All Articles Logic Pro
パート1 - ロジックでグリッチスタイルスタッターFXを作成する
Rounik Sethi on Wed, November 17th 4 comments
One of the most famous experimental glitch artists today is BT. His album "This Binary Universe" is a favorite in my collection and features carefully crafted microsounds that stutter in and out of ti

最も有名な実験的なグリッチのアーティストの一人、今日はBTです。彼のアルバム"このバイナリの宇宙では、"私のコレクションのお気に入りですと時間の内と外が途切れ途切れにいることを慎重に作成されたmicrosoundsを搭載 - 時々スピードアップし、他の回は頭打ち。一方、他の音の要素とリズムが魅惑的でカラフルな音楽の風景を彫刻し続ける。

BTのようなアーティストは、グリッチのジャンルの(またはスタッターの編集)減速特定の主食を利用してきました。実際には多くの効果がBTの署名の音のこのタイプを呼び出します。チュートリアルのこのシリーズでは、ロジックまたはお好みの任意のDAWでこの徐々にスローダウンスタッター編集効果を再現する方法を見ていきます。

01 - インスピレーションを検索

このトピックはで私に示唆された

ここではそれが鳴るもののようです。

[オーディオのid ="386"]

03 - オーディオにバウンス

彫刻のトラック上で非常に短いメモを記録した後、それはオーディオにリージョンをバウンスする時間です。オーディオに音をレンダリングすると、我々は波形を見て、それに応じて決定を下すことができるとして、それが簡単に音をカットしたりサイズを変更できるようになります。

地域を選択してください

04 - オーディオリージョンを編集する

Let's resize the region to make the sound even shorter in duration. Preferably as short as possible while retaining enough of the sound itself...

上記の画像のバーのルーラーからわかるように、私は劇的に地域の長さを短くしました。あなたはこれらのサンプルエディタで編集を実行するとよいでしょう。ここに私の例の音です。点滅し、それを逃​​すかもしれない!

[オーディオのid ="390"]

05 - ズーム右にとヒットを配置

あなたに慣れているようにアレンジ領域に近い位置でズーム。私の場合は全体の最初のバーを見ることができます。今実験の時間が来る。

アイデアは、我々が直接ロジックのタイミンググリッドに適合しないパターンを作成するには、これらの領域にコピーするつもりだそう、減速効果を(逆バウンドのボールのように)作成することです。

第一の領域に非常に近いコピーを作成する領域をオプションキーを押しながらドラッグ。プロセスを繰り返し、徐々に離れてそれぞれの地域、さらにスペース。ここではロジックの私のアレンジ領域は次のようになります。

それに戻って聞くと、各ヒットの間隔で満足になるまで実験を続ける。あなたは、さらに実験して、遅くし、スピードアップ徐々にまたはより迅速にスタッター編集を作成することがあります。従うことを唯一のルールは、組成物中に最高にフィットし、目的の効果を作成されるものです。

[オーディオのid ="392"]

06 - 追加の動き

私は、 ビューを選択して、いくつかのパンのオートメーションを追加しました

[オーディオのid ="394"]

07 - リバーブを自動化

ここに私の最後のステップはそれをより多くの影響を与えるために最後のヒットにリバーブを追加することです。スペースを追加し、もたらすだけでなく、これは音楽の作品で興味深いの塗りつぶしを行うに役立つだろう

私はトラックのインサートスロットにSpace Designerを追加したとに、35.0デシベルに設定リバーブの出力で0.7秒クリアボーカルを使用しています。トラックヘッダのオートメーションパラメータメニューから私は、 リバーブの出力を自動化することにしました。私は最後のヒットの前に2つのノードで描画し、22.0デシベルに値を増加させました。

ここではそれが鳴るもののようです。

[オーディオのid ="396"]

あなたが別のトラックにヒットのいくつかを移動することによって、さらに実験して処理する各トラックをエフェクトのそれ自身のセットとし、それらのトラックに更なる自動化を追加したい場合があります。

第2部私たちはLogicのプラグインを使用してスタッタースローダウン効果を作成する方法を見ていきます

Comments (4)

You must be logged in to comment.

  • Christian L
    What an interesting post! I have no idea how many times I've listened to this album... definitely one of my favorite electronic album of all time. Thanks for all your posts Rounik. I enjoy reading all of them. :) Christian
    • 8 years ago
    • By: Christian L
    Reply
  • Rounik Admin
    Thanks Christian! That's very kind :) This Binary Universe quickly became a favourite of mine too...
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • This seems effective, but an extremely long way to do this. You can take the edit from "04 - Editing the Audio region", and use a delay, or multiple delays on it to record to an audio file and edit (saving time and effort to be spent elsewhere).
    • 8 years ago
    • By:
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi, there are benefits to being able to see where the audio is in the Arrange area... but you're right, using a Delay plugin (like Delay Designer) makes it so much easier!! Check out Part 2 and Part 3 of this Glitch series here: http://www.macprovideo.com/blog/logic-pro/creating-glitch-style-stutter-fx-logic-part-2 and here: http://www.macprovideo.com/blog/cubase/creating-bt-inspired-glitch-edits-part-3 for more info on how to do that! Thanks.
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: