All Articles Interviews
インタビュー:ギア、DJプレイ、ニューアルバムやダンスミュージックの復活にTILT
Rounik Sethi on Tue, April 29th 0 comments
TILT have been in the club scene for over 20 years! As well as big releases and DJ performances, TILT are also behind a number of high-profile remixes. Here they talk about their new album and more.

尋ねる:あなたのバックグラウンドについて教えてください。どのようにして始めたのとどのように傾斜が形成されたのですか?

ミック:まあ、それは、自分自身で93分の92に戻って始めたミック·ウィルソン、ジョン·グラハム。我々はバスルームと呼ばれるスタジオのワークアウトを通じてNICを知っていたストークオントレント、彼がケビン·サンダーソンとローラン·ガルニエで働いていた。彼らはデトロイトの男の子とのつながりがたくさんあった。そこで、彼らはネットワークを経由してレコード英国に早期デトロイトハウスシーンを押していた。

NIC:ミックとミック時にDJをし、マンチェスターでの生産をしていたし、ストークオントレントので、私はそこに小さいプリプロダクションスイートにあった。から始めるために、私はエンジニアリング作業が行くように、あなただけの一日で非常に多くの時間を働かせることができる、第二のエンジニアだった。だから、私はチーフエンジニアは、いずれか他の人のことをやったか、燃え尽きた追加的な作業の多くを拾ってしまった。私が最初に元のチルトトラックにプリプロダクションのビットをしていたと思います。

ミック:それは一緒にアイデアを書いて得ることについて以上であった。私たちは、ジョン·グラハムとのコベントリーの自社スタジオを持っていたので、我々はそれがどのように働くか見るためにそこに少しのビットをしました。当時、私たちは、酢酸で切断したトラックを取得するために使用。それだけでロードテストのレコードに50から60を毎回費用として振り返ってみると、それはばかげた!しかし、それはより多くの排他的な作られ、それについてのより多くの誇大宣伝がありました。

ミック:Evetually我々はより多くのNICに働き始めた、と彼は我々はすべてのユニットとしてやったことの不可欠な一部となった。我々は独自のスタジオ複雑で、我々は本当に我々がよくするために知られるようになったサウンドに磨きをかけthatsのにバスルームから移動。それだけで、そこから行きました。そして今造り20年!

ミック:時間はEH飛ぶ!

頼む:20年若い!さらに20年が行く。あなたの音楽的背景の面では、電子音楽、またはその他のスタイルになってから始めたのですか?

NIC:私は男と仕事を始めたとき、私は非常に若かった。私はそれよりも少し若かったとき、私はグランドマスターフラッシュとそういったことのように適切なエレクトロにした。私はキーボード奏者で、80年代半ばには電気の音楽は非常にエキサイティングで新しいものでした。私は、電子キーボードを行うには何を楽しんだ。私は15〜16だったとき、早期ジュノ2を持っていた後、私は我々が最初に会ったレイブシーンに関わるようになった。私はクラバーとしてだけでなく、一般的なレイブトラックのビットに取り組んで、ストークオントレントでシェリーズするつもりだった。私にとっては、新しいロマンにヒップホップにマンチェスターシーンにドナ·サマーも、実際の電子音楽の影響を持っていた何の本物の愛だった、その後、アシッドハウス、その後アメリカのハウス·ミュージックは本当に私のために何かを変更しました。

Nic in the studio in session.

セッション内のスタジオでのNIC。

ミック:私は類似していた。私は実際にミック·ウィルソンとのDJとしてスタートし、我々は英国のレイブとビッグクラブイベントを毎週末を旅し、我々は中にシェリーズで再生するために使用ストークオントレントサーシャがレジデントDJだった。我々はNICを知るようになったかのthats。我々はNICを初めて会った彼は、彼の周りの約50 RAVERSで鍵盤を弾きエントロピーと呼ばれる場所で、ステージ上にあった。私たちは、ちょうど約彼を見ることができましたし、私はそれが非常に面白いと思いました。ストークオントレントの音楽シーンは、あまりにも、その時点で本当に良かった。私たちは、そのシーンに参加できてラッキーだった。

尋ねる:あなたたちは音楽的にクリックしましたか、アイデアに協力して努力する必要があるのですか?

NIC:それは本当に私たちのための音楽の事だった。明らかにハウスミュージックが出回っていたが、進歩的なシーンが人気の意味で始まったhadnt。その時のサウンドを生み出し、多くの人がそこにいなかった、それのようなものは、今日ではありません。

ミック:私はyoureのその環境でそれはマッシヴ·アタック、トリッキー、ポーティスヘッドでちょうどブリストルのように、流れるあなたの創造的なジュースを取得すると考えて、その大きな話題があります。それはあまりにも北は同じであった。それはすべて私たちのためにスタジオに取得し、アイデアを置くことについてだった。

NIC:我々が最初に始めたとき、他のさまざまな人々のための小物類をやって結婚し、どこでもオープンリールのテープの箱の質量を持って結婚。その後サンプラーに沿って来て、それは、生産者が自分の音楽を書き始めるために来新進ますますのためのよりアクセスとなりました。

頼む:何ギアにあなたの歯切りましたか?

NIC:24トラックはまだボーカルを敷設するために90年代に使用されていた。大きなものは、アタリ1040、ST、CubaseのとNotatorた。私たちは、物事のCubaseの側でより多くのだった。赤井S1000は、一日の超人気サンプラーだったし、我々はそれから、その後3000に移っ。限り、他のキットとして:909、808、303、およびどのようなシンセ私たちは結婚の試行で私たちの手を取得し、何かのために利用することができる。一部の人々はそこにキットの独自のビットを持っていたように、スタジオはかなり良かったし、船外の負荷がそこにありました。辞書などの机は素晴らしいサウンドの机だった大SOUNDTRACSた。私たちは、そこに私たちの3-4を持っているので、水、水が実践的なミュートのかなり多くをしなければならないかについて笑っていました。

ミック:基本的には、画面上の配置を見ている結婚し、一部は思いついた時にヤウドはミュートを解除、それだけで私たちの古いアナログの机の上にノイズレベルを低く抑える必要があります。それはクレイジーだったと誰かがミュートトラックに忘れていたときに、午前3時のようだったか想像することができます!

NIC:水回の量は、誰かが、文字列のセクションまたはそのような何かを逃したので、DATまでに立ち直るする必要があります!!

Mick:

ミック:「私たちは自分がアナログシンセを多く使用して、バック我々の前に何をしていたのだろうがわかりました。 "

ミック:赤井S1000は本当の働き者だった、サンプル、妥当な時間を持っていたし、エフェクト·ユニットのための古いヤマハF5およびF7はあまりにも、レキシコンのPCM 70年代素晴らしかったと思います。

尋ねる:あなたはまだ、このギアのいずれかを所有していますか?

NIC:アイブ氏はS6000sのカップルを得た。あまりにも3000。混合の大半はボックスで行われる傾向にあるものの、我々はまだ、いくつかのハードウェアを使用しています。外部の処理のために我々は、SPLまたは他のギアに何かを飛ぶことがあります。

ミック:劇場チケットは自分自身が戻って我々はアナログシンセをたくさん使用する前に、何をしていたかに行く発見として面白い。

尋ねる:それは、誰もが再びアナログ·ハードウェアを渇望していることのようです

NIC:ええ、私は少数の人々は、その傾向があるためにそれをやっていると思います。しかし、現実的に、私は劇場チケットが今まで彼らのサウンドのためのアナログのものを使用して停止したが、そのあなたは非常に多くの異なるシンセを必要とするだけのことと思ういけない。アナログキットを使用すると、シンセは1つまたは2つのことが得意のthats取得する傾向がある。それだけで本当にあなたがどちらシンセやそこに投げ一部の仮想シンセの多くの地獄を必要とする多くの異なるサウンドトラックを作ることができるように、そう。303の音がしない303を見てください。

ミック:その頃はミックスして、本当に一致させることができてうれしい。何かがバーチャル·インストゥルメントに良い音ならば、我々はそれを利用することができます。音は暖かさと、アナログ·ハードウェア·キットから抜け出す少しニュアンスに向いている場合は、それがために必要なものthatsの。

尋ねる:あなたの最新アルバムにどのような機材を使用している?

ミック:まあ、我々は歌基づいていたいくつかのラフなアイデアに取り組んでいた。アルバム全体のために重要なことは、全体のソニックスの流れだった。我々はアナログシンセルートを下るとアナログそれのベースを作るつもりだった。私たちは、たくさんの前に、これを行うために使用するので、それはすべての巧妙なフックとどのようにトラックが流れた程度であったように、我々は終わり、物事を複雑にしませんでした。しかし、今、我々はシンセの様々な使用している。

NIC:私たちと一緒に宿泊している事はジュノ-106とSH-101、303は時代を超越しているだった。我々は最近、ロバート·ライアンとのコラボレーションを行なったし、我々は彼のオーバーハイムSEMを使用し、101のARP Quadraは、ローランドのSH-7といくつかのKORG MS-20、Doepfersや他のモジュールのビットをモッド。音に合ったトラックにキットの異なるビットの多くをtheresの。

Nic with some favorite gear. Can you guess what the pink box is?

いくつかのお気に入りのギアとNIC。あなたはピンクの箱が何であるかを推測することはできますか?

頼む:折衷範囲を!どのような物事のソフトウェア側はどうでしょうか?私はあなたが大きいのCubaseユーザーで理解できますか?

ミック:我々は非常に最初のバージョン以来、すべて長い時間Cubaseのユーザーです。どのような作品やスーツ病気使用。ニーズがあることもしっかりロジックで物事を行う。

NIC:私は物事のMIDI編集側でCubaseのを好む。ギターとボーカルのビットのような生楽器で録音された場合には、時々、私はPro Toolsがあまりにもで動作するようにいいです見つける。我々は数年前にこのアルバムの作業を開始する前に、たくさんのをやった私たちのライブパフォーマンスをやっていたとき、私たちが編集され、Pro Toolsのトラックの多くを再働いて、それはで動作するように簡単になりました。

頼む:どのようなソフトウェア·シンセやエフェクトのプラグインについての?

ミック:それはそのことになると、非常に実験的だった。それは彼らのサウンドを作ることになると生産者の多くは、非常に快適です。いつまでも様々なプラグインやアイデアをしようとしていた。

NICは:私たちの主力の面では、あなたは限りミキシングツールが行くように波のプラグインと間違って行く傾ける。彼らは高価であるが、彼らは素晴らしいサウンドを持っています。 IM好きUは、彼が今のシンセ。 U-HEの歌姫は、ソフトウェアのサウンドのアナログを作るに近づいている。あまりにも良い、いくつかのフリーウェアのプラグインが利用できるtheresの。 Theresのプラグインノール鉛エミュレータですが、良いアナログがそれに感じていると呼ばれるシンセ1つ。その後、SpectrasonicsのOmnisphereとTrilian、スタイラスRMXはしかしそれほどではないtheresの。

頼む:どのようにビートを作るにアプローチしますか?

ミック:私たちは、それがビートになると自分自身をチョッピングし、編集の多くを行う傾向がある。ビューの書き込みの観点から、私はRMXから部品と一緒に行き、その簡単に知っているが、我々は最初は邪魔にならないように私たち自身のビートを取得する傾向がある。それはむしろ、いくつかの株式ループを取るよりも、溝やトラックの流れに役立ちます。

頼む:だから、あなたは最初からすべてを作るか?

ミック:Idは、我々は最初からそれを構築すればビートの95%を言う。ボーカリストに何かを送信されたときに我々は、株式のビートを使用していますかのみです。起こるWhatll NICは自動チューニングの多いメロディーを歌って、それを記録して(非常にひどく)私の家に来て、よくダウン非常に粗い溝を入れて、悪意ある!その後、我々は長い間、約3分の大まかな配置を仕事と彼らにそれを送信します。私たちは、もはやあなたがボーカルラインやアレンジより良い結果でそれらを与えることを、歌手で見つける傾向がある。我々は彼らからボーカルを取り戻すたらうまく株式ビートをスクラップ。

NICは:例えば、ドミニク·アトキンスとの軌道に乗って、我々はテンポを持って、右に感じますが、音は必ずしも同じ滞在しなかったし、多分ドラムの一部が変更されました。そのちょうど彼女のキーとメロディのアイデアの大まかなアイデアを得た。その後、我々は、すべての生産技術をやって起動し、ビューの配置側の観点からそれを見ることができます。