All Articles Logic Pro
ロジックのT -ペインのオートチューンの効果を作成する
Rounik Sethi on Sat, December 18th | 4 comments
One of the most popular vocal effects plug-ins used over the past couple of years has to be Auto-tune. Listen to T-Pain and a whole host of other contemporary musicians and you'll hear it in action.

過去数年にわたって使用される最も一般的なボーカルエフェクトプラグインの一つは、 オートチューンにする必要があります。 T -ペインシェールに聞くと他の現代音楽家の全体のホストとは、おそらく私が言及しているものを知っているよ。はい、それはあなたがどちらか、好き嫌い、嫌いに愛しているボーカルのピッチの影響をさえずるようなことだ...または好きに嫌い。

オートチューンは、ソロ楽器やボーカルのアーチファクトを導入せずに、イントネーションとピッチの問題を修正するために設計されました。しかし、ほとんどすべての"訂正"のようなベースのプラグインでそれが微妙に、または大幅に創造的な方法で使用される、ボーカルのピッチを変更し、実際に音に合成感触をご紹介。

飛び出すと(あなたがとにかくやってみたいかもしれない)のAuto - Tuneを購入するのではなく、ロジックではこの効果をエミュレートするための組み込みツールが用意されています。方法をご覧ください...

01 - サウンドまたは2つをピックアップ

このチュートリアルでは、私はAppleのカップルを選びましたLogic Studioが、Mikalリリック41レイチェルリリック01に付属する、およびオーディオトラック上に配置したループ。あなた自身のボーカルパフォーマンスまたはあなたが望む任意のループを使用することができます。

ここに彼らの乾​​燥した不変の状態にあるようなものは、どちらも音は次のとおりです。

[オーディオのid ="512"]

02 - キーは何ですか?

使用whateverループやオーディオファイル、それはそれは話し言葉のループとレイチェルの歌詞ループであるように設計されたとおりのキー情報を持っていない、それがMikalリリックインチに作成されたキーを知ることは重要だということを覚えておいてくださいCのキーで歌わ。

03 - 検索ロジックのAuto - Tuneの内蔵

There's really only one plug-in you need to use in Logic to create the basic T-Pain effect. It's called Pitch Correction. Click on an empty Insert slot on the Audio track's channel strip and choose:
Pitch > Pitch Correction > Stereo / Mono (depending on whether you are using a mono or stereo audio file).

04 - ピッチ補正の基本

ピッチ補正プラグインは、最初は少し手ごわい見ることができます。我々はここに途方もない深さで移動する必要はありませんが、詳細を検索したい場合には、チェックアウトする"ロジック7 202"チュートリアルからビデオ24および25を 。プラグインインタフェースでは、ロジック7以降変更されていないので、それは間違いなく一見の価値が!

Back to our T-Pain effect... Here is what the default settings on the interface look like:

Logicのプラグインのほとんどと同じく、それは入力、フィルタ/ミドルセクションと出力領域を持っています。 ( グローバルチューニングを使用 )の上で左にあなたの眼球を移動します。この領域は、任意のピッチ補正を適用するために、現在のプロジェクト設定を使用するかどうかを決定します。我々は今その権利を触れることするつもりはない。

  • The Scale and Root area allow us to choose the different pitch quantization grids and the root note of the scale respectively.
  • The Keyboard basically allows us to choose a note we don't want to be pitch-corrected. So you can think of this middle section like a filter area.
  • The Correction Amount display at the bottom of the interface shows how much pitch correction is being applied in real-time.
  • And finally, the Response slider is like Attack on a synth. It determines how quickly the pitch correction will be applied to the incoming audio signal. 
  • The Detune slider then allows us to detune the output by a desired amount.

オーディオ信号が左から右にこのプラグインに渡す方法を参照してください。これは、Logicのプラグインのほとんどの間、ほぼ標準的なものですし、ロジックの多くの威圧のいくつかのプラグインインタフェースの基本を把握する良い方法です。

05 - スケールとルート

以前に私はあなたのボーカルループ/ファイルのキー​​を知って言及。よく、私の場合には、少なくともレイチェルの歌詞のループで、キーはCになります

スケールのポップアップをクリックして" メジャースケール " 選択してください 。次のルートのポップアップをクリックして、ボーカルのパフォーマンスが入っているどのキーCを選択するか、

06 - レスポンスとデチューン

T -ペインに近づけるためにとシェールのAuto - Tuneの効果は、右下に0ms応答スライダーを引き出します。これにより、ピッチ補正は、すぐにでキックするようになります。

Play around with the Detune setting. For my examples, I've found that somewhere between +10 and +20 gives the effect I'm looking for.

これは、オリジナルのループサウンドが適用されるピッチ補正で好きなんです。

[オーディオのid ="518"]

最初のサンプルでは、単語" "に適用されているピッチ補正の多くを聞くことができます。及び第2サンプルのあまりに明確なオートチューンの効果を持っている" それは感じる "。それはより印象的な音の結果を得るために信号をデチューンされている量を削減し、 ルートキーボードのバイパスノートをいじって良いかもしれません。

07 - エクストラヒント

ここにいくつかの余分なヒントを以下に示します。

  • Try recording your own vocal performance with some longer sustained words
  • Let your vocals purposefully glide slightly lower or higher than intended
  • Add Automation to the Detune setting
  • Add Logic's Chorus plug-in to the Channel Strip for a fuller sound
  • Apply Pitch Correction to drums, percussion and other sounds. Listen to the Synthesizer loop 014 below (dry and then pitch corrected) as an example of how to create some wacky sounds!

[オーディオのid ="519"]

任意のヒントを共有することができましたか?私たちは、コメント欄で教えてください!

チェックアウトしてくださいさらに詳細はここをロジックチュートリアルを

Comments (4)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Dekuruy
    Nice one, Rounik, Thanks. I just bought the T-Pain iPhone app recently, so now I have multiple ways of achieving this effect.
    • 8 years ago
    • By: Dekuruy
    Reply
  • Rounik Admin
    Hey Adam, Thanks. What's the T-Pain for iPhone App like? Does it work well?
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Dekuruy
    Hey Rounik, I've used it so far only with the standard Apple headset that comes packaged with the iPhone. The auto-tune function works fine, but audio quality is not great (but workable). That maybe the headset. Check out this vid to see it in action live - http://gizmodo.com/5709283/rockin-around-the-christmas-tree-with-ipads T-Pain's app makes it's appearance near the end. I'll let you know if I use it with better equipment and if it sounds better that way.
    • 8 years ago
    • By: Dekuruy
    Reply
  • Thanks Man that was on point..
    • 7 years ago
    • By:
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: