All Articles Logic Pro
Logic Proで自動化ビットクラッシャー効果
Mo Volans on Mon, February 25th 1 comments
Have you tried adding an edge to your tracks with distortion? It's easy to go over the top... Mo Volans shows how to get an aggressive sound while keeping your mix balanced using Logic Pro.

時にはあなたの部分はエッジを少しだけ必要です。歪みがここに明らかなルートですが、ときに、よりアグレッシブなサウンドの検索では、それが過剰に使用させる傾向にある。 Bitcrushingは固体代替であり、自動化の興味深い結果の重い線量と混合した場合に達成することができます。

ここでは、株式Bitcrusherとプログラムされたシンセのループを使用して、Logic Pro 9では、オートメーションと一緒にBitcrushingを使用する方法を見てみましょう。


あなたの犠牲者を選択する

効果は、この種のは、文字通りあらゆる楽器ループやサンプルに適用することができます。アイブ氏は音源のこの種は、通常、この手法で作成されたエッジの効いた効果thatsのに非常にうまく反応する傾向があるので、シンセの​​アルペジオを選ぶことにしました。

この場合、新しいLushの101ソフトシンセは動作するように配置され、その内部のアルペジエーターは、いくつかの簡単な和音からいくつかの非常に複雑なパターンを生成します。そのすでにかなりエネルギッシュが、もう少しパンチで何ができる!

The arpeggio we will be crushing to death.

アルペジオ、我々は死に破砕されます。


未治療のアルペジオが再生されます:

[オーディオID = "19677"]


いくつかの基本的な破砕を適用

軌道に乗るために、youllはBitcrusherをロードする必要があります(驚き、驚き)、我々はLogic Proであるので、我々は非常に有能な株式装置を使用しようとしている。それは簡単であるかもしれませんが、それだけで複雑さの右の量と古いCPUにはほとんどヒットで固体、カリカリの音を提供しています。

インサートとしてBitcrusherをロードし、見つけた場合は、その必要に応じて制限するいくつかの光を適用します。歪みはダイナミックレンジを減らすんがあなたは道に沿っていくつかのわがままなトランジェントを発生することがあります。

あなたは、効果がすぐに作るの違いを聞くことができます。標準的な8ビットの設定は、私たちのシンセにクランチの公平なビットを付与し、全部がperceivably大きくなります。今すぐオートメーションを使用していくつかのダイナミクスを追加することができます。

The bit crusher is loaded as an insert.

bitcrusherは、インサートとしてロードされます。


デフォルト設定はシンセに基本的なクランチを追加:

[オーディオID = "19678"]


パラメータを自動

ここでは2つの重要なパラメータは、解像度とダウンサンプリングされています。これらはそれぞれ、ビット深度やサンプリングレートを表しています。クランクとき、彼らは両方の極端な効果を作成しますが、これの短いバーストは本当にうまく機能することができます。

私は解像度で起動し、シーケンスに合わせていくつかのライブオートメーションを記録した。私は、フレーズの終わりに向かって、非常に低いビット深度のために行ったとだけ、短時間のためのこれらのより強い位置にとどまった。

The resolution is automated in steps.

解像度はステップで自動化されています。


分解能パラメータに影響を与えるいくつかのステップベースの自動化:

[オーディオID = "19676"]


私がダウンしてサンプルコントロールを使用して、同様の記録を作成しました。再び私はスペクトルのcrunchierエンドを使用だけでサイズのチャンクをかむ。自動化の2つの部分は一緒に面白いコンボのために作る。

The downsample control is also automated.

ダウンサンプリング制御も自動化されています。


ダウンサンプリングの効果に加えていくつかのハイエンドEQ:

[オーディオID = "19679"]


最後に、私はプロセス中に失われた周波数のいくつかにダイヤルするには少しハイエンドEQを追加しました。あなたが好きな場合は、ステレオディレイ、リバーブの形でいくつかの空間処理でさらに一歩先を行くことができます。


味に混ぜる

ありません、これらは効果に満ちていると時々、彼らは元の音をマスクするかもしれないという事実から逃げるん。あなたはこの出来事を見つけた場合は、常に効果の下のパネルを開いて、元の乾いた音のいくつかのインチをダイヤルすることができます

The final effect has some extra drive but also a touch of dry signal mixed in.

最終的な効果は、いくつかの余分なドライブだけでなく、インチ乾式混合信号のタッチを持ってい


微調整された乾燥混合物との最終的な音:

[オーディオID = "19680"]


並列処理のこの種は現在、Logicプラグインの多くで利用可能で、迅速な並列処理のルーティングを作成するための非常に便利です。この場合、それは私たちのオリジナルのダイナミクスを失うことなく、重いビットクラッシャーを使用することができます。


Related Videos
Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • Magic Fingers
    Great example!
    • 7 years ago
    • By: Magic Fingers
    Reply
Logic TNT 3 Tips and Tricks: Reloaded
Logic 304
Dream It. Do It.
Do you want to learn Logic TNT 3 Tips and Tricks: Reloaded?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: