All Articles Logic Pro
あなたのベースにボトムエンドを追加する:パート2
Mike Watkinson on Tue, August 2nd 0 comments
In Part 2 of this Extra Bass series Mike Watkinson demonstrates how to use a simple sine wave generated by the EXS24 to add sub-harmonic content in a controllable way.

で、 Logic Proであなたのベースに追加ボトムエンド-第1部私たちは不完全に記録された低音部の下端を強化しするためのロジックの長所のサブベースプラグインの使用を検討。サブベースのプラグインでの課題は、その出力は入力のピッチに対して相対的に変化するので、そのピッチの1オクターブ下で問題のある低音の部分を倍に別々の部分を作成するために、より便利になることがありますので、そのレベルのこと周波数成分と影響は、より慎重に制御することができる。

我々は、オーディオレコーディングについて話しているので、必要とされるものは、適切な機器がミックスの透明度を破壊することなくオーディオにシンプルなサブハーモニックコンテンツを追加するために使用できるようにするためには、そのMIDIに変換することです。


ステップ1

オーディオベーストラックに隣接するソフトウェアインストゥルメントトラックを作成し、フィンガーエレクトリックベースのようなライブラリから適切なEXS24のインストゥルメントのプリセットを、割り当てる。後で、これを変更します。


ステップ2

サンプルエディタを開くには、オーディオリージョンをダブルクリックし、次にスコアのオーディオを選択... 工場ローカルメニューから。オーディオのスコアウィンドウにプリセットを選択します。拾ったギターのようなものがきれいに選んだベースパートに対して行うようには低音のプリセットはありません。手順1で作成したソフトウェアインストゥルメントトラック(これは作成しようとしているMIDIの保存先トラックである)が選択されていることを確認してください。スコアウィンドウへのオーディオの[プロセス]ボタンをクリックします。

Choose Audio to Score from the Sample Editor’s local Factory menu.

選択する"スコアにオーディオ..."


Choose an appropriate preset in the Audio to Score window, then click ‘Process’.

適切なプリセットを選択した後、プロセスをクリックします。


ステップ3

ロジックは、ので、ここで少し退屈な部分を以下の混在する結果とオーディオのピッチやリズムを分析することに挑戦しています。ピアノロールやスコアエディタのいずれかを使用してMIDIノートをチェックし、それらが正しいようにオーディオと一緒にそれらを聞くことによって、ノートのピッチを調整する。ロジックは、時にはいくつかのオクターブで見逃しているようだ!また、任意のグリッチのノートまたは修正できないミスを削除する。あなたは常に新しいMIDIパートだけを補強そこに既に、ため、新しいリズムやピッチが要求されないものであることを確認するためにオーディオ低音部分に対してチェックする必要があります。実際には、MIDIパートをオーディオよりも少し簡単な場合そのようにはるかに良い!あなたは、MIDIベロシティにオーディオのボリュームを変換する試みが行われたとリズムは通常、非常に正確であることをしていることがわかります。

The result of Audio to Score in the Score Editor.

スコアエディタでスコアにオーディオの結果。


Moving notes up one octave and deleting a ‘glitch’.

オクターブアップのノートを移動し、グリッチを削除。


ステップ4

それは正弦波を再生できるようにEXS24から機器を取り外します。また、それは実際にオリジナルの低音パートの1オクターブ下を再生していることを確認する必要があります。されていない場合は、これを変更するEXS24sトランスポーズのパラメータを使用します。


ステップ5

あなたは、MIDIパートの音符の両端は、EXS24のエンベロープ2のADSRセクションへ行き、これが根絶されるまで、リリースタイムを増加させる、その場合にクリックを、引き起こしていることがあります。また、組み合わせに注意し、正弦波の攻撃フェーズが明確にのみ、元の記録によって作成されるように、少し攻撃の時間を追加したい場合があります。

EXS24 with ‘No Instrument’, the Transpose field and ENV 2’s ADSR.

いいえインストゥルメント、トランスフィールドとENVの2秒のADSRとEXS24。


ロジックでミキシングの詳細についてに興味がありますか?チェックアウトミキシングR -ロジック403



Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: