All Articles Keynote
Keynoteを使用した簡単なアニメーションを作成する
Mike Watkinson on Sun, December 11th 0 comments
Keynote is more than an easy to use PowerPoint clone! Aside from being able to create captivating presentations, it can also be used as a key frame animation package. Mike Waktinson shows how.

停止フレームアニメーションは、立て続けに一連の静止画を再生することにより、動きの錯覚を作成します。キーフレームアニメーションは、それが一方から他方へ移動するのにかかる時間を、始点と終点を定義することで同様の効果を達成し、パスの形状。基調講演は2つの方法でこの効果を達成することができます:スライドからスライドへの移行として、または同じスライド内のアクションとして。これらの技術は、単純なアニメーションムービーを作成する方法として、プレゼンテーションがよりダイナミックで目を引くだけでなく、作るために使用することができます。


トランジションを使用する

編集スライドを複製する

重複したスライド上で、あなたがアレンジを選択して他のオブジェクトをロックできる、その端の場所(にアニメーション化するオブジェクトを移動する

インスペクタ( オプション+コマンド+ I)にしてナビゲーター( ビューで選択した最初のスライドで、遷移ボタンが選択されていることを確認し、スライドインスペクタ]を選択します

The Slide Inspector, with Transition set to Magic Move

マジックムーブに設定された遷移を持つスライドインスペクタ、。


あなたがアニメーションムービーを(ではなく、単にプレゼンテーションの効果など)を作成するKeynoteを使用している場合、あなたはまた、自動的にトランジションを開始するとスライドの間の遅延がどうあるべきか長いかを決定する必要があります。

ムービーとしてスライドをエクスポートするには、 共有を選択します。

再生使用から固定タイミングを選択しますドロップダウンメニュー。あなたがインスペクタに自動的に移行するスライドを設定すると、スライドとエクスポート]ウィンドウで、期間の構築は無視されます。

The indicated Slide and Build durations are ignored if the Start Transition is set to ‘Automatically’ in the Slide Inspector

開始トランジションはスライドインスペクタに自動的に設定されている場合、指定されたスライドと期間をビルドは無視されます。


この方法を使用していることに注意することが重要である、基調講演は、スライドの間には若干のポーズを配置すると、一時停止なしで定数滑らかなアニメーションの効果をお望みであればどのような設定遅延および/または持続時間のための、、、次の方法はあなたです!


アクション

この方法では、同じスライド上のオブジェクト(画像、図形、テキストボックス)を複製し、それが移動するに沿ってパスを定義することができます。

アニメーションを設定したいオブジェクトを選択します。

インスペクタ( オプション+コマンド+ I)でビルドインスペクタ]を選択します。

オブジェクトのコピーが表示されるMoveエフェクト(ゴーストと呼ばれる)と、元にそれを結合する赤のパスを選択して[操作]ボタンをクリックします。

Object with its ghost and motion path

そのゴーストとモーションパスを持つオブジェクト。


その先にゴーストオブジェクトを移動します。

この場合、ビルドインスペクタでのプロパティは、全体のパスに適用されます。ノードを作成し、ノードを移動するパス Option -クリックしてください

[アクションの追加]のプラスボタンをクリックしてください:これは、プロパティの最初の独立した2つ目のパスを持つ別のゴーストを追加します。

Clicking the ‘Add Action’ button allows you to define a ‘complex’ path

[アクションの追加]ボタンをクリックすると、複雑なパスを定義することができます。


複数のアニメーション

したら、その幽霊とそのモーションパスを明らかにするために、オブジェクトの右下隅にある赤いボタンをクリックすることによって達成されるには、パスを表示、同じスライド上に複数の移動する物体を持っている。それらを見えるようにしておくボタン Option -クリックするように、別のオブジェクトをクリックすると、これらは消えます。

Multiple paths

複数のパス。


選択するパスは、マウスでクリック、またはビルドインスペクタで詳細オプション]ボタンをクリックし、リストから選択します。また、アクションの順序を変更するためにこのリストを使用して、それらが起動時に決定できます。もう一度、あなたの目的は自立型のアニメーションムービーを(のようなアニメーションプレゼンテーションではなく)を作成する場合、おそらく自動的にビルドを(またはこの場合のアクション)を開始することを選択したことになるでしょう。


スクロールタイトル

このアクションを使用して作成できるきちんとした効果は、タイトルをスクロールしている。

  • まず、テキストボックスにタイトルを作成し、いくつかのリターンを追加することにより、ボックスの上部と下部にスペースがあることを確認してください。

    Start by writing your titles - add returns at the top and bottom of the text box

    あなたのタイトルを書き込むことにより開始 - テキストボックスの上部と下部のリターンを追加。

    Drag the text box to the bottom of the slide so you can’t see the text

    あなたはカントのテキストを参照できるように、スライドの下部にテキストボックスをドラッグします。

    Add a Move action

    移動アクションを追加。

    Drag the ghost to the top of the slide so you can’t see the text

    あなたはカントのテキストを参照できるように、スライドの上部にゴーストをドラッグします。

    To make the movie file as smooth as possible choose Custom... from the Formats drop-down menu

    Customを選択できる限りスムーズにムービーファイルを作るには... Formatsドロップダウンメニューから。

    Set the frame rate as high as it will go!

    それが行くように高いとして、フレームレートを設定します!



Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: