All Articles Logic Pro
ミックスを改善するためのCompressorを使って
Victor Mason on Thu, February 3rd 2 comments
The Compressor: a wonderful device that makes our music "POP", sound full and bring up that detail, open up that track from behind the door. The compressor is one of the most talked about, most used,

コンプレッサー:僕らの音楽"POP"を作る素晴らしい装置、完全なサウンドとその詳細を持ち出すには、ドアの後ろからそのトラックを開きます。コンプレッサーは、最も、最も使用されて、話題の一つであり、最も影響力のある、そしておそらく最も重要なデバイスは、一緒に来て、リスナーに、彼らがそうでなければすることができないだろう音楽を聞くために道を譲るために。

コンプレッサーはまた彼のチュートリアルのシリーズでスティーブHが指摘するようにマスタリングツールです。 ロジック401、ロジックのマスタリングツール

もしロジックユーザーである、または任意のCubaseなどのDAW、Pro Toolsの、レコード、理由、Ableton Liveの、この記事ではコンプレッサーのヒントを使用するかどうかは、あなたのコンプレッサー機能を最大限に活用できる​​ようにすることができます!

詳細を確認する方法を読む...

"ロジック401、ロジックのマスタリングツールボックス"から

あなたが本当に真剣に深刻なミックスのマスターによってコンプレッサーを取る場合は、チェックアウトオラフBasoskiのロジック406をどこに別の回路設計からパラレルコンプレッションとのメガクールなトリックのホストへのちょうど約あらゆる面でLogicのコンプレッサーにダウン深いオラフドリルコンプレッサーはミックスの魔術師の杖になることができる方法を誇示貿易。

から:オラフBasoskiのロジック406 - オラフのエレクトロニカのワークフロー

あなたが漠然と録音音楽業界の標準を設定するヴィンテージと象徴的なコンプレッサーに精通している場合、ユニバーサルオーディオは、ハードウェアの古典後以降にモデル化されているコンプレッサーのUAのプラグのを通じて素晴らしい散歩しています。チェックアウトUAを:すべてのデビッドクレーンによって圧縮について

UAから:すべてのデビッドクレーンによって圧縮について

上記の全てのMacProVideoのチュートリアルは、コンプレッサーに飢えた心のために信じられないほど貴重です。しかし、あなたが私のような場合には、コンプレッサーを起動してすぐに自分で船外に行くと、ちょうどそれのためにオーディオを圧縮見つけることができます。

ロジックTNT2 - ロジック303から

実際は、あなたのミックスを改善されているわけではないコンプレッサーを追加するという単純な行為です。あなたが構成するゲインを上げるときには確かに違いを聞くことができますが、マーティンの例では、彼はあなたがどの​​ように単純にボリュームの増加によりコンプレッサーを判断しないように示して、むしろ音質、圧縮機には音量レベルを変更せずに提供しています。この簡単なテストでは、私がたとえ何であっても該当しないすべてのコンプレッサーのために行うものです。あなただけのコンプレッサーではなく、体積変化を聞いていないのであれば、 このコンプレッサまたはそのコンプレッサー約ミックスの世界のすべての議論について、あなたは本当にの効果は、コンプレッサーがやっているだかわからない。

ゲインのプラグとレベルメーターを使用してコンプレッサーを設定すると、それが可能なアクションのコンプレッサーの両方と同等の音量レベルとアクションのコンプレッサーのないミックスを聞いて、まだ、ゲインとゲイン差を交換できるようになるようになりますプラグやコンプレッサーおよび/またはゲインのプラグを調整しながら自分のレベルを測定するメーターを使用して、レベルが同じにします。オーディオトラックまたはあなたが好む方法を鳴らすマスターのキスの出力を得るためにあなたの設定を調整、コンプレッサーを設定することで、あなたには、いくつかの圧縮を誘発し、最高レベルの範囲は必要に応じてに戻してミックスを得るために得るように使用する強い可能性があるそのトラックの。あなたが一般的であるコンプレッサ、から追加ゲインを使用すると、事実だけでなくだけでなく、オーディオの平均レベルが、全体のボリュームを増加している。このシナリオではそのコンプレッサーをオフにすると、ボリュームのあなたの損失は改善がコンプレッサー、またはボリュームの増加の場合は実際に指示することができないままになります。

どのようにこのジレンマを解決するのですか?信号の後にゲインのプラグとレベルメーターを挿入することにより、コンプレッサーを渡します。オーディオがないコンプレッサーとメートルを通過しているときは、ミックスの実際のレベルが表示されます。あなたがわずかにわずかにまたはそれ以上、そのレベルを上げるためにコンプレッサーを使用する当てはまらないはずです。でメーターのプラグを使用して、あなたはコンプレッサーを経由して追加しているどれだけ得ることを正確に監視することができます。あなたがコンプレッサーをオフにすると、その後、コンプレッサーでいたその増加レベルにオーディオレベルを設定するゲインプラグインを使用することができます。しかし、この時間は、あなただけのオーディオではなく、コンプレッサーを聞いている。

今あなたがそれをする場所をゲインを持っていることを、あなたは圧縮機でセットアップした利得増加を削除することができますし、単にあなたのオーディオの平均音量を上げるためにコンプレッサーを使用しますが、利得を追加するまたは減算せず。コンプレッサーのオンとオフにすることにより、実際には音量を変更せずにコンプレッサーの効果の違いを聞くことができます。

コンプレッサーをチェックするこの方法は確かにコンプレッサーの有無に関係なく、オーディオの違いは何であるかを正確に指示する方法になります。コンプレッサーは実際にミックスを支援している場合今、あなたは、知っている。

さらに詳しい情報は?チェックアウトチュートリアルの記事ににリンクを。

いくつかコンプレッサーのヒントや経験は共有することがありますか?私たちは、コメント欄で教えてください!ありがとう!

Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • Stevesaxman
    Yo Victor! Awesome post.....You hit the nail on the head. What are your thoughts on the UA plugs? Do you use them? I'm pretty curious about the whole UAD-2 satellite setup so that your CPU isn't getting crushed by lots of plugs and/or big sessions.
    • 8 years ago
    • By: Stevesaxman
    Reply
  • Rohogay
    Hey Steve, Thanks for the Kudos, Good news, Logic has 64 bit which now makes use of so much more memory and if you spread out your plug-ins on AUX channels, you can better distribute your CPU load. If you're working with limited power, stick with the logic plugins. If you can afford the UAD, you're looking at deluxe city. The UAD is a superb product line and with the accelerator card, it has a lot to offer with less strain on the computer. I do not have the UAD product but one can always dream! I must admit, with outboard compressors and other types of plug in compressors, the Logic product is amazingly good. If they did as Olav made mention, and dressed up the GUI of the Logic compressor plug in to look like those sexy ones we love to play with, the Logic product would be perceived differently. But Olav points out, its ear candy not eye candy were interested in. Empirical Labs are widely popular especially the Distressors for their ability to be set to emulate so many of the classic sought after compressors in the market. The FATSO which universal Audio have recreated in software form and improved on is an excellent product and on it's own does a great deal. I find I need very little more then what I have now which is what I call the magic hardware pieces and my DAW pug-ins. Toontrack is offering a low cost product called EZ mix for $79. It has a bunch of compressors set up with presets for drums, bass and guitars. They used real hardware to model the sounds you get with that plug in and it works both 32 bit and 64 bit which is really cool. Take your time and work all the Logic compressors in detail storing your settings. You will find enormous flexibility with them and I like to use them in parallel or series with another compressor, hardware based and software etc.
    • 8 years ago
    • By: Rohogay
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: