All Articles Logic Pro
あなたのトラックのラジオエディットのアレンジメントを作成する
Gary Hiebner on Sat, November 19th 0 comments
Creating a club edit or a radio edit of your finished track inevitably involves some artistic compromise. Gary Hiebner shows some practical steps involved in creating radio edits in Logic Pro.

だからあなたがラジオで再生できるように送信したいトラックを決めているが、一つの問題は、トラックの周り3:00-3:30分で7分、およびほとんどのラジオフレンドリーな曲であるということです。どのようにミキシングとオートメーションのデータを、あなたの編集を失うことなく、あなたのトラックをカットし、アレンジはありません。のがあなたのトラックを編集し、それに戻って参照する必要がある場合に備えて、引き続き元のトラックを維持するために最善の方法をいくつか見てみましょう。私はLogic Proで一緒に仕事をプロジェクトに編集されます。


ステップ1アレンジでコピーの作成

通常、私のトラックは、1小節目(01:00:00:00.00)から始まります。このように私は再生ヘッドとを超えてスクロールするときに私のトラックはどれくらい正確に確認することができます。

ここでは私のプロジェクトは私がその編集を開始する前にどのようなものです。ご覧のようにそれは7時12時でクロッキングされる。

original mix


すべてのミキシングとオートメーションを保持するには、( コマンド )すべての地域を選択し、その後現在の地域の後に再生ヘッドを移動して( コマンド+ V)を貼り付けます。

copying regions

ロジックは、オートメーションデータをコピーするかどうかを確認する必要があります。 [コピー]を選択します。

copy automation

このオプションが存在しない場合は[この中の"地域との移動の自動化"に関連する設定を調整することができます

ここで確認できるように、再生ヘッドの左側にある領域は、我々はラジオエディットのために縮小しようとしている地域であり、再生ヘッドの右側にある領域は、我々が触れることはありません当社独自の領域である。

オートメーションをチェックする場合は、それがすべて無傷であることがわかります([表示]を

automation is copied


ステップ2では、カットアウトできることを決定

今ここでトリッキーなビットを付属しています:あなたがカットする必要があるかを決める!ラジオは、できるだけ迅速にポイントすることがすべてです。私のトラックで(オリジナルミックス)私は10〜15秒にわたって展開するいくつかのビルドアップのセクションを持っている。私は私のイントロセクションを短縮していると途中でのビルドの一部を切り取っている。

また、私が求めて私は短縮できるというコーラスのセクションは次のとおりです。私は通常、最初のサビの部分は、通常他の部分よりも短くなることができますを見つける。私はまた最後に私の拡張コーラスを短縮している。

また、セクションを削除するロジックスのカット時間を使用することができます。削除したい領域を選択します。 [ 編集]をに行く

cutting time


ステップ3は、セクション間での遷移を確認してください

すべてのこれらの領域を除去した後、曲はセクション間のスムーズに流れることを確認してください。それはいくつかのセクションのように感じる場合ゲル一緒に、これを修正するにはフェードやボリュームの自動化を試すことができますしていない。

Add fades


あなたのトラックがどれだけ長く今すぐチェック。それをチェックアウト:ダウン3から7分。

The final radio edit


結論

トラックの周りにリスナーを導くために関心と緊張、そして拡張されたコーラスやイントロを作成するためのセクションの間にビルドがあるところでそれはあなたのオリジナルミックスを持っていいです。

しかし、それは、あなたのトラックを短くし、それはまだ短縮タイムスパンのコンテキストで動作するかどうかをできるかどうかを自分自身に挑戦することもいいです。それは、一方が他方より優れていると言っているわけではないが、それは別のリスニングの観点からトラックを聞いていいです。また、ラジオのコンテキストに合わせてトラックを取得するには便利なスキルです。そして、あなたは知っていること:多分あなたのトラックは、我々はラジオで聞いて次の大きなものです。

より多くのアレンジやミキシングテクニックがチェックアウトの場合:

ロジック201:スティーブHのロジックマスタークラス第1位

ミキシングのグレッグタウンリーのソニック寸法


Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: