All Articles Logic Pro
ロジックスのサンプルエディタを使用する5非破壊方法
Rounik Sethi on Tue, June 22nd | 4 comments
In Logic 9 you can make fine adjustments (at sample level) to audio regions within the Arrange area or the Sample Editor. Many people overlook the Sample Editor, partly because most of it's editing

Logic 9のあなたは、アレンジ領域またはサンプルエディタ内での微調整(サンプルレベル)オーディオリージョンにすることができます。多くの人々はそれの編集機能のほとんどは破壊的なものもあって、サンプルエディタを見落とす。このようなサンプルエディタで逆にしたりフェードを適用するなどの機能を意味するものは永久に元のオーディオファイルを編集する書き込みを行います。これが望ましくない場合がある場合もあります!

例えば、ロジック5または6を使用して、私の最初支払われた仕事のひとつは、アーティスト上で音声を録音関与。レコーディングセッションの後、私は私の快適なスタジオのアームチェアに定住し、興奮して(がぶ飲み)ロジックのサンプルエディタでオリジナルのオーディオファイルの選択の利得を黙らして調整に進んだ。

私は、全体のプロセスについてのラリーのような幸せだった...私は翌朝のプロジェクトを再訪し、私は私の編集に熱心以上していたが実現するまでそれは、です!バックロジックのそのバージョンで、プロジェクトは閉鎖されていた後のサンプルエディタの機能を元に戻すロジックを要求するオプションがありませんでした...。次の12時間は、私はオリジナルのオーディオファイルをバックアップし、慎重に私の最初のナイーブをカバーするためにアレンジのトラックのオートメーションをたっぷり使って、いくつかの部屋の音を追加しようと前日から編集していた希望に費やされました!

すべてのことを言っても、サンプルエディタと私は再び友人です。私はそれを敬遠していない - 逆に - それは多くの優れたツールを持っています...しかしそれは最初に元のファイルのコピーを保存しておくことが重要です。だからここに非破壊的にロジックのサンプルエディタを使用する5つの優れた方法があります!


ヒント1 -過渡編集モード

あなたは、アレンジ領域でオーディオリージョンをダブルクリックして、ロジックのサンプルエディタを開くことができます。

あなたがこれまでオーディオをストレッチやワープするロジックのフレックスタイムの機能を使用した場合はどこでどのようにロジックを一時的マーカーで決める、あなたは疑問に思っている可能性があります。よく、サンプルエディタのツールバーの"過渡編集モード"ボタンをクリックするか、 オーディオファイルを選択

あなたは、ツールバーでマイナス​​とプラス]ボタンをクリックして、検出されたトランジェントの数を増減できます。

また、トランジェントマーカーの位置を移動すると、目的の位置にドラッグするのと同じくらい簡単です。ダブル手動で削除する一時的なマーカーをクリックすると、鉛筆ツールを使用してトランジェントマーカーを作成することができます。

一度希望のような一時的なマーカーを設定している、あなたはフレックスタイムを従事し、ワープやアレンジ領域でトランジェントマーカーで領域を分割することができます。


ヒント2 -オリジナルオーディオファイルの保存とバックアップ

それは、サンプルエディタ自体であなたのオーディオファイルを保存し、バックアップするために実際に信じられないほど簡単です。

あなたのようにファイルをバックアップまたは保存することもできます...ローカルメニューのオーディオファイルから

By default the later command will save the file to Project folder / Audio Files /
At the same time you can convert the file's Sample rate, bit depth, file format and stereo conversion if you wish. The handy option 'Add resulting files to Bin' is enabled by default.


ヒント3 -アンカー

アンカーは、その名前が示すように、アンカーまたはLogicのグリッドまでの領域を整列します。デフォルトでは、オーディオリージョンのアンカーポイントは、地域の先頭にあります。このように、アレンジ領域でオーディオリージョンを移動すると、ヘルプタグは、アンカーが配置されているポイントの参照を開始...これは、地域の始まりです。

しかし、それでも聞こえる前に、オーディオコンテンツを保持しながら、地域の第二の過渡にアンカーを整列することもあります。二番目のトランジェントは、グリッドの位置ではなく、地域の先頭にスナップすることをアレンジ領域でリージョンを移動するこの方法。

これをしてみてください。サンプルエディタでオーディオリージョンを開き、右に下部に小さなオレンジ色の家のアイコン(アンカーポイント)をドラッグします。

あなたが写真からわかるようにオレンジ色のアンカーポイントは、地域のための基準点を移動しました。地域自体に変更はありませんが、アンカーポイントは、それがロジックのグリッドで座る場所を決めるので、それが移動されています。

ビデオにサウンドエフェクトをスポッティングするときに特に便利です...またはいつでも好きなときに一時的な/ヒットビートまたはバーの上に直接であるために。


ヒント4 -セクションの選択

多くの場合、私は自分自身が、ループを作成する元に戻したり、オーディオファイルのセクション全体ではなく、オーディオファイルを編集するいくつかの他を適用したい見つける。アレンジ領域では、これは簡単にトラックオートメーションおよび/またはマーキーツールと組み合わせてを使用して達成することができます。

サンプルエディタでは、単にその部分を選択するには、メイン波形ウィンドウ内の領域の上にドラッグできます。サイクルボタンをクリックし、選択した領域を何度も繰り返し聞くことながら試聴ボタンをクリックしてください。

正確な選択領域を作成すると、ほとんどのレベルをサンプリングすることでズームとトリッキーになると不器用な方法のように感じることができる選択領域を調整伴うだろう。理想的にトランジェントに基づいて選択領域を作成するために適しているいくつかの隠し離れて選択コマンドがあります。

Explore the local menu Edit > Set... >
Here you'll find commands to set the selection start and/or end to the previous/next transient and also to set the Region Anchor to the previous or next transient.

ショートカットキーのコマンドのメモを取る、それが容易になり、エラーも少ない傾向にサンプルエディタで選択領域を作成することができます!


ヒント5 -領域の作成 ​​と編集

これで、サンプルエディタ内の特定エリアを選択して習得している、我々は、これらの非破壊的で何ができるの...?よく、あなたがサンプルエディタの選択を反映するために領域を更新するには主に2つの方法があります。

選択した領域は、[編集]メニュー

リージョンの開始点と終了点とアンカーポイントが選択に応じて調整され、アレンジ領域でリージョンがこれを反映して更新されます。

これは非破壊であることを忘れないで、そのためには、常にオリジナルのオーディオファイルの多くを参照する領域の境界をドラッグすることができます。

If you prefer not to set the current region to the selection, but you would like to create a new region from the selection to be used elsewhere in the Arrange choose:
Edit > Create New Region

もう一度、アンカーポイントとサンプルエディタの領域の境界は、選択された領域に収まる。それがあったとしてアレンジ滞在の地域...あなたがサンプルエディタでリージョンの名前を見ればしかし、それは接尾辞として数字を持つことになります。メディア領域のオーディオビンを開くと、新しい領域がこの番号で作成されて見つけることができます。これで、エリアをアレンジしてそれをドラッグして、非破壊音楽作りを続けることができます!

注:

あなたがさらにこのまたは他のロジックやMacのソフトウェアの問題に関するヘルプが必要な場合www.macprovideo.com/forum/をご参照ください

Interested in learning more about Logic and even how to use the Sample Editor within the EXS24 Sampler Instrument Editor? These tutorials will help you to become proficient whether you are starting out or looking for advanced tips, tricks and techniques! We'd love to hear from your. Let us know what you think by writing a comment below!

Comments (4)

You must be logged in to comment. Login Now

  • coFane
    Great tutorial as always! Very informative. 2 questions for ya Rounik... 1) why is the Soundtrack Pro audio editor in many ways so much more powerful than Logic's? It's always been odd to me 2) In the new mastering in cubase tutorial, in Video #5 he does a "statistical analysis of a mastered audio file. It tells what the RMS db is in the file and many other cool things. Is there an equivalant in Logic? I was thinking it might be in the sample editor somewhere? Thanks as always!
    • 8 years ago
    • By: coFane
    Reply
  • Rounik Admin
    Thanks Eric! 1) STP can perform many cool editing functions that Logic's Sample Editor just isn't able to. For example, you are able to apply an effect from any of Logic's plug-ins directly to a selected portion of an audio file... and undo this at any point. Lots more too, like the noise reduction features. 2) Good question. I've never needed a tool like this... I tend to use the metering plugins to give me similar kinds of info... There are free 3rd party plugins available too... I think FreeG is a good one by Sonalksis which gives Peak and RMS readouts. Hope that helps! Rounik
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • logicluvva
    I love this substance-style of presentation and it is conveyed in the perfect way. Give this man more money !
    • 7 years ago
    • By: logicluvva
    Reply
  • Rounik Admin
    Thanks logicluvva, Glad you found this article useful! :)
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: