では、長編ドキュメンタリーの主題が何になるか見当がつかないが、我々は本当に面白いと強力なドキュメンタリーを作成するのに十分な映像を収集したいと考えています。


RS:に関与していることが魅力的なプロジェクトのようなこの音!しかし大きな疑問は、映像を編集するために使用されるもの、ですか。

MWは:( )まあ参照してください!今後5年間でtherellは、市場でいくつかの大きな変化になる... Final Cut ProのXの新バージョンとの違いについて、おそらく話していたことばかり出てくる厥?その本ソフトウェアが起動し、映像と同時にそれに取り組んで複数の人々の数千時間を持つことになるドキュメンタリー厥の作業になるとしているかどうかと言うのは難しい少し。しかし、今後数年間で私は完全にAppleがそれをアップグレードし、それを改善することを期待し、私は最終的にそれが確実になることを想像する。

Shot from Michael Wohl's FCP X Training at macproVideo.com

macProVideo.comでマイケルウォールのFCP Xトレーニングから撮影。


RS:私はあなたが元のFinal Cutの創造に取り組んで信じる?あなたは、その開発にご参加について詳しく教えていただけますか?

MW:私は実際に1995年に戻ってのFinal Cutチームで作業するために雇われた第二男だった。私はエンジニア、ランディUbillosとアドビで働いていた。彼は基本的にはブランドの新しいビデオツールを作成するためにMacromediaに伝わったと彼はすぐに私に連絡して、私が来て、この新しいソフト(FCP)を設計できるようにしたい場合は依頼された。

もともと私の仕事は、プロジェクトを実行するソフトウェアをテストし、物事が動作するはずですし、何が最良のツールを作るという方法について報告この商品を見た後にマクロメディア内のローカルビデオ制作会社としていました。最終的にそれは私が主にソフトウェアを設計されたジョブに成長...私はそれがビッグチームだったわけで、私は人々のグループの一つであった。私は、インターフェイスのモックアップを頻繁に行うとの相互作用に焦点を当てていた。それは特定の目標を達成するために持っているために必要なユーザを経験するものを決定すること、です。ので、ソフトウェアが成熟するに私はトレーニングを扱う領域に移り、私はすべてのトレードショーのための最初のデモのすべてを行いました。それから私は、Appleのすべての内部研修をし、次に私は、エンドユーザーのための、トレーナー用の初の外部研修の一部に関与していた。


RS:そう、その期間中、アップルは、MacromediaからのFinal Cutを購入した。あなたは、AppleのFinal Cutでどのくらい関与していた?

MW:まあ、私はとどまるために予想もしなかった。私は最初は1995年に来たときに"ああ、それは年間についての私達を取る必要があります。"それ時間がかかると私はランディを聞くと、彼はのようだった、。私は離れて私の映画から年かかるとこのソフトウェアの仕事を行くことができる、[OK]を考えた。 ( )そして、今後5年間で、私は関与していることが本当に幸せだった。しかし、最初にすべてのそれは非常に過酷で困難なプロセスだった。第二に、私はソフトウェアで永久になりたかったことはありません。私はいつも、私はできるだけ早く我々はバージョン1のIdがままにしに戻って出荷されるように自分自身を約束したように映画作りに戻っていた

Remember this? The Final Cut Pro 7 interface

これ覚えてる? Final Cut Pro 7はインターフェース。


RS:

MW:まあ、それのFinal Cut Pro Xは、Final Cutの新しいバージョンではないと言って、その重要。それについてのすべてを誤解していること、それを呼び出すことができます。それはソフトウェアの新しい作品です。あまりにも多いので私の愚見では、私は彼らはちょうどそれを完全に新しい何か名前を付けた場合、アップルwouldveはこのの良い時間を過ごせたと思っている。と私は聴衆の反応がより均一にすばらしいことだと思います。今非常にさまざまな反応を見ていた。

それについての疑いをなさない、Final Cut ProのXは、ソフトウェアの素晴らしい作品です。そこには本当にクールな機能のトンがあり、病気秒間に特定のもののいくつかについて、あなたに言う。私は人々決勝が終わった7をカットし、ホードは別の10年生存するつもりはなかったソフトウェアの10歳の作品だということを理解するためになった場所を右ピックアップする期待の問題があると思います。それは再発明する必要がありました。そして私は彼らがこの完全な改革を行うために大胆かつ困難な事をしたと思う。必然的に大きな興奮とともに失望の多くになるだろうtheresの。

とは言うものの、私は磁気Timelinetheの方法の事のような明白な、派手なものを参照していないのFinal Cut Pro XのIMでかなりの数の本当に素晴らしい、新機能は、あなたがそれらがない本当にaroundImドラッグするときに邪魔に移動があると思いますそれに感心。私はそのクールなことを意味し、それはよさそうだし、いくつかのエディタのためにミスの特定の番号を防ぐitll。しかし、私は実際に使用するのが大好きつの機能を使用すると、単発でシングルショットまたは複数のエフェクトの複数のバージョンをスキップすることができますし、非常に簡単に右の編集の途中でそれらの外を入れ替えることができるオーディションです。ロジックから採用されており、Final Cut ProのXに統合されているオーディオエフェクトのいくつかは大きな改善です。

FCP X's new Auditions feature

FCP Xの新オーディション機能。


私はまた全体的なメタデータアーキテクチャが素晴らしいと思います。信じられないほど強力で容易であり、実際にユーザーエクスペリエンスを向上させる特定の側面があるので、私はそれについて複雑な気持ちを持っている。それと同時に、ユーザーがより多くの仕事を事前に行うように強制しようとしているそれの他の側面があります。ノート、シーンの情報とその後の説明には、特に大規模プロジェクトでは、Final Cut Pro Xでお使いのメディアを扱うのは非常に困難になるだろう:あなたが多くのメタデータを入力いけない場合あなたが知っている。しかし、それらのデータを入力した場合、物事は本当に素晴らしいとスムーズになるだろうしている。


RS:私の限られた時間でのFinal Cut Pro XIを使用してテストするには、Appleが将来のために上で構築する可能性が高いているプラットフォームとして、それを参照してください。あなたは、FCP Xは初心者もプロのユーザーの両方のための明るい未来を持っていることを感じますか?

MW:だといいけど。確かにリンゴの機能リストとFCP 7のユーザーの経験レベルにこのページを表示するために必要としている多くの作業をtheresの。それは本当に洗練された、微調整、右のすべての小さなニュアンスを取得してユーザーエクスペリエンスを比類のない作り15年(開発期間を含む)を取り上げた。 FCP Xはすべてのこと至っていないdoesntの、そしてそのそのレベルに成長するのに時間が必要になるだろう。

The new Graphic EQ in FCP X

FCP Xの新たなグラフィックEQ


別の言い方をする、FCP Xは信じられないほど便利になるだろうし、そこにユーザーの良い70%をしたいと思うすべてのものになるだろう。 iMovieから移行する人々のために、ビデオ編集に新たな人々は、彼らが迅速かつ容易に編集を完了させるために必要とシンプルなプロジェクトに従事している人は、これは初日から素晴らしいツールになるだろう。

そのまだかなり近い、より深刻な専門的なプロジェクトを、行っている人々のため。あなたは、そのではない遠く離れて、知っている。しかし、それがFinal Cut Pro 7のレベルにまでであることにいくつかの本当の障害がある。


RS:あなたが私たちにとって、これらは現在欠けている機能のいくつかを概説することはできますか?

MW:まあ、ビッグtheresのと少しtheresの。プロの編集者にメリットのすべての種類を提供すると同時に、視聴者やキャンバスを見ることができるマルチカム、オーディオミキシングなどのTherere巨大な機能が、、。大きなインパクトを持つ小さな物事のTherereもたくさん。例えば、イン点とアウト簡単な方法がマークされます。彼らはポイントとアウトという用語を放棄したという事実。私はそれだけで根本的に修正する必要があると思う。我々は、クリップ上のマークを参照し、1つのクリップから別のに切り替えると、これらのマークを維持できるようにする必要があります。別の監督は、組織を使用することです。今、あなただけのクリップの簡単なフォルダを作る傾ける。基本的なその何か。あなたがすべてのキーワードと本当に素敵スマートコレクションとこれらの自動ツールを使用すれば、フォルダを作ることができます。これらはすべて本当によく働く。しかし、フォルダを作り、その中にクリップの束を貼り付けのような単純なものには、傾けることを行います。

私はそれが欠落している奇数見つけ、そのいくつかささいなこと。 Theyreは、次のようなブレーカを扱いませんが、日常的な編集の経験に影響を与える可能性があります。これらの小さな機能の一部は約FCP 7から移行していると、作業の新しい方法に慣れて。しかしそうでないものもあります、例えば、キーボードショートカットのいくつかは彼らが奪ったと変更theyve他はそれが難しい人々がFCP 7から移行するために行います。


RS:しかしFCP Xでお使いのキーボードショートカットをカスタマイズすることができます。どのような方法でこの機能は、FCP 7のユーザーに変更されましたか?

MW:はい、できます。しかし傾けるカスタマイズできるよういくつかがあります。例えば、Fキー(ファンクションキー)はもはや利用できません。また、複数の物事を行うキーがあります。例えば、着信リップルを切り替えるUのキーは、発信とロールツールを波状なくなっています。その小さなことのように聞こえるかもしれませんが、実際には本当に便利な機能が単一のキーをタップし、これら3つのショートカットを切り替えることができるようにする。のFinal Cut Xに存在するこれらの関数の3つの別々のキーがあり、その作業の古いやり方にいることをマップする方法をtheresの。そしてそのような似たようなことがいくつかあります。

これらのささいなことにもかかわらず、何百万人もの人々は、このソフトウェアを使用するつもりです。と私はFCP Xはいくつかの本当にクールな機能を持っており、それが実際にソフトウェアの素晴らしい作品であることを言いたいと思う。欠点は、必ずあります。私の直感では、それらの欠点を識別することは、必ずしも我々はFCP Xを使用してはならないという意味doesntのことですが、それは我々はいくつかの制限が現在あることを認識しておく必要があることを意味します。


RSは:私の視点からは、おそらくAppleはこれまでビデオ編集の世界では古い状態から取り外さ将来を見ている。おそらく、大規模な(ビデオ)制作会社はビデオ編集のような支配的な声を持っていけない、将来は消費者やプロシューマー市場でますます受け入れられている。あなたは人々がYouTube上のものを出すと小さなプロジェクトのための偉大な独立したコンテンツを作成し、知っている。

MW:私は絶対に同意する。私はプロのビデオ編集者が離れて行くのではないかという考え方が、私は市場の大きなバルクは、人々は、高品質を作成している(ビデオ)がtheyreは、プロフェッショナルな環境でそれをやっていないこと、ミッドレンジの空間になるということだと思いますかいけない。技術は単純で取得し、より多くのaccessibleliterallyすべてのiPhoneがITSOでHDビデオカメラを持っているので誰もがの編集の一定量を必要とオンになりますビデオを扱うこととしている。あなたはそれを整理する必要があると提示するために、それはあなたが行う必要がある作業のtheres。そう、人々のこの広い範囲にアクセス可能であり、まだ十分に素晴らしい結果を与えることができるプロフェッショナルツールのを与えるツールを持つことは、リンゴの代表して本当に素晴らしいアイデアです。

また、この背後にある大きな絵のtheres。このツールは、ポイントではありません。ポイントは、ストーリーテリングと、ビデオの内容を伝えるためのツールを使用しています。あなたは素晴らしい行うことができます。


RS:まあ、の話

MW:ありがとう。私はUCLAで教え、十年以上のセミナーを教えていると一般的に非常に情熱的な先生をイム。に興味を持っイム何とImは私はいつも私が固執すると思われる方法でそれを伝達しようとすると何かを記述するたびに約Imは常に非常に熱心。私にはそれは非常に重要ですが、学習者のための最も重要なことではない、技術的な詳細とコマンドの名前を意味する。本当に必要なものをやってyoureのことを行うyoureの理由を理解することです。あなたは、タスクの下にある目標の意味を取得する必要があります。真実はいつでも戻ってくると、再びステップバイステップのインストラクションを確認できることです。

null

Final Cut ProのX 101 -概要およびクイックスタートガイド


ホードは、トレーニングの6または8時間を通して座って、すべてその情報を得ている場合、そのはその最初の視聴から、細部を覚えてタフになるだろう。それでは、私がやろうとすると必ずImがであるそれらの重要な要素を十分に通信している理由youreのは、これを実現する。だから、してあなた自身の映画を作るためにあなた自身のシステムにオフに行くときには、コントロールまたはステップの正確な名前を覚えて、しかししない場合があります、youllは覚えておいてそれを行うための方法theresの...そしてそれはこれと何かを持っていた。 Thatllは、ソフトウェアにあなたの方法を見つけるか、その一点に戻るためにビデオを見直すことができるのに役立ちます。私はちょうど3000​​のコマ​​ンドとその機能のリストを与えるとどのように彼らはそれがそこに他のトレーニングビデオをたくさん好きですかしかし、もし、私はあまりそれのちょうど片方の耳に、そしてその他の外になる感じ。


RS:非常に興味深い!イムmacProVideo.comであなたFCP Xのチュートリアルの多くを掘り下げることを楽しみにして。あなたは私たちに我々はタイトルに表示される可能性のあるものに何か情報を与えるか?

MW:もちろん。我々は、で始まるフリー1時間長い概要のムービーを出力するために始めるからと誰もがいつでも見ることができる無料のモジュールのthats: ​​最初から最後まで全体のソフトウェアをカバーする。そのだけではなく、デモ、その実際に開始するためにあなたが知っておくべきことの多くの感覚を与えるために設計された。しかし、もちろん、すべての深さと、最初のイントロでFCP Xのすべての豊富な要素に入る余地がないtheresの。

それから私は、ソフトウェアにあなたの映像を取得し、それを組織の全体的な説明に入る。これは、FCP Xの大きな利点の一つです: メディア管理とメタデータの組織をベースにした機能は右組み込ま厥

null

Final Cut ProのX 102 -メディア:摂取と整理

次はされた磁気タイムラインでの編集は本当にあなたのプロジェクトにそれを取得し、あなたのプロジェクトを構築し、自分のラフカットを作成するための内容を移動、編集する映像のすべての基礎をカバーする。

null

Final Cut ProのX 103 -磁気タイムラインでの編集


高度な編集テクニック 、その微調整とトリミングともオーディション、複合クリップと関連するヒントのようなクールな新機能のいくつかをカバーするつもりだった。ザッツについてもっとオーディオを操作するには、次のモジュールであり、実際にカバーするために行く厥FCP X.にはかなりの数の優秀なオーディオ強化機能があるすべてのオーディオ編集のfeaturesandはその後、我々は、に進みますタイトル、エフェクトと合成 。画像の調整、トリミングから、それらをフレーミングして内蔵されており、ソフトウェアと発電機に付属しているすべてのタイトル、等すべてのフィルタを使用して、画面の周りにそれらを移動するキー

その後、アイブ分離色補正技術を独自のモジュールに。それらの色補正機能は本当にクールでパワフルなので、少し他の人に比べて短いが、その非常に豊かになるだろう厥。そして最終的によくなってしまうあなたの仕事のエクスポートと共有も、いくつかのメディア管理のヒントとテクニックが含まれています。


RSは:それは素晴らしいです。私はカントはこのFCP Xシリーズを見て終了するのを待つ!深さでそのためのおかげであなたのチュートリアルビデオの中を歩く。

、編集、 ​​アップルのためのオーサリングコースウェアの書籍を演出、ライティング、撮影の仕事をたくさんやって、制作会社を経営し、macProVideo.comのための本当に忙しい制作のトレーニングビデオをyoureのように聞こえる...あなたは任意の空き時間をもらえますか?そして、あなたがどのように過ごすのが好きかどうすればよいでしょうか。

MW:( )まあ、真実が私の仕事ですが、非常に散発的です。私は、IMのスーパー、スーパーは忙しいし、私は自由時間の多くを持っている期間の期間を経る。私は確かに旅行をしたい時間を持っていないとき。私は本当に国際的な旅行を楽しむとするときに私ができることをやろうとする。私は他の趣味と原料のすべての種類を持って、あなたが知っている、私はペイントと料理を愛し、私はパンを焼く。そのようなクールなもの。 ( )あまりにも他の野外活動のあらゆる種類の、。


RS:マイケルは、お時間を本当にありがとうございました。そのは、あなたと話をする本当の喜びになって。

MW:ありがとう!


FCP Xエキスパート、参加マイケルウォール氏を 、そしてFinal Cut ProのXこれらのチュートリアルで裏返しを学ぶ

Comments (13)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Cavahia
    Hi Both, What a fine, sensible and reassuring discourse on the new Final Cut Pro X compared with the diatribes on the Mac App Store. We have a long way to go before we can rate the new software. I have a sneaking feeling that the "professionals" are worried that we ordinary guys will be able to produce stunning output. After all it is a good idea, good photography, a good story and NOT the software which makes a great film. Regards, Norman MacPhee
    • 7 years ago
    • By: Cavahia
    Reply
  • -M
    I think this statement sums it up well: "I don’t think professional video editors are going to go away" Yes they will and already have. "but I do think that the big bulk of the market is going to be that mid-range space where people are creating high quality (video) but they’re not doing it in a professional environment. As the technology gets simpler and more accessible—literally every iPhone has an HD video camera in it—so everyone is going to be dealing with video which will in turn require a certain amount of editing. You need to organize it and in order to present it there’s work that you need to do. So having a tool which is accessible to this wide range of people, and yet gives enough of the professional tools that can give great results, is a really brilliant idea on Apple’s behalf." Yep, that's it folks! FCPX is consumer crap. This is pure arrogance and ignorance on the part of Apple looking to generalize a product that isn't meant to be generalized. Didn't anyone ever tell you that "specialists" are highly sought after and vastly more successful? We'll that used to be pull of FCP. Now we have iMovie Pro (or whatever you wish to call this) for the generalists. This is a failure app if intended as a successor to FCP, and its a success if intended as a hobbyist prosumer version to iMovie. Depends how you look at it. Apple! Please sell off FCP to someone who will actually continue to specialize in professional video suites! They would have a huge and immediate market share, ecosystem and following. Then after you do, change the name of this to iMovie Super-Duper-Kazamo-Whamo or whatever delights you're iMovie desires.
    • 7 years ago
    • By: -M
    Reply
  • Butigio
    Reminds me of this cartoon on toothpastefordinner: http://www.toothpastefordinner.com/062111/can-you-fax-it-to-me.gif I appzapped my FCStudio, the future is here.
    • 7 years ago
    • By: Butigio
  • Rounik Admin
    "I don’t think professional video editors are going to go away" 'Yes they will and already have.' - I think you misunderstood what Michael was saying. i.e. Pro Editors, although small in market share, will always be around. Not that they will or won't stick with FCP X. Give FCP X some time to mature and develop. It is a completely brand new piece of software. For 90% of video editing population it does almost everything that is required. Also remember that it took many years before the original Final Cut was deemed ready to be used in "professional" broadcast production suites, it wasn't adopted overnight after it's 1.0 release as the pro standard. FCP X (or iMovie Pro as you call it) needs more time for Apple to implement certain features, as Michael points out, before we can fully judge it. That's my opinion.
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Butigio
    It is amazing how so many "experts' have such blatant hatred for an app that has been out for 2 days!! What is up with that? Who are these people?
    • 7 years ago
    • By: Butigio
    Reply
  • -M
    Bert, are you a pro user yourself or just a casual hobby editor who has very little hands on use with (the now old) FCP? If the answer is "no" then you really don't have any idea what we're up in arms about, but I assure you its a valid upset. Are you an iMovie user?? If you are, you are sure to LOVE this new app. This app is an iMovie upgrade, not a FCP upgrade.
    • 7 years ago
    • By: -M
  • walkerbell
    When you use and depend on tools every day its doesn't take a lot to recognize a better or lessor tool, We are hundreds of thousands of people who make our living with this amazing tool - up to the release of this UNamazing tool - which will make cute youtube and other standalone videos - but this tool is in no way ( even a start of) any part of an integrated set of tools that people will pay us to do great work on, every day, day in day out. This is NOT version one of a new product for people who make their living editing- this is based on increasing revenue from iMovie users. Larry Jordan said it best in his manifesto yesterday - i paraphrase the title: "Dear Apple Apple does not normally ever comment on future products – though they did this year, prior to WWDC, because they needed to reset expectations. Because of the visibility of this product into an audience that can cause extensive PR damage to Apple, I suggest that Apple break its usual vow of silence and do three things: 1. Immediately return Final Cut Studio (3) to the market. If it is not compatible with Lion (and I don’t know whether it is or not) label it so. But put it back on store shelves so consumers have the ability to work with the existing version until FCP X is ready for prime time. 2. Fund the development of a conversion utility – either at Apple or thru a 3rd-party – and announce the development with a tentative release date. 3. Publicly announce a road-map for FCP X that just covers the next 3-4 months. Apple needs to be in damage control mode and the best way to defuse the situation is to communicate. Answering the question: “What features will Apple add to FCP X, and when?” will go a long way to calming people down.
    • 7 years ago
    • By: walkerbell
  • Rounik Admin
    @ -M, I can understand your frustration with what's happened. But at the same time, as Michael says, if Apple had changed the name and not connected it to the original FCP, perhaps all Pro's would be thinking about it differently. It's amazing what effect a name can have our perception of a product! I would suggest for your needs to wait and see what happens. Send Apple direct feedback (polite & constructive feedback!!) on what's missing for your needs and continue working with FCP 7. :)
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • -M
    Yes I agree about the name, that's why everyone is calling it iMovie pro, because it's more appropriate. Were upset because we know this means Apple is dropping pro users, it's a fairly major deal. And yes apple has received two feedback letters from me so far, and I hope they were polite enough :)
    • 7 years ago
    • By: -M
    Reply
  • Rounik Admin
    1. Apparently FCS 3 updates may become available soon. Whether that includes returning the actual product to retail shelves remains to be seen. 2. I don't agree. These are two completely different software systems... Until FCP X has some sort of XML import ability this won't happen. If it does I think it'll be at the detriment of FCP X development/ 3. Good idea. Can you see that happening? They don't do this for apps and hardware with much larger userbases than FCP Video editors... why would they start now?
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Besemou
    Surely with Garageband in the mix, Logic will not see a similar fate... surely.
    • 7 years ago
    • By: Besemou
    Reply
  • -M
    I'm sure this applies across the board concerning pro apps
    • 7 years ago
    • By: -M
  • Beta Website Forum
    Imagine Photoshop csx was release without layers and the pen tool, was left out and you could not export to pdf? You could not save anything for CMYK because print is out and digital is in? I think everyone would be jumping ship and looking at alternatives(Gimp maybe). We don't have 15 years to wait for this software to catch up, we have already waited 2 years. This software should never have been released with out 3rd party support(ajax,blackmagic),Import and exporting xml,omf.These are a few of the things that make it a Pro app (for me at least) My work flow demands that I export the video for my sound engineer so that we can import to Pro tools(Sound is 90%). I also need to colour correct footage and can't because my third party hardware is not supported. You can import Imovie projects but you can't import fcp7 projects? That alone tells us it is a pro version of Imovie. If Apple don't tell the public what is happening in the near future everyone is going to jump ship! Our livelihoods are at stake here and we can't carry on guessing! It used to be that if you didn't work on a Mac you where not a Pro, I see that changing. Not only will Pro editors stop using FCPX they will no longer have to purchase expensive Macs to edit. I agree story telling is most important, it comes before bells and whistle in software. But Pros want to have perfect sound and good colour grading. FCPX can't export sound to 3rd party products(OMF is gone) Its sad because I really liked FCP7! I am all for change but at least give us the bare essentials so we can continue with existing work flows and grow at the same time. Yes digital broadcast such as Youtube and vimeo etc. is the future, but millions still watch television. And broadcasters are not changing to accommodate Apple Maybe for the first time a Opensource software will become an industry standard? At least it won't cost $300 to try and seems to have all the features FCPX is missing. Lightworks will be ready for Mac later this year and is Opensource. At least it won't be a disappoint as there are less expectations. http://www.lightworksbeta.com/index.php?option=com_content&view=article&id=108&Itemid=247
    • 7 years ago
    • By: Beta Website Forum
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: