All Articles Logic Pro
Logic Proのための無伴奏ヴァイオリンEXS24インストゥルメントを作成する
Mike Watkinson on Fri, March 8th 1 comments
Mike Watkinson, ADE, shows how to quickly and effortlessly create a solo violin sampled instrument in Logic Pro - something strangely lacking in the included content for Apple's flagship DAW.

多くの場合、フォーラムでの問題提起は、Logic Proのソロバイオリン楽器の不足を懸念。しかしノーソロバージョン - 素晴らしいサウンドの弦楽アンサンブルの楽器がたくさんあり​​ます!このチュートリアルでは、独自のものを作成することによって、その状況を改善する方法を見て。


サンプルをダウンロード

Pic 1


まず第一に、あなたは自由にソロバイオリンのサンプルのソースを検索する必要があります。なぜ無料?あなたはEXS24用のオーケストラ楽器のライブラリを支払っている場合も、、その後、チャンスはあなたがすでに完璧なソロバイオリンを持っています!運がそれをあるように、上のバイオリンサンプルのよく記録されたセットがあるfreesound.orgは 。 ldk1609のユーザ名によるプロのバイオリニストは土塁QTCのMP40のマイクの間隔をあけペアで、ビブラートの有無にかかわらず、そのバイオリンですべてのノートを記録するトラブルに行ってきました。サンプルパックは、次のリンクから入手できます。

ビブラート·サンプルパック -

http://www.freesound.org/people/ldk1609/packs/3560/

ノンビブラートのサンプルパック -

http://www.freesound.org/people/ldk1609/packs/3559/


このチュートリアルの目的のために、先に行くと、両方のパックをダウンロードする - あなたがダウンロードするために、あなたはまだなっていない場合freesound.orgのメンバーになる必要があり、サイトにログインします。


楽器を作る

Logic Proで、オープンEXS24、その後トゥルメントエディタを開くには、[編集]ボタンをクリックし、[機器]メニューから[新規インストゥルメントを選択します。

Pic 2


Zoneメニューから複数のサンプルをロード]を選択します。

Pic 3


表示されるダイアログで、ダウンロードしたサンプル(どちらパック)に移動して、フォルダ内のすべてのサンプルを選択します。

Pic 4


[追加]をクリックすると、3つの選択肢が与えられます。変なふうに、いくつかの実験の後、私は、この場合に必要な作品を発見したオプションは、範囲なしでオーディオファイルからルートキードラムゾーンである。インストゥルメントエディタでしかし未解決の問題があります - しかし、フォーマットC-3(で自分の名前の一部が、この場合、それらのメモ - サンプルは、正しいファイル名に基づいて(デフォルト設定)注にマッピングされます - シャープを表します)、これは正しく行われません。これらのファイル名の#に - これに対する修正は手動で変更することです。それは雑用のように聞こえるかもしれませんが、そのくらいの時間がかかりません!

Pic 6

変更する " - " ...

Pic 7

"#"へ。


予想されるように修正したファイル名でサンプルがキーボードの上をマッピングする必要があります。

Pic 8


EXS24内のすべてのゾーンを(1、Enterキーを押し、コマンドをクリックします)を選択し、1Shotオプションを解除ダニ-これはもちろん、EXS24、ロードする期待しているものであるドラム·サンプルのデフォルトです。

Pic 9


あなたは、これらのサンプルはグループに配置されていることに気付くでしょう - あなたはグループ名をダブルクリックして、ご希望の場合は、グループの名前を変更できます。

Pic 10


私の例では、私が最初にビブラートのサンプルを追加しましたので、次のステップは、(あなたが同じ楽器でビブラートとノンビブラートのサンプルの両方が必要な場合)は、上記の手順を繰り返し、あなたの楽器にサンプルの2番目のセットを追加することです。サンプルの第2セットは、あなたが望むならあなたも名前を変更することができ、新しいグループに追加する必要があります。

Pic 11


このようにゾーンをグループ化することの利点は、各グループのグローバルパラメータを設定できることです。二つの有用な例は以下のとおりです。


速度

[ 表示]を選択する必要があるかもしれません

Pic 12


0から63までの速度範囲で非ビブラートのグループを設定

64から127までの速度範囲でビブラート·グループを設定

あなたは、単により多くの速度(64以上)でキーを弾いてビブラートのサンプルをトリガーすることができますこの方法です。


(H)は、DSR

あなたは、必要に応じて、グループとしてトリガサンプルの仕立て屋封筒もできます。

Pic 13

速度範囲と封筒は、グループパラメータとして設定されます。


ああ - そしてあなたのサンプラー音源を保存することを忘れてはいけない!これを行うには、[機器]メニューから(インストゥルメントエディタ内) として保存]を選択します...


Related Videos
Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • Mytlemeboy
    The above looks great - that is until I tried to load the samples having followed the guidelines above. I can hear the samples individually, and excellent they sound too ('play' etc.) but I cannot install them in a way where they fall automatically onto the correct chromatic keyboard key. There are indeed 3 options to choose from, none of which lets the samples flow into their respected pitch (why do they always flow from C1 by the way - even A#3 for example?). Any further assistance would be greatly appreciated. MG /UK
    • 3 years ago
    • By: Mytlemeboy
    Reply
Exploring The EXS24
Logic 102
Dream It. Do It.
Do you want to learn Exploring The EXS24?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: