All Articles Logic Pro
ロジックの複雑なアルペジオパターンの作成 - パート2
Rounik Sethi on Sun, February 6th | 20 comments
This tutorial continues from where the previous "Creating Arpeggiated Patterns in Logic - Part 1" left off. If you're relatively new to Logic's Environment and haven't already followed that tut, I'd r

このチュートリアルでは、以前はどこから続けて"ロジックのアルペジオパターンを作成-第1部は"中断した。あなたがLogicの環境では比較的新しい方、すでにそのちぇに従っていない場合、私は最初にそこに向かってお勧めします。

このチュートリアルでは、アルペジエーターのオブジェクトをより詳細に制御を獲得し、リアルタイムで選択したソフトウェア音源トラックいずれかにあなたのパターンに異なるアルペジオを適用できるようにそれを設定する方法を見ていくつもりです。我々はまた、オンとオフを切り替える方法を作成します。

これはストレートでジャンプしてみましょう前置きので、通り抜けることがたくさんです!

01 - あなたがのような音を選択してください

私は、新しい空のプロジェクトを開始したと1つの新しいソフトウェア音源トラックを作成しました。私は、次のチャンネルストリップ設定を選択しています。

10ワールド

もちろん、あなたがしたいのですが、任意のチャンネルストリップ設定を選択することができます。モノフォニックベースシンセには、電子傑作を作成するために探しているなら、本当によく動作することができます。

02 - 右ルートで

我々は、このツタンカーメンの最初の部分で私たちのメソッドに異なるルートにこのアルペジエーターをつもりです。私たちは聞かせてください前にのは、特に環境のウィンドウを簡単に見て、そして、クリック

環境のウィンドウを開いて、 クリックを選択します。

クリック数

それは、ロジックの信号の流れを理解することが重要です、そしてそれは、これら2つのオブジェクトよりも、しくみを理解するために、どこよりあります。物理的な入力オブジェクトからシーケンサ入力に接続されていない場合、あなたのMIDIキーボード(またはCaps Lockキーのキーボード)のキーを押すと、MIDIデータは、Logicのミキサーでトラックに到達しません。

03 - アルペジエーターを作成する

Newを選択

物理的およびSequencerの入力オブジェクトとの間でMIDI信号チェーンでアルペジエーターを置くことの美しさは私達が今whicheverトラック我々はアルペジエーターのオブジェクトのために特別に新しいトラックを作成することなく、アレンジ領域で選択したとarpeggiationsを適用できることです。 (次のステップで詳しく説明)。

04 - 出て行くとアルペジオにする!

アルペジエーターのこのタイプは、このチュートリアルのパート1のものと異なる方法を示すために、私は楽器のような彫刻ダーティの鐘の音と余分なソフトウェア音源トラックを作成しました。作成アルペジオには、単に再生を押すと、MIDIキーボードで和音を押さえの問題だ。

今、あなたが再生/録音中に別のソフトウェア音源トラックを選択すると、自動的にそのトラックの楽器を使ってアルペジオパターンを作成することでしょう。

以下のスクリーンショットでは、トラックを切り替えながら、単純なパターンを記録した結果を示しています。私はMIDIノートイベントを配置することで各トラックを選択したときには見ることができます。

ここではそれがのように聞こえたものです。

[オーディオのid ="647"]

05 - 切り替え時間

そう、あなたのアルペジオパターンを記録しました。あなたは幸せだとおそらくあなたは今、作曲のためのいくつかの他の部分を記録したいと思います。しかし、ひとつ問題があります。あなたが任意のトラックにリアルタイムで/レコードを再生する任意のMIDIノートは、環境のアルペジエーターのオブジェクトによって処理されます!

我々は完全にそれを外すことなく、それをオフにする方法を見つける必要があります。これを実現するために私達の環境のウィンドウに戻って頭みましょう。環境ローカルメニューから選択: 新規作成

このオブジェクトの最も便利な、私たちはARPをオンまたはオフに切り替えることができるようになります。より正確にはそれはあなたがそれの出力のいずれかを経由してルートMIDI信号をできるようになります。それは鉄道のスイッチのようなビットです - 列車はその後、あなたがそれを切り替えて列車のトラックに追従する場所。

06 - ケーブルスイッチャーを接続する

現在ケーブルスイッチャーは、何もせずにそこに座っている。我々は次のようにケーブルを配線ので、それはアルペジエーターのオブジェクトに到達する前にケーブルスイッチャーに到達するためのMIDI信号が必要です。

  • Cable from the Input View to the Cable Switcher.
  • Next, route the first output cable from the Cable Switcher direct to the Sequencer Object.
  • Drag the Second output cable from the Cable Switcher to the Arpeggiator. (Make sure the Arpeggiator's output is still going direct to the Sequencer Input too).
  • Finally, change the range of the Cable Switcher (in the Inspector) to read 0 1. The first cable output = 0 (direct to Logic / bypassing the Arpeggiator object). The second cable output = 1 (the MIDI notes pass through the Arpeggiator object and then into Logic).

それは次のようになります。

ルート別の出力を介してMIDI信号をするためにケーブルスイッチャーをクリックしてください。

あなたの演奏は通常やアルペジオパターンなどを再生/録音するかどうかを選択できるように、今のオン/オフスイッチを作成しました。

07 - リアルタイム実行

のは、LogicのMIDIエディタのいずれかのアルペジオパターンのどれかを簡単に見てみましょう。ピアノロールでその内容を表示するには、MIDIリージョンをダブルクリックします。

このチュートリアルのパート1に従っていればあなたはすぐに違いに気付くことは間違いないでしょう。 Logicの環境での物理的な入力とシーケンサの入力との間でアルペジエーターのオブジェクトを配置することにより、アルペジエーターのオブジェクトから出力された実際のメモが記録されている - とではないあなたが演奏したオリジナルの和音。

付加的な利点は、オーディオに(またはプロジェクト)そのトラックをレンダリングする場合、あなたはそれがオフラインでバウンスすることです。うん。ロジックはすでにトラックにMIDIノートイベントとしてアルペジオパターンを書いているようにバウンス]ダイアログにリアルタイムオプションを使用する必要はありません!

08 - 詳細アルペジエーターオブジェクト=その他のオプション

今私達は1つのアルペジエーターを使用しての尺度を持っていること、創造的にしてより深くロジックで使用可能なルーティング可能性を探求してみましょう。

いくつかのより多くのアルペジエーターのオブジェクトを作成し、以下に示すように、信号チェーンに追加します。私はそれぞれのアルペジエーターのオブジェクトのパラメータ値を変更し、適切な名前をつけていることに注意してください。

また、私は余分な出力ケーブルを考慮してケーブルスイッチャーの範囲を増加していることに注目してください。

あなたはそこに停止する必要はありません。次の2つのアルペジエーターを別々に(いくつかの奇妙な/面白い効果用)ケーブル接続、またはあなたがMIDIコントローラーにキーを使用してケーブルスイッチャーを制御することによって処理されるMIDIノートを望む可能性があります。これとは、はるかのすべては、環境に可能です。

09 - インタラクティブデザインのヒント

我々はこの環境で、より直感的で使いやすくなるように追加できるのタッチがいくつかあります。

まず、我々が環境について掘り下げることなく、このケーブルスイッチャーのボタンにアクセスできることを確認してみましょう。単に環境のページの背景を右クリックし、" フレームなしのフローティングウィンドウ " 選択してください 。あなたが唯一のケーブルスイッチャー、それはどこでもあなたはそれが画面上にしたい位置を表示するには、ウィンドウのサイズを変更します。

私はまた、環境の空のバックグラウンドで右クリックして" 位置を保護し、ケーブルを隠す "を選択することをお勧めしたい。それはあなたが誤ってケーブルを取り外しても、信号の流れの連鎖を断ち切ることができないことを意味します。

あなたの環境が、このプロジェクト内に保存されている覚えている。私はあなたの理想的なアルペジエーター環境を作成し、選択することをお勧めします: ファイル

あなたが新しいプロジェクトを作成を選択するたびにアルペジエーターのテンプレートが利用可能になるでしょう!

ここでは、簡単に異なるアルペジエーターのオブジェクト(別の方向モードとオクターブの設定で)切り替えることで実現できるいくつかの複雑なアルペジオパターンを示すオー​​ディオサンプルです - すべてリアルタイムで!

[オーディオのid ="654"]

10 - 付録:アルペジエーターの方向モードの説明

ここでは簡単な実行を通じて、ロジックのアルペジエーターのオブジェクトで使用できるさまざまな方向のモードです。これらは、和音の個々の音が再生される順番を決定します。

  • Up: Plays from the lowest note to the highest note.
  • Down: The opposite of Up.
  • Up/Down: Plays from the lowest note to the highest note and then highest to lowest note.
  • Auto: Plays Up if the lowest note of chord is played first. Plays Down if highest note of chord is played first.
  • Up/Down2: Same as Up/Down except the highest and lowest notes are not repeated.
  • Random: As the name suggests, notes of the chord are played in random order.
  • All: Plays all notes of the chord simultaneously!

チェックアウト、さらにロジック環境のヒントやトリックのためにこれらのチュートリアルをあなたの音楽制作は、群衆から目立つようよ!

Comments (20)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Peter Schwartz
    Rounik,
    Great articles on the arpeggiator!
    I have just one thing to add, if you don't mind...
    Click on the cable switcher and look in the Inspector. You'll see the Input is set to Control #7 (MIDI Volume). If you're like me and you have a CC#7 slider on your controller that you use to adjust (or record) volume moves, they can cause the cable switcher to switch.
    One way to avoid this is to set the MIDI input of the cable switcher to react to something like Poly Pressure, or Fader, or Meta. Alternatively, you could change the "-1-" value to a CC number that you know you won't generate from your controller.
    Cheers!
    Ski
    • 8 years ago
    • By: Peter Schwartz
    Reply
  • Rounik Admin
    Thanks Ski! That's a very good point to add to this article for anyone wanting to control the cable switcher using their MIDI Controller. :) Rounik
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • danishgreg
    Great stuff. One can learn a helluva lot from everyone at MacProVideo,and in so doing find are able to let one`s creative juices flow.
    • 8 years ago
    • By: danishgreg
    Reply
  • Rounik Admin
    Thanks Greg! Appreciate the kind words! I should mention that SteveH goes quite a few steps further than this tutorial in his Logic TNT 2 & 3 series. Let us know if there are any other topics you'd like to see covered on the MPV blog.
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Thanks for the great info, Rounik. Is there a way to arpeggiate an already recorded loop?
    • 8 years ago
    • By:
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi Pat. Do you mean an audio loop or a MIDI region? Thanks!
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Thanks for clarifying: MIDI region. I'm hoping to take what I've already recorded and arpeggiate it, creating another MIDI region (obviously with the arpeggiated pattern in MIDI note events). Is that possible?
    • 8 years ago
    • By:
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi Pat, this is a good question. I'd use "Method 1" from Part 1 of this Arpeggiated patterns tutorial: http://www.macprovideo.com/blog/logic-pro/creating-arpeggiated-patterns-logic-pro-part-1 This will arpeggiate (in real-time) pre-recorded MIDI note events on the Arpeggiator Track in the Arrange area. You can then bounce (again in real-time) this to audio...
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Jonathan
    This is an amazing tutorial! It really helped me out a lot! But, of course, i do have a question. is it possible to set different arpeggio resolutions to different keys.... ex: key C3 play resolution 1/8, key D3 plays resolution 1/16 etc.... and again THANK YOU SOOOOO MUCH
    • 7 years ago
    • By: Jonathan
    Reply
  • Rounik Admin
    Thanks Jonathan! And that's a great question. It is possible... I can think of a couple of ways to do this using a transformer to route certain pitches to different arpeggiators... Let me think about this a little while and I'll either write a new article for The Hub showing one method to do this or post a quick 'How-to' on the MPV Logic forum. Thanks!!
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Producer
    Hi Rounik, I have the same question as Jonathan, would be great to find a new tutorial about this :-) and how to create really individual appregiators. Cheers Chris
    • 7 years ago
    • By: Producer
  • logicluvva
    I wish I had this tutorial when I began as it would have saved a lot of headaches. Thanks for being there all the time , Rounik and passing on the knowledge. It is always much appreciated !
    • 7 years ago
    • By: logicluvva
    Reply
  • Rounik Admin
    Thanks Logicluvva, Glad this tutorial has helped. ... There's a free Logic Environment coming to The MPV Hub very soon too. Stay tuned... :)
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Orest
    Hi Rounik, thanks for this informative tutorial. It helped me much more than the Logic Pro manual. My question is: if I treat an already recorded midi part with an arpeggitor, can I record the result only by bouncing or is it possible to get a new recorded midipart of it. I hope my English is clear enough. With kind regards
    • 6 years ago
    • By: Orest
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi Orest, Thanks for your kind words! If you have an already recorded MIDI part which you want to apply arpeggiating... here's what I'd do: You'll need to use the technique shown in Part 1 of this article here: http://www.macprovideo.com/hub/logic-pro/creating-arpeggiated-patterns-logic-pro-part-1 basically: - Route the output of the Arpeggiator object to the track you want to arpeggiate. - Create a track for the arpeggiator in the Arrange area. - move the MIDI region to that Arpeggiator track. This will allow you to apply arpeggiator to the pre-recorded MIDI region... but not record it to MIDI. ________ The only way to effectively record the output as MIDI is to route the MIDI out of Logic and then back into Logic. I haven't tried this in a long while. I'd suggest enabling IAC in the Audio MIDI Setup app (inside Applications/Utilities) then you can send the MIDI out of Logic to an app like MainStage - and then use it to bring it back into Logic...) Sorry, I haven't got time to try this out now... let me know how you get on and when I have time I'll take a closer look. Perhaps I'm missing something :) Best R
    • 6 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Rounik Admin
    Ahhh! OK. Forget about using IAC driver to route MIDI back into Logic... of course, this can be done more easily :) So, please follow the steps above in my previous comment... but ALSO, route the output of the software instrument channel strip (the track) in Logic's Environment directly to the Sequencer Input. Now, in the Arrange area click on the littlr "R" button on the Instrument's track header (to record arm it). Hit record and the arpeggiation will be applied to the MIDI region and recorded to the record armed track. Make sure to remove the cable connecting the output from the software instrument channel strip to the sequencer output once you're done. Hope this makes sense. :)
    • 6 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Orest
    Thanks for answering so quick. I hope I can report the results soon.
    • 6 years ago
    • By: Orest
    Reply
  • Orest
    Hello, it worked. I opened a new sequencer-input in the mixer environment window, was a bit puzzled, because the sequencer-input in the click&port window vanished. Back in the mixer window I connected the software instrument that should be arpeggiated with the sequencer-input, enabled record - et voila. the method with an external midi player and iac I will evtl. try later, I don´t want to bother too much with technical issues. Thank you for the immediate help.
    • 6 years ago
    • By: Orest
    Reply
  • EDGEK8D
    Thanks for this article. It covers a lot more than I already knew about setting up the arp in Logic. Still, this all seems unnecessary. Don't most DAWs and/or synths offer an Arp button with parameters? I just bought a $12 synth with a built in Arp. I usually just program my notes into the piano roll which takes less time than messing around in the environment and all these cables. Give me lots of flexibility to put in the occasional octave jump to create melodic interest. I hope Logic updates this issue and/or at least offer it on the ES synths and maybe Sculpture.
    • 6 years ago
    • By: EDGEK8D
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi EDGEK8D, Thanks. You're correct most modern DAWs now include a much easier way to create arpeggiated patterns by way of a built-in mode within a plug-in or an easier object to insert or apply to a MIDI performance. The Environment in Logic provides a huge amount of flexibility and possibilities. Which is why saving the arpeggiator as a template is important, and/or transferring it to a new project. Who knows what'll happen in Logic X, or when... but if you have time I'd recommend checking out some more of what the Environment can offer. Here's an example of a complex object/device I've created which you can download: http://www.macprovideo.com/hub/logic-pro/mpv-free-stuff-step-sequencer-for-logic-pro :)
    • 6 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: