All Articles Logic Pro
Pro Tools内で検出対Logic Proのビート:パート1 - テンポマップを作成する
Mike Watkinson on Sat, May 28th | 0 comments
Beat Detective in Pro Tools is a very powerful tool, useful for a whole range of beat-based editing and tempo manipulation activities. This is the first Quick Tutorial in a series that aims to show...

Pro Toolsで探偵を倒すとビートベースの編集とテンポの操作活動の全範囲のための有用な非常に強力なツールです。これにより、これらの各プロセスを表示することを目的とシリーズの最初のクイックチュートリアルです、とでそれぞれを複製する方法Logic Proの同等のダイアログウィンドウを持っていない、。


ステップ1 - Pro Toolsのテンプレートマップの作成

あなたが版Beat Detectiveを使ってできる最も有用なものの一つは、パフォーマンスに基づいてタイミンググリッドを発見し、作成するためにクリックトラックを参照することなく演奏された地域(または地域)、分析することです。 Pro Tools内でこのプロセスを開始する最も簡単な方法は、例えば、、つまり、意味のある音楽のチャンクに4つまたは8つのバーのセクションをパフォーマンスを編集することです。


This 8 bar section was recorded without click, and requires a tempo map to make it fit 8 bars exactly on the timing grid

この8バールのセクションは、クリックなしで録音し、それが正確にタイミングをグリッド上で8小節を合わせるためにテンポマップを必要としています


ステップ2 - Pro Toolsのビートマーカーの作成

Beat Detectiveの中の( イベント

検出]セクションで、生成する方法多くのテンポイベントに応じてバー、拍またはサブビートを選択してください。経験則としては、パフォーマンスがテンポの観点から非常に複雑な場合を除き、拍ごとに複数のテンポのイベントを用意する必要はありません!


 Beat Detective with appropriate settings to detect Beat Markers for this region

この地域のビートマーカーを検出するために適切な設定を使用して探偵ビート


ステップ3 - Pro Toolsの編集ビートトリガー

感度のスライダーは、検出されたトリガーポイントの数を調整します。一部は正しくないように見えるなら、グラバーツールでOptionキーをクリックして、それらを削除することができます。


ステップ4 - テンポイベントを生成

今すぐ[Generate]ボタンをクリックして、一時的な一連のイベントは、テンポルーラーに作成されます。クリックトラックを作成し、プロセスが正しく実行されたことを確認する結果を試聴。


Clicking ‘Generate’ creates Tempo Events at each Beat Marker; the region now fits 8 bars exactly on the timing grid

生成をクリックすると、各拍マーカーでテンポイベントを作成し、この地域は現在、正確にタイミングをグリッド上で8小節に適合


ステップ1 - Logic Proの中

ロジックでは、プロセスははるかにマニュアルです。最初のステップはでトランジェント検出伴うビートマッピンググローバルトラックを、そのテンポとビートマッピングを表示するようにグローバルトラックを設定します。その後、選択された領域での変動を検出する検出]ボタンをクリックします。あなたは、プラスおよびマイナスボタンでトランジェントマーカーの数を増減できます。



ステップ2 - Logic Proの中の一時的なマーカーにドラッグビート

テンポイベントがで適切なトランジェントマーカーに、検出されたイベントが終わるすべきでビートから、あなたがビートマッピングのトラックの上半分でクリックしたときに表示される黄色の線をドラッグ作成したい各トランジェントマーカー用下半分。そう、あなたがスネア、サードバーの4ビートであるべきだと思えば、そのビートからスネアドラムのための一時的なマーカーに黄色い線をドラッグします。


Drag the intended beat to the transient that should be on that beat, connecting them with the yellow line that appears. In this example the third kick drum should be on the third beat of the bar

表示される黄色の線とそれらを接続して、そのビート上にあることを一時的なことを意図ビートをドラッグします。この例でサードキックドラムには、バーの3拍目にしてください


あなたがこれを正しく実行する場合、テンポのイベントが作成され、オーディオイベントが正しいビート上にシャッフルすべきされます。多くのテンポイベントがなどの記録材料との同期タイミングのグリッドを維持するために必要とされるように作成するには、このプロセスを繰り返します。


A tempo map created by repeating the above step

上記のステップを繰り返して作成したテンポマップ


ロジックスビート検出との編集のプロセスに関する詳細情報スティーブHsはロジックマスタークラス-ロジック201ロジック104 -フレックスタイムの編集を 。ある物事のPro Toolsの側に深くビート探偵- 204のPro Tools


Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: