All Articles Logic Pro
Logic Proのハイパーエディタで興味深いドラムパターンを作成する
Gary Hiebner on Thu, July 28th | 1 comments
The Hyper Editor is one of Logic Pro's most under-used editors. It really shouldn't be. Check out how to build a very capable Hyper Set which makes programming and editing drum patterns easy and fun.

論理ハイパーエディタでは、それがドラムとドラムのパターンになる場合は特に、非常に強力なツールです。あなたは、ハイパーエディタでグリッドの長さを操作することによって、いくつかの難解なドラムパターンを作成し、標準的なピアノロールエディタで可能なアレントドラムサウンドを作成することができます。面白いドラムの音色を作成するには、グリッドの長さを実験する方法を次にハイパーエディタのためにドラムエディタを構築する方法を見てみましょう、と。


ステップ1 - マップされたドラムの楽器を作る

チャネル上のソフトウェア音源を作成することによって開始できます。私はデフォルトのUltrabeatのキットの音を使用してUltrabeatのを挿入しました。今私はUltrabeatののマップされたインストゥルメントを作成する必要があります。環境ウィンドウ(cmd - 8)に進みます。 新規に行く

Ultrabeatのチャンネルへ今すぐケーブルマップされたインストゥルメントを。


ロジック"は、チャネルのポート設定を削除しますか?"、尋ねるウィンドウが表示されます。 [削除]を選択します。


私は今、私たちのアレンジのページにマップされたインストゥルメントを追加する必要があります。これを行うには、私は、マップされた機器へのチャネルを割り当てる必要があります。マップされたインストゥルメントをダブルクリックすると、マップされたインストゥルメントのデフォルトの命名規則が表示されます。必要に応じて、これらの名前を変更することができます。しかし、私はデフォルトの名前に固執するつもりです。


アレンジのページに移動します。新しいオーディオチャンネルを作成します。このチャネルを右クリックし、 トラックを再割り当てするためにナビゲート

領域で描画します。この地域は、ピアノのエディタでそれをダブルクリックして開きます。私はハイパーエディタで使用したいドラムサウンドを検索する。あなたがピアノのエディタ上で鉛筆ツール(Escキー、2)で使用したいのですが音で描く。ご覧のようにマップされたインストゥルメントの名前が左側の上にピアノのキーにあります。

すべてのこれらのノート(CMD - A)を選択します。次に私は、これらの選択されたノートを使用してハイパーセットを構築します。


ステップ2 - ハイパーセットをビルドする

ノートがすべて選択された状態で、ハイパーエディタのウィンドウに移動し、ローカルメニューから選択: 最近の出来事のためのハイパーセットを作成します 。これは、選択した選択されたノートでハイパーエディタウィンドウに移入されます。あなたは彼らがマッピングされた楽器にあったようにドラムの音も名前が付けられていることがわかります。あなたが望むのであればに移動し、名前を変更するが、私は今の与えられたデフォルトの名前を使うことになるだろうこともできます。


ステップ3 - これらのグリッドを変更する

今すぐ楽しいビットが付属しています。ハイパーエディタウィンドウ内のすべてのメモを削除します。ハイパーエディタウィンドウでのシンプルなドラムパターンを作成することができます。現在、すべてのレーンは16分音符の長さに設定されています。私たちは小さいグリッドの刻みになって起動したときに私ははっきりとノートを見ることができるように2に設定レーン上でペン幅を持っている。

いくつかのキックとスネアヒットに描画するペンのツールを使用してください。あなたがノートに描くときにも、音符の高さで速度の量で描画できることがわかります。


以下に簡単なキックとスネアのパターンの音声は、次のとおりです。

[オーディオのid ="7474"]


ハイハットでバイオリンをすることができます。帽子のレーンに移動し、1 / 64グリッドの長さを変更し、1にペン幅を変更する。現在、いくつかの音符を描いて、あなたが作るこ​​とができるのか奇妙なハイハットのパターンに気づく。これらの細かい格子の長さで、かなり急進的なパターンを実現することができます。

ここで追加した帽子とキックとスネアのパターンの音声は、次のとおりです。

[オーディオのid ="7472"]


ライドシンバルと同様の運動をやってみましょう。ハイパーエディタウィンドウでのライドレーンに移動し、1 / 96にしてペン幅1と、グリッドを変更してください。いくつかのクレイジーパターンで描画します。あなたがグリッドを試すことで得ることができるのか興味深いのドラム音色に注意してください。これらの高速ドラムヒットを作成するときにこのような小さなノートで、ドラムはほとんどピッチと音符になる。

ここではキック、スネア、ハットやライドのオーディオは、次のとおりです。

[オーディオのid ="7473"]


ステップ4 - まとめ

非常に楽しみは、Hyper Editorのドラムパターンを手に入れることができる。これは、単に何ができるかの簡単な例です。あなたが時間の権利の音をピッキングし、興味深いグリッドパターンの描画を過ごすなら、いくつかの非常に興味深いドラムグルーブを思い付くことができる。

本当にマスターへの有用なツールになりますので、簡単に速度で描画することができるという能力を追加しました。

macProVideo.comをご覧くださいロジック303 TNT 2ロジック304 TNT 3 [環境とロジックの他の陰の領域で活用できるほかに何かを確認するためのチュートリアルを。


Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • JFBmusic
    Hey Gary, Great article. It was a blast following along with you. Nice easy way to program beats in a very clean UI. Love your contribution to the Hub!
    • 6 years ago
    • By: JFBmusic
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: