All Articles Interviews
VPとのインタビュー:スティーブHorelick - パート2
Rounik Sethi on Sun, December 12th 6 comments
This is the second part of an interview with the renowned musician, trainer and producer, Steve Horelick. In part 2 of this interview, Steve opens up and candidly shares his insights on Logic's Enviro

これは有名な音楽家、トレーナーやプロデューサーとのインタビューの2番目の部分ですスティーブHorelick

このインタビューのパート2では、スティーブが開きますと率直に共有Logicの環境に関する彼の洞察力、macProVideo.com.comからパイプライン内に何があるか、どのように生活の形状音楽制作と彼の日常の仕事で彼の個人的な哲学。

チェックアウトここでは、このインタビューのパート1を ...またはSteveHについての詳細を理解するために読んで...

あなたのスタジオのセットアップについて教えてください。

I now have a Home Studio. I've had three commercial studios before I landed back home. My studio is very quiet, very private. It's a Project Studio that I've not done a whole lot of special stuff with. I don't have a lot of keyboards because I use virtual ones. I have a bunch of controllers in various states... I'm completely into acoustic treatments too. There's some wonderful things you can do to walls with wood and fabric and so the studio has a very nice vibe to it. You can get an idea of it if you visit www.SteveHmusic.com. There's a picture of me in the contact area sitting in my studio.

余談ロジックから、その他のDAWまたはサードパーティのプラグインは、定期的に使うのですか?

ええ、私はいくつかを使用してください。私は正直でなければならない、しばしば私は、サードパーティ製のプラグインから私が作る音をサンプリングし、それらから自分自身のEXS24のインストゥルメントを作ってあげる。例えば、私はバッテリー3が好きです。私は本当にバッテリーの音が好きですが、EXS24で働く好む。だから、私はそこに座ってよ、とロジック9のおかげではサンプラーのトラックへの変換関数を、私は、EXS24サンプラーインストゥルメントにすべての私のお気に入りのサードパーティ製のサンプリングサウンドをオンにします。

それは物事のカップルを行います。最初、私はいつも彼らに私は(私がインストールされてロジックを持つ3つのMacを持っている)によマシンに関係なく使用しないことができると知っている。だから私のためにあなたが知っているように、それらのすべての3上でサードパーティ製のプラグインを維持するために、実際に痛みをすることができます。

私はそれには限界があることは本当に素晴らしいことだと考えている連中の一人です。だから私は単純に、可能な限り動作するようにしてみてください。私は率直に言ってロジック自体の中にあなたが必要とする何でも構築できると考えているため、私は、ソフトシンセやプラグインのトンのトンの購入に大きな信者ではない。

私は同意する。プラグインのすべての選択肢とそれは圧倒しやすいし、実際に音楽を作る上でフォーカスを失う可能性があります。

まあ、私は病気と考える。それはどこの人、今日の生産の世界ではインフルエンザをつかまえるようなものだ

しかし、バック私は定期的に使用するプラグイン上の元の質問に...(スティーブLogicを起動し、彼のプラグインのリストを通過する)... イーストウェストプレイ、ファブフォー、ゴリアテ、ストームドラム、オーケストラパック 。再び私はそれらをサンプリングし、それを再生するためにEXS24を使っ !私はこれらのようなより多くのようなサウンドライブラリを見てください。

私はまた、SpectrasonicsのOmnisphereスタイラスRMXが大好きです。私はあなたと話していたオーケストラ一つは約Synfulという実にクールなプラグインです。私はまた、Toontrack社のEasyドラマー優れたドラマーのファンです。と私は、VSLアンサンブルのプロのようないくつかのVSLものを持っている。ああ、とGarritanアリアプレーヤーバッテリー3。

あなたは、私が実際にも、次のように欲しいものを知っていますか? Native InstrumentsのKOMPLETEのシリーズ。

KOMPLETE 7?はい。これはかなり驚くべきに見えます。

うん。私はでたくさんの物を干すてきたスコットフレイマンとプロデューサー/作曲家デイブトーザー

スコットフレイマン

デイブトーザー

あなたはmacProVideo.comでオーディオ製品担当副社長だとして。 weはを楽しみにどのようなオーディオベースのチュートリアルを見ることができる?あなたが私達と共有することができる任意の刺激的な"プレリリース情報"はありますか?我々はそれを秘密にする約束...もちろん!

(笑)...よく、私は私が働いていることを伝えることができますトビーピットマン例えば、、と彼は呼ばれるその素晴らしいチュートリアルでしたロジックのギターのレコーディングツールを

ええ、それは素晴らしいチュートリアルです。私はそれを見てきたし、私もそれを愛する...

私はかなり私はトビーが優れたドラマーのチュートリアルを行うために署名したことを発表できることをとても楽しみにしている。あなたが優れたドラマーで偉大なドラムトラックを作るために知っておくべき情報がここに。だから私はそのことについて興奮しています。

私も時の一人で作業してきたユニバーサルオーディオと我々はすぐに" ユニバーサルオーディオ-全ての圧縮について "という新しいタイトルで出てくることでしょう。それはデビッドクレーンと呼ばれる素晴らしい人によってです。彼は、圧縮について語り、その後、彼はすべての彼らのコンプレッサーを通して私たちを取る...またはそれらのコンプレッサーの少なくとも大部分の、およびそれらを使用する方法、その動作について説明します。それはショーのようなものだ

我々はまた新たなトレーナーを持って、 ベッツドリューAbleton Liveの認定トレーナーが。彼 、Ableton のドラムラックには本当にクールなチュートリアルを行うこととしている。他にもたくさんあり​​ます....今生産でとてもたくさん。

私はとても興奮しもう一つのシリーズは歌うカナリアのオーディオ録音のアートと呼ばれる1つ、。それは、ライブミュージシャンを記録する方法についての全体のシリーズです。一つ目は、"大きな成功を収めているオーディオ録音の概要 "。非常にすぐに我々は、" レコーディングドラム "と" 録音のギターを "解放することになるだろう。

フロリダでユニティゲインスタジオからアンソニーIannucciは 、、最近有名なジャズピアニスト、記録デイブブルーベックが彼のスタジオで。彼はそれを文書化し、我々は非常にすぐに外にする別のライブ録音のスタイルのチュートリアルを、作成して、" グランドピアノの録音-デイブブルーベックのセッション"と呼ばれる。

うわー!だから、オーディオ録音を見てより多くのソフトウェア一般的な、現実世界のチュートリアルがあるだろうのように聞こえる?

絶対に。私はそれがソフトウェアを教えることは本当に重要だと信じても、私も本当に人々が知っておく必要がある特定の概念や工芸品があると信じています。これらは常緑であり、すべてのソフトウェアを超越する技術とスキルです。私が開発するとしてmacProVideo.comカタログには、ソフトウェアベースとは限らないのチュートリアルは、これらのタイプのより多くを見ることができますが、それらから学ぶスキルは、使用している任意のソフトウェアに適用することができます。

それは、ソフトウェアを教える私たちのチュートリアルを補うの方法です。あなたは、ミキシング教えるマスタリングを教える、Pro ToolsのAbleton Liveやオーバーダブでプロジェクトを開始し、物事のMIDIと、あなたが知っている、それらの種類を行うロジックには、それを実現する方法を示すように、知っている。

Nice! Talking about software... Although Logic is more accessible for new users than ever before, I think it can still seem daunting to the first-timer. What advice would you offer to those approaching Logic from scratch?

Watch our tutorials!

ニースの短い答えは、スティーブ。ちょうど三つの言葉?

あなたが知っている、ロジックは深いプログラムです。我々は音楽を作ることは、ドラッグ&ドロップし、起動し、ループのように単純になることができる場所にいるので、タフなひとつです。しかしそれだけでそんなに多くあります。実際にそれをマスターするために、あなたは多くを知っているんだので、ロジックのようなプログラムは、より困難なことができます。限り、Appleはそれをより簡単迎えに行ったとして、私は知識のために言うことに何かがあると思う。このロジックにに戻ってプログラムの5%を使用し、本当に素晴らしいサウンドトラックを作ることができますが。圧縮とミキシングおよびMIDIについての何かを知っていれば、それは本当に役立ちます。

これらすべてのものを機能させるには、メニューの選択についてではなく、信号の流れを理解する程度ではありません。そしてあなたが実際に作っているのかメニューの選択を行うという事実は、二つの間の接続です。アナログの世界から来ている私のような誰かのためにそれは私に第二の天性です。しかし、実際には信号の流れを理解していない素晴らしい音楽を作る新規ユーザーの全世代があります。そして、あなたはロジックとして洗練されたとしてDAWで作業しているとき、それはすべての信号の流れについてです。

だから私は、ソフトウェアのみを学習することはお勧めしませんが、実際に信号の流れについて、補助はミキシング、送信、およびセッションの設定方法は、異なる信号の流路を設定していることを理解しています。あなたがそれを把握することができるしかし、もしあなたはまだプリセットをジャンプしている人々が行うことができないことを音楽で物事を見ることができるのだ。

この笑顔にするもの

(笑)..私の作るもの笑顔はこの質問..!です(長い物思いにふけるポーズ...)彼らは、同じ質問かもしれない...私は、彼らは同じ問題だと思う。

私は本当の何で本当に大きなです。ライブパフォーマーとして音楽を作るという点で、人生と音楽の私の目標は、一瞬で右ここにすることです。だから、私は私のエネルギーが一瞬で右に集中保つことができるならば、私は、私が人生で何かが欠落していないよ右を知って、あなたと話したり、誰かと行っているとき。それは私は本当に、本当に幸せです...そしてそれは私が動かしているもの!

それは間抜けのように聞こえるかもしれませんが、ここで問題の真実です。私は分前に、あなたが知っている、演奏間違った音符を心配している場合、私は今右の再生することができる最高の演奏ではないよ。私の思考は、過去についてです。それは、人生でも同じことだ。生活の中で、誰もが時々悪い意思決定を行うが、それらに住むならば、この後すぐにでないと、あなたが誰かと今持っている可能性がありますという会話を鑑賞していない、誰もが台無し...それは人生に適用され、それが音楽に適用されます。

そう簡単に言うと、何が私を幸せにすると何が私が音楽との関わり、人々と協働することができるという、人生で従事さ動かしているもの。と関与は非常に、非常に存在する約常にである。これほど多くの美しさは世界でそこにずっと上の美しつは、を取得し、それを形成し、そこにそれを置き、人々を幸せにできると、私を幸せにすると私が動かしているものもあることを、音楽で作成することができます。

Thanks. Well... This is what I call the 'Robinson Crusoe' Question.... You're stuck on a Desert Island. You can have 3 albums of your choice only. What would they be and why?

Ha! OK. First one would be any Morton Subotnik album from the 1970's. He did the coolest electronic music that was ever made. He was a mind-blower for me as a student.

二つ目はマーラーの第4交響曲になります。彼は私の好きな作曲家の一人だと誰ものようなメロディーと対位法書いていないグスタフマーラーを 。私はちょうどそれを愛する...彼はちょうど私をどこかに取り、私はマーラーの第4なくしては生きていけない。

と、おそらく

ああ、あなたが何を知って、私は複数で投げることができますか?

なぜ、先に行く。

アビーロード 、二次側。私にとってそれは、作曲と制作の傑作です。それは上から下まで真の旅だと私は誰も以来に近いものに来ているとは思わない。

[OK]をクリックします。ちょっとあなたも右、今iTunesストアでそれを拾うことができますか?

うん!(笑)

...我々はまだ終わっていない!あなたはまだその砂漠の島で立ち往生している。あなたは、Mac用のソフトウェアとハードウェアの1個の1個を持つことができます。それは何か、なぜでしょう?

ああ、私の。それは難しい質問ですね。ソフトウェアのワンピース?ああ...

うん。オペレーティングシステムがプリインストールされている心配しないでください。

(笑)

それはあまり驚きではない...私はロジックがあるんだけど。その後、ハードウェア...それは、カスタムメイドのものになるだろう。この島のために出るときに私は私を組み合わせたハードウェアのカスタム部分があったと確認してくださいという禅ドラムを私の88鍵ピアノのコントローラとを。 (爆笑)...残念ながら、私は本当にロジックで自分自身を楽しむために、それらの両方が必要です!

このインタビューを行うために時間を割いてあなたにスティーブに感謝!

ありがとう!そして私はちょうど最終的に私は、本当にmacProVideo.comと我々が取っていると新製品が出てくる方向に興奮だと私は数年間で本当に、本当に難しい作業をするつもりだと言ってしたいと思いますmacProVideo.comが世界で最高のトレーナーが最高のチュートリアルをユーザに提供していることを確認するために来て!

Comments (6)

You must be logged in to comment.

  • Rohogay
    I feel like I was sitting on the living room couch reading this with Steve telling us the story. Then I felt Like I visited the Conservatory and was there for the performance which was fantastic. EXCELLENT recording quality as well. Kudos to Rounik Sethi for always providing excellent quality content on this site.
    • 8 years ago
    • By: Rohogay
    Reply
  • coFane
    Excellent advice! The direction MacProVideo is going REALLY makes sense. I'm especially excited for these "evergreen" tutorials. I think some fundamental and advanced style tutorials on Mixing and Mastering audio is just what is needed. A lot of MPV loyalists are very fluent with the software but we need more guidance when it comes to the universal principles of audio (esp mixing). Please make these available soon! I know they will apply to all DAWs but still try to record them using Logic :)
    • 8 years ago
    • By: coFane
    Reply
  • Rounik Admin
    Stay tuned... as Steve says... there's a lot of excellent titles in production... that will be good for Logic, Cubase, Pro Tools and Ableton Live users... :)
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Xawuvau
    Ever hungry for more knowledge & Steve is a true master & magician of the musical toolbox. Keep up the great work!
    • 8 years ago
    • By: Xawuvau
    Reply
  • presto211
    Really enjoyed this interview with Steve...very casual yet very informative. And thanks to him for the tip on Morton Subotnik...was reading recently about the San Francisco Tape Music Club so now I know checking him out is a must!
    • 8 years ago
    • By: presto211
    Reply
  • Adman
    Steve seems such a pleasant guy! Great tutorials too. Looking forward to the newest installments(=
    • 6 years ago
    • By: Adman
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: